「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

自分を過信することは自分を愛することとは違う。&ファッションに関する絶望。

昨日の美容術の記事^^

santasantasan.hatenablog.com

 

意外(?)にも、継続コースや過去の単発の個人セッションを受けてくださったお客様から

ご感想いろいろいただきましたー!

感謝!

そのいただいたご感想を一部ご紹介^^♡

 

お久しぶりです。

以前セッション受けましたOです。
遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます!!
31歳すてきです♪私もそのくらいの年に真穂さんに出会っていたかった!!(笑)
 
今月に入ってからの真穂さんのブログが自分にとって深く響くことばかりで、
(特に6日のとか今日のとか、、。そして10日も旦那が◯◯(※予定があったらしいです^^)じゃなければ行きたかった(TT))
毎日ズキュンズキュンと胸を打たれております。
ずっとお礼メールしたくておりました。
 
絶望&軌道修正を日々してるつもりでも、
ふと突然何も変化ないじゃないか?!と思ってしまうこともあります。
そんなとき、真穂さんのブログ読んで喝を入れさせてもらっています。
(ストーカー並みに何度も読みに来ています)
ありがとうございます!!!
そして、こういう真穂さんにあこがれている自分もきっとそうなれるセンスがあるのだ、と信じています!
これからも真穂さん(と真穂さんブログ)ファンでいつつ、自分のことも一番のファンと言えるように、
日々精進していきます。

 

Oさんありがとうございました!

そういうストーカーは嬉しいです♡笑

Oさんは3日の1デイゼミにも来てくださって、

そのときにやっぱり、【女性性】っていうことに関して抵抗を感じている自分に気づいた、的なことをおっしゃってたのを覚えております^^

これからますます(?)、いわゆるオンナオンナしていきそうな感じを予見させる昨日のような記事を書く時に、

そういうお客様方は嫌だったりするかなあとかはもちろん頭に浮かぶので(かといって、浮かんだところで別に何も自分を曲げることはできませんが^^;)、

こういうご反応いただくことはとても有り難いです^^

 

そして、こういう真穂さんにあこがれている自分もきっとそうなれるセンスがあるのだ、と信じています!
これからも真穂さん(と真穂さんブログ)ファンでいつつ、自分のことも一番のファンと言えるように、
日々精進していきます。

 

そうですそうです、いいなと思えるなら、なんだってなれます☆

宇宙飛行士とか大統領になるとかじゃなくて、

ただのオンナに戻るというだけのことなので^^

けども、もし書くとするならば、
それとセンスは少し違うかもしれません!

センスは、磨こうとしないと磨かれませんから。

なりたいと憧れで終わって、ちっとも自分変わらんじゃんという人が世の中大半という現実が多く見られるのはそこにあるかと思います。

 

もしかしたらOさんは、自分の今に何がしかの不安か問題があるんだけど、

でもそれを見たくないから、

見ないで済むために無理にポジティブに変換してしまって結局自分を明らめ切れてないということはありませんか?

あくまでメールから感じたことだけなので、御本人そう感じなかったらこいつトンチンカンなこと言ってんな!でスルーしてくださいね。これはOさんに限らず全ての人においてそうですよ!

 

信じるってすごく良い言葉というか、自分を大切にしていることのようで、

それが今の自分を明らかに直視していないなら、

見ないための逃げにもなるので。

それはつまり大いなる自己否定。

自分に対して非常に酷い仕打ちとなることがあります^^

 

自分の一番のファンでいてあげるためには、

ちゃんと不安に感じてること、ダメと思ってること、

見てあげなくちゃですよ♪

もともと完璧、素晴らしい存在だからこそ、とことん見ても何も失わないし何も否定にならない♪

つまりそれを否定してるのは自分だけということ^^

 

その上で、自分が今自分に何をしてあげられるか?

考えて全力でそれを叶えてあげようと努力することかと☆

そうするとその自分へのがむしゃらな愛が周りをも動かして、

旦那さんや周りの方たちがますます自分を助けてくれるようになりますよ☆☆

というわけで、無理にポジティブに捉えず、

直視も明らめも絶望もなんもかんも、

前のめりにやっちゃってください♡

 

でね(ここから先は、上記のOさんのことじゃないですよ!)、

 

大して変われない人って、

そこまでを一人で、

できてもいないのに本気出せば時間かければ出来ると思ってるから、

その自分を明らかに見ていないから、

変わんないんですたぶん^^


なんか映画にもありましたよね?見たこと無いけど、

「まだ本気出してないだけ」みたいなやつ^^

 

じゃあ、いつ本気出すの?♡

てかあなたの本気って、どのレベル??♡

あるなら、そして変わってるなら、その結果や想いになってないはずだよ?♡

って思っちゃいます^^

たとえば

「自分で続けていって、ひとりで立ち行かなくなったら継続コースお願いするこもとあると思うのでそのときはよろしくお願いします!」

とメールに必ず付け加えてくださる方がいるのですが、

そういう人ってたぶん、わたしの中では一生来ないだろうな〜と思うんです^^

だって、前後のメールを読んでいたら、

【一人でできてる人】だとしたらそもそも、

【その発想になってない(なった瞬間、自分を疑えて、即刻絶望&排除できるはず)】。

 

その【そもそも出来てない自分(=自分の力ではできないんだ!!)】を自分が明らかに直視していたら、

さっさと絶望して、

諦めるか、そこを変えるための一手を打つか、

どっちかを【決めて】、選択してるはずですもん^^


たとえば、わかりやすいたとえになるかわからんのですが、

わたしで行ったら昨日、

自分のファッションに対する今に、大絶望したんですよ。

秋服に、まともに着れる服が、全然ないわ!!!と気づきまして。

 


なんで無いかって、それはひとえに、

洋服(ファッション)に、向き合ってこなかったから。

向き合えない自分だったから、向き合いたくない自分だったから、

→そもそも気に入って買ってる服の数が無い。

(妥協で、値段で、なんとなくで買ってるものばっか。)

→洋服に対する扱いがそもそも雑。

(これ、昨日の肌のことにも通ずるのわかりますかね^^;)

→雑なため、あるんだけどしわとか毛玉が気になって今すぐ着れない。

とか、そんな感じ。

マジ絶望。

一番尊い自分に、

なんもときめかなければ愛着も感じないもので

こんなにクローゼットを埋め尽くしてたわたしに、マジ絶望。

そんなものを着て、

まるで全身で「わたしなんてこんなもん」エネルギーをぶら下げて

外に出かけてたわたしにマジ絶望。

こんな服たちでコーディネートして、

ステーションホテルのロビーラウンジ行けるのか?

いけねーよ!!!(一人ツッコミ。)

↑つまり「その格好で出かけられるそれなりのところ」しか出入りしてなかった自分、

もしくはそういう場所じゃないのに、自分が自分を直視したくないがためにこれで良いと感覚をマヒさせてた自分だったってことでもありますよね。

ここにも絶望。

そんな自分も、しかし、命としては完璧な、素晴らしい存在です。
なので今のままでも問題ありません。
でも、絶望したなら自分のために、変わることもできます。

さあ、どうする?
どっち選ぶ???100%、個人の自由です。



そうしてわたしは…

→アタシ、変わる!!!! =【決めた】

 

とした。

そうしたならば、

とにかく昨日出かけた先では、

過去の自分(のファッション)を着たまま出かけて絶望をしょって歩いてました、わたし。

あー、ダサい。

あー、ブス。

わたしの、バーカ、バーカ。

一番尊いわたしに、こんなダサいファッションを許していた自分に。

こんなダサい自分に気づきながらも、直視したくないがためになんとかしようともせず、

放置してきた自分に。

その世界をすっかり許容してた自分に。

もうこんな自分はいらない。

もうこんな想いを、一番尊いわたしに二度とさせない。

その想いを、刻々と自分に刻むために、

ダサいファッションであえて出かけました。時間も無くて。

ここで、デパートとかで焦って時間が無い中で衝動買いしても、

今の自分が良いものを選べるセンスがないことも、

それなりに値段の張るものを買うなら

ここは時間をかけて一着一着を、ひとつひとつ吟味して、

日を改めつつ少しずつ買い足さないと、

今のわたしの場合は難しい。

こういう風に、わたしはわたしの今のセンスの限界を明らめているからです。


だけどそうはいっても、すぐに着れるものがなさすぎる。
これ以上(今日一日以上)は、戒めの意味でのダサい格好をし続ける意味はあまり無いし、
そもそも自分が嫌。

という自分も明らめまして、現実問題も直視しましてわたしがとった行動は、

旦那さんを連れてユニクロにGO。

この
旦那さんを連れてってのがミソです。

なぜなら、

・わたし一人ではユニクロ(という、安くて高品質だけれどデザインは一般的なのでそれゆえ一歩間違えるとただのフツーっぽくなりがちな商品が多い量販店)の中で

良いもの、自分に合うものを選びぬくセンスが今は無い

けど、

・旦那さんはそれらから、かっこよく(オシャレに)見えるものをチョイスするセンスや
サイズ感に対する厳しい目線(センス)が抜群にある

ということを、これまた明らかに見ているから。


そこで、旦那さんのアドバイスも聞きつつ、

とりあえずまずは3着ほどアウターを買いました!

どれも、色とかかたちとか、自分じゃ選ばないものばっか。

ついでに試着したコートも、「へっ、わたしにこれ?」と思ったけど、

着てみたらすごくしっくりきた。

けど、旦那さん的にサイズが若干アウトで、それはまた別のお店で買ったほうがいいよと言われ、それも素直に聞く。

帽子も「こんなの似合うと思うけど。」と言われてかぶってみると、

確かに似合う…!

身につけた時に自分に似合うかどうかのセンスはあると明らめてます。

しかし、そういうものをまずチョイス出来ないから、旦那さんが必要^^;ここ、話戻って上記のOさんの躍進のヒントになるかも!

というわけで、やっぱりね、

こうして全て(絶望と痛みと無駄なよくわかんないプライドが潰れる苦しさ)を経験しながらも、自分を明らめて頼るとこは人に頼ってとにかくすぐ行動すると、

わりとすぐコトは動いていくんですよ。

そうしてね、自分が自分に絶望してるぶん、

愛と感謝が溢れるんです。

・旦那さんのセンス、すごいなあ〜♡

・一緒に選んでくれてありがとう〜;;♡

・てかそもそもこんなダサいオンナと結婚してくれてほんとありがとう〜;;♡

・ユニクロってこんな安いのに品質ほんとすごいなあ〜♡

・てか店員さんみんな感じいいなあ〜こんな少額しか買い物してないのにほんとありがたいなあ〜♡

・ユニクロの柳井社長ってマジすごいなあ〜♡やっぱ男性ってすごいなあ〜♡

・てかこんな安くて良いものをみんなが平等に手に入る環境にある日本てやっぱ豊かだなあ〜♡

・日本有り難いなあ〜♡

・こんな日本になれたのは、おじいちゃんおばあちゃんたちの世代のおかげだなあ〜♡

・おじいちゃん、ありがとう…;;(1月に亡くなったおじいちゃん思い出して涙…)


みたいな、マジカルバナナみたいなよくわからない発想に、マジでなります。わたしは。

なぜならダサくてちっさい自分を明らめているから。

そんな自分を否定して、無視して放置してきた自分を明らめたから。

直視したから。

そんなわたしにも、ちょっと踏み出せばこんなに周りは愛と感謝で応えてくれるんですよ?

こんな有り難いことないですって。

でね(本日2回め)、

この間、たった一日です。

一日で、カンタンに変われるわけです、人は。

自分を直視さえすれば。

出来てない自分に気づきさえすれば。

もちろんわたしがまだダサいセンス無いままなのはそのまんまですが、

少なくともそのスタートには立てたわけです。

そうして、一日の中で最大限行動できるよう、

人やお店の力も素直に借りてるわけです。

それは、自分が大事だからだよ。

自分を心底、愛してるからだよ。

「なんか今、こういうところが嫌だなあっていうのがまた出てきてて」
「なんかこういうところが、まだ、悩んでるんです」

「だけどまず自分でやってみます」

「できなかったらお願いすることもあると思いますのでそのときはよろしくお願いします!」←わたしから誘ったときの断り文句なら全然いいんですが、わたしからは誰においても一切声かけてないですからね!


そう言ってる人ってたぶん、ぬるいんですよ。

自分に対して。

自分を愛することにぬるくなってどうすんの!

他人の目を気にしてやってることはいくらでもぬるくなれって言ってんのに!!

それはみんな、怖い怖い言うくせに!笑

わたしの強みは何かって、なんでここまでの今があるかって、

それは自分に対してぬるくない、

誰に何も言われなくても自分に超絶厳しいところだけです。

逆を言えば、それだけですけどね。。。


話戻って、【本当に自分でやってる】人は、

【「こういうところが自分で悩みで・嫌で」って自分に出てきた瞬間】から

即刻直視して絶望して行動して変えていけますよ。

上記のわたしのように。

だから、今はこういう課題があって、、、とメールに書いてる暇があったらすでに直視して解決させてるはず。

それができないから、

【そもそも自分でなんて別に全然やってない自分に気づいてない】=【自分を直視して明らかに見ていない】んだろうなと。

そしていつがどうなったら、”自分一人ではどうにもならなかった”と判断するのだろう?

その基準が自分の中におそらくなくてザックリで言ってるんだろうし、

そこがザックリ曖昧だから、変化もザックリ曖昧で、

だから【なんか変わってきてはいる気がするけど】って、

いつまで経っても進んでる自分に納得したり認めたりできないんですよ。

そもそも、一番尊い自分に”立ち行かなくなる”ところまでいく可能性を米粒でも残してたらダメだと思うの!

なんか、ダラダラ考えて、時間かけないといけないものだと思ってるのかなー?


で、それが今は、一人では出来ない自分をみんな明らめてるから、
継続コースにお金払ってきてくださるんですよ。
そこの出だしが素直だから、わたしの言葉を素直に聞いてくれて、
糧にできるんです。


たぶん本当は、

わたしに報告やメールをすることで、

報告できるだけでいいという気持ちも真にありつつも、

どこかでちょっぴり、わたしに何かをもし言ってもらえればという期待があって、

だけど継続コースにお金出していくほどは価値を感じれてない自分がいて、

だけどそれは悪いから、一応「いつかは」って言っておかなきゃ…的な感じが。(無意識レベルのものだと思うのですが)


そんなん、いらないから!笑

わたしはわたしで、「いただくぶんには嬉しいし、でもお返事は基本継続コースの人しかしない(できない)」っていろんなところで言ってるのに、

お送りいただくメールに一ミクロンでも不純物を感じたり(感じなければ有り難いなで終わる。)

なんかいつも同じようなこと言ってグルグルしてるなあとか感じると

こうして言いたくなっちゃうんです〜!!!くうう。

もっと純度高く生きなよ!!って。

一番大事な自分のことは自分で満たしなよ!って。

いつまでもグルグル同じようなとこで遊んでるなよ!!って。


それが今は一人では突き抜けられないなら、

誰かの承認や後押しが今は必要な自分がいるなら

それをちゃんと明らかに見てあげて、その先を望むなら潔くそれに対価を払いなよ!!って。

なんか自分を取り繕ってる感は一番、自分がつらいと思うから。



また長くなってしまいましたが、

今日はそんな感じデス!

こんなわたしでよろしければ、これからもブログやコースやらでご活用くださいませ!

では今日もセッション行ってきます^^

皆さんも良い一日を!


 

【継続コース詳細】

santasantasan.hatenablog.com