読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

基本の「き」をおさらい!不都合なこと、嫌なことが起きることの意味。

今まで、あまりに当たり前というか、

いろんな心についてのブログや本で書かれてることなので

あえてわたしから細かく書いては来なかったんですけど、

ここのところの継続コースの個人セッションで「あれ??」と思うことが何回かあったので

(いつものことですがそのお客様がダメということじゃなくて、そのことでわたしが気づけてこうして記事に書けるのだから、むしろ感謝ってことですよ!)

今日は基本の【き】のおさらい的なことを書いてみようと思います!

 

まず、今起きてる出来事、周りにいる嫌な人、結婚を決めてくれない彼、病気、親や先祖との関係で自分にも降り掛かっているもの、等々の様々な自分が関与する問題は全て、

外側のせい(外側に原因がある)じゃなくて、

自分の責任、ということです。

そして【起きる出来事すべて、100%完璧】です。

 

よく、「世界は全て自分が創っている」「世界には自分しかいない」

「全て完璧なのだ」

とか言いますよね。

100%これです。

外側に解決策は無いです。偶然とか無いです。

ゆえに、被害者も加害者も本当は、無いです。(実際の犯罪の話ではないですよ!)

まず、これが大前提です。

 

なので何か自分にとってつらいこと、不都合なこと、ムカつくことが起きた時はもう、

合言葉は

「このことは、

わたしに何を教えてくれてるんだろうか?」

です!(これは前にも書いた気しますが!)

ここに立ち戻ること!これ鉄板です!

 

そして”すべて自分の責任”とかって書くと、

自分の責任=自分のせい=自分がダメだから と自分自身を責める方がいるのですが、

なんといいますか、こう、

そういう【感情を挟む】的な意味の【責任】とか【せい】とかじゃないんです。

【ダメもダメでないも無い】というか、ただの事実です。

 

あとは、自分がダメだから、という発想からこれも派生してるのだと思うのですが、

【バチが当たっているんだ】とか。

そんな、バチとか無いです。

愛しか無いです。

愛ゆえに、そうなってるってことです。

 

それでその愛という言葉も、人間の感情やイメージを挟む【愛=優しい、温かい】とか

そういうのじゃないです。

フリーズさせられるような愛もあるし、

ときには命さえ危険にさらす愛もあります。命さえ奪う愛もある。

つまりわたしたちの脳内が定義する愛とか、責任とか、そういうものではありませんってことです。

 

なんだか自分で書き始めておいてなんですが、

文章で説明するのが難し過ぎて、すでに放棄したくなってきました…

すごくシンプルすぎるシンプルなことなんですが…

そしてこれは、ブログ読んでくれてる方向けではなく(なぜなら一般論だけで誰もがわかる説明ができる自信がまったくないため。。。個別のケースでの説明じゃないと対応できないです。。。)、

継続コースの皆さん向けですね。

これをベースに、??なところは個別のご自身のケースで質問などいただければ嬉しいです!

 

たとえば彼氏が結婚を決めてくれない。

 

100%自分の責任であり、完璧です。

 

それは、自分が悪いとか、ダメだから結婚を決めてもらえない、とかの話じゃなく、

また、

「彼と結婚しないことがわたしにとってはきっと完璧なんだわ!(ここで勘違いしがちなのが「正解」という概念と混同しちゃうとこですかね)」とかでも無いです。

 

これはいわゆる、問題と感じてることからの現実逃避以外の何者でもないので、

ゆえになんの学びにもこやしにも出来ないので、

【そうではない(その解釈は違うよ)】ということをまずはご理解くださいm(_ _)m

 

じゃあどういう意味かというと、ここでの場合は、

 

・彼が結婚を決めてくれないという問題を起こすことを通じて、

【気づきなさいよ】という何がしかのメッセージが送られてる 

 

ということです。

メッセージ送るって、問題起こすって、誰が??というと、

これは宇宙という言い方もできるし、神様という言い方もできるし、

本当の自分という言い方もできます。

どれも正解だし、自分にしっくりくるものを当てはめたら良いかと思われます。

 

ただしポイントなのは、神でも宇宙でもなんでもいいけど、

【それら(神とか宇宙とか)が自分をコントロールする側で、自分はコントロールされる側(だから抗えないし選べない)】では無いということです。

 

こういう発想だと、特にふわふわスピリチュアルな人とか、

なんか上手く行かないことがあると、

それも自分が起こしてることなのに、

神とか宇宙とか、そういう見えないなんか凄そうな存在のせいにして逃げる癖がついてきますので。

 

たとえばここで言うなら

「わたしは本当は彼と結婚したいけど、実は彼と結婚すると良くないことが将来起きるっていう、神からわたしへの愛なんだろうな。。。

ってことはこれも完璧?

そうか、なら仕方ないから諦めよう。。。これで良かったんだ。。。!」

みたいな。

 

いやいやちょっと待て!

これ、聞き分けが良いように見えて、

自分の不都合を神とかのせいにしてるだけだから!

確かに本当にそうなこともあるでしょう(わたし、ただの人間ですから確認しようがありませんが)

ただこういうこと言ってる人に限って、

相手が変わってもずっとそのパターンを繰り返す(彼氏が変わっても、毎回結婚に至らない)みたいなことが容易に想像されます。

当たり前です、自分の内面が原因でその事象が繰り返されてるだけかもしれないのに、

その内面を見たくないあまり、神様とやらに責任をなすりつけて逃げてるんですから。

 

そんな感じなので、神でも宇宙でも自分でもなんでも同じなんですが、

自分に言い訳作らないためにもわたしは

【全部、本来の自分が自分のために起こしてる】と捉えることをオススメしてます。

だって自分=宇宙=神 なのでね。

 

話戻って

 

・彼が結婚を決めてくれないという問題を起こすことを通じて、

【気づきなさいよ】という何がしかのメッセージが送られてる 

 

だという大前提。

そして何に気づけと言ってるかというと、

これも言葉で一括りにして表すのが難しんですけど…

【自分を偽って生きてることに気づけ】とか

【イヤだイヤだ言ってる現実も、100%完璧に自分の望みどおり叶ってることに気づけ(気づいたら、その望みを変えるチャンスもあるけど、どうする?)】

って感じのものだと思います。

 

・彼に結婚を決めてほしいから、媚びたり自分を隠したりしている

→おい!それ本来の自分じゃないからやっててつらいだろう!このまま結婚させたらコイツ(=自分)一生それを続けるな。よし、結婚させない。それに気づいてほんとの自分で生きない限りは、【結婚】ってやつを与えてなるものか。by本当の自分

※とゆうか深いところでは、「結婚<自分を偽らずに生きる」ことのほうが生命体として強い欲求なので、そっちの願いが叶ってる

 

・本当は結婚したくない(その人のことは好きだけど面倒、とか、親が不仲だったの見てきたのでホントは結婚怖い、とか。)のに、その本音に蓋してる

→「本当は結婚したくない(怖いから)」のほうが想いが強いので、そっちの願いが叶ってる

 

とかとか。

 

仕事とかもおんなじですね、

どう考えても自分の本来の”種”に合ってなくてやりたくない仕事=自分を偽ってる なのに、

お給与がいいからとか待遇がいいからとか体面がいいからとかで

そこに執着して続けてる仕事は、自分からその本音に気付いて手放さない限りは

なんらかトラブルが外側に勃発して(嫌な上司とか嫌なクライアントとか、自分が担当してた案件で自分は悪くない問題が勃発=傍から見るとただの不運にしか見えない とか)

辞めざるを得なくなるとか。

「それ、あなたのいるべき場所じゃないよー」って教えてくれてる愛であり、完璧^^

わたし、最後に勤めた霞が関での仕事、

上司のものすごいパワハラに合わなかったら辞めてないですもん。

辞めてなかったら今、無いですもん。

だからあのブスな上司の存在が愛^^

二度と会いたくない、感情としては大嫌いだけど、でもあのブス上司のおかげ^^

ブス上司がブスそのものであったことが、わたしにとっては完璧^^ブス言い過ぎです。笑

 

好きなことで起業☆とかしても収入が上がらないのは、

収入が上がる=お金が入る になったら

人から嫌われる、と思い込んでるとか。

(貧乏<人から嫌われない のが望みとして強いので、これも叶ってる。

そして好きなことで仕事してお金稼ぎたいくせに、周りの目を気にして「そんなことないですう〜」って良い子ぶりっこして自分を偽ってる)

 

そして嫌な客ばっかりつくなら、彼氏が問題行動ばっかり起こすなら、兄弟や部下がダメ人間に思えるなら

そうやって周りにダメな人を置いておいて、

自分が優位に立っていたい

(この望みが、理想のお客様、理想の彼氏、手間のかからない兄弟や部下になってほしいという想いよりも強い)

というわけでこれも叶ってる

 

みたいなみたいな、

全部そんな感じで、

完璧に、100%、

愛をもって教えてくれてるし、

愛をもって叶えてくれてるんです。

自分が、自分のために。

 

その上での【(気に入らないと思えてる)今】なんです。

引き寄せ成功、なんです。全員が全員。

 

そのこと、つまり全て自分の望んだ通りに完璧に叶った上での今、というのにまずは気づかないと、

ぜーったいに現状って変わらないんです。

(もしくは、めっちゃ我力や戦略でなんとかしたらいったん上手くいくこともあると想いますけど、一生気が休まりませんしまた別の問題が起きます)

 

その上でも逃げたい人は、

自分が悪いんだ、ダメだからこうなったんだ、って、

免罪符的に自分を責める遊びを開始します。

(これは明らかに見るとは全然違いますよ。自分を責めることで直視することから逃げてるんですから)

 

自己嫌悪も出てきて当然ですけど、そういう嫌だと思う自分が

つまり紛れもなく今の自分なんです。

その自分からしか、スタートできないんです、誰もが。

だからその自分をちゃんと見るというのは、

自己否定じゃなく、最大の自己肯定なんです。

最大の「自分を大切に生きる」ということなんです。

 

あともうひとつの【完璧】については、

自分の意志と関係無いところで起きた過去の事象も全て完璧だってことです。

 

たとえば、わたしの旦那さんのお父さん、

なかなかに破天荒な方だったらしく^^;

旦那様が結婚をなかなか決められなかったのは、

小さい頃のお父さんに対するマイナスな想いからだったのもあります。

 

で、ここで「その(亡くなった)彼のお父さんのせいで!」ってわたしが思うのは究極の見当違い・勘違いなんです。

 

”お父さんのせい”はおろか、完璧なんです。

 

お父さんが当時問題のあった人だったのも、

そのことで彼が傷を受けたのも、

そのことで彼がなかなか結婚を決めてくれなかったのも。

 

わたしにとって、愛でしかありませんでした。

完璧でしかありませんでした。

 

結婚が決まったのは、

そのことが心底腑に落ちて、感謝しか湧かなくなった【あと】です。

 

あと、うちの母。

小児がんでもう助からない!って状態だった姉と比較してしかわたしを見てなかった母(と実際に母親に面と向かって言われました^^;)、

わたしが腎臓の病気になってからも、

「お姉ちゃんはもっと大変だったんだから、我慢して(と怒る^^;)」「これくらい大した事ないわよ〜、お姉ちゃんに比べれば」など言っていた母、

こうして文章にしてみると、それかなり酷いだろとツッコミ入れたくなりますが、

その母であったことが完璧。

それ以前に、姉が病気になったこと自体が完璧。

どちらも、わたしにとって愛しか無かったのだなあと、

今となっては心底腑に落ちてます。

 

そのことと、当時を思い出して悲しくなったり、

母に怒りが湧いたりっていう【感情】は別のことなんです。

感情は、ただの【クセ】が残ってるだけなんですよ。

それで、それを無くす必要も無く。

(だからわたしは、親を恨みたいなら恨んでいいんですよ別にって継続コース生にいつも言ってます)

 

あと、頭で「あれはあれで意味があったんだ」と納得したふりをするのも違う。

納得したフリは、そのことから湧き上がる悲しかったとか、怒りとか、

そういう感情にも蓋をするでしょう。

というか、感情に蓋をしたくて、納得したふりをするでしょう。

だからとても危ういんです。

 

頭でどう捉えようが、感情がどう吹き荒れようが、ただ、

過去も今も未来も全部【完璧】。

そしてその、宇宙の無限の広さそのもののような

超・超幅のあるその【完璧】の中で、

米粒よりも小さいであろう存在のわたしたちの人生の中での【選択】なんて

いかようにも自由にできるんですよ。

自分を偽って生きたら【不自然ですそれ】って突っ込まれはしますけど、

【ダメ】という意味ではない。

その警告を受けた上で

不自然でも、自然でも、どう生きるかは自由な選択ができるということ。

そこにバチが当たるとか、無いってこと。

ものすごく乱暴なこと言ったら、

地球がブラックホールに飲み込まれたらそこで強制終了でしょ。

それも宇宙から見たら【完璧】でしょ。

だけど今のところはそんなこと起きて無くて、

取り敢えず命は与えられてるんだから、

その与えられてる生の時間で何をし何を選ぶかは基本、

どこまででも自由ってことです。

その自由に対して、いくらでも

無数の【完璧】の選択肢があるってことです。

わたしたちのちっさい頭で必死に考えてどれを選んだとしても

その選択肢の中で無限の完璧=愛 を表してくれるんです。

そうして、人生”いわゆる”上手く行かせたいのなら、

その完璧ベースのメッセージをいつもいつもキャッチできれば最強ってことなんです。

被害者でいたり、

吹き荒れる感情をどうにかしようとすることに躍起になったり

自分を見たくないゆえに偽善でいたりしたら

そのメッセージをキャッチしにくいから、

その観点でいろんなことを、ここで伝えてます。

 

…先日から話がマニアックすぎるというか、ディープ中のディープになっていますが、

こういうことが、わたしの行動の前提にあって、

その行動としての「何をするか」のまねっこが大事なんじゃ無いんです。

何を今どこから取り組むかは人それぞれで、

わたしのようにみんなが奇抜になったらいいなんてまったく思わないし、

青戸真穂としてのやり方進み方の一部を、ここでは書いているだけで。

ただ、宇宙に住んでる誰もが同じように適用されてるルールは、

今日や先日の記事みたいなことです。

それを、よくわかんないけどそうなのかあ〜程度でも

頭の片隅に入れておいてもらえると、

個別具体的に何をしたらいいかも、なれると指針が見えてきて取り組みやすいのではないか?と思い、改めて書いてみました^^

何か参考になったら嬉しいです!

それでは、今日も良い一日を〜^^

 

【継続コース詳細】

santasantasan.hatenablog.com