「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

良縁に恵まれるには、「出逢いが無い」を変えるには、やることはたった一つだけ。

f:id:santasantasan:20161006194442j:plain

(最近、体力をつけるために夜、ランニングをしています!彼はスケボー。
毎日は続かないので、ときどきだけですけど…^^;
念のため彼の目元を隠したらますます怪しくなった…)

  

先ほど、新規のお客様宛にメールをお返事していて、

恋愛において良縁に恵まれるコツみたいなことを書いたので、

こちらでもシェアしたいと思います^^

 

恋愛に限らず、人との良縁に恵まれるためにすべきことって、

とってもシンプル。たったひとつだけ。

それは、

【今目の前のご縁からのメッセージ・サインをきちんと受け取ること】

です。

 

合言葉は、

「この(目の前の)人は、

なんのために

(わたしに何を気づかせるために・学ばせるために)

わたしの前に現れてくれたんだろうか?」

です。

これをいつも、自分に問うこと!

 

なぜなら今目の前の人、男性、

どんなに最低男でもブ男でも貧乏でもオタクでもストーカーでもキモくてもなんでもかんでも、

100%あなたに何かを気づかせるため・学ばせるために現れてくれた人だから。

 

そしてその人を通じて与えられてるメッセージに気づかないと、

気づくだけでなくてそれを糧に、なんらか少しでも自分の在り方を省みて、

ヒントとして取り入れないと、

【いわゆる良縁】にまでたどり着かないからです。

 

マリオゲームと一緒で、

ステージ1をクリアしないと、

ステージ2とか3とかファイナルステージにはいけないでしょ。

あれと一緒です。

(※ただしマリオと違うのは、

ステージ1からひとつでも多くのことを学んで真剣に自分を生きることに取り入れたら、

飛び級は可能というところ。)

 

今目の前の男性は、

100%今のあなたと釣り合ってるから出逢ってるので、

自分が変わらずして相手が変わることはありません。

相手は変わっても、

同じようになんらか【違う=好きにはならない 相手】という現実は変わりません。

なのでいつもと同じように、

100%自分の問題。

 

それで【100%自分の問題】っていうと、

問題=悪い →だから良い子(良い女性)にならなくちゃ って捉えがちですが、

そうではないっていうこと。

そうじゃなくて、

100%自分の問題=100%、自分が自分を偽って生きてるから、素の自分に合わない相手ばかりが自分の世界に存在する

ってことなのです。

 

大体、恋愛って「こうあるべき」とかでしないですよね?

一番、頭や常識とか道徳とかでコントロールできないものじゃないですか。

ようは一番、我(=素の自分)が出ちゃうところなわけです。

 

仕事とか他の人間関係とかは上手く行ってますっていう人も、

恋愛だけはからきし…という人がいるのはそのため。

だったらつまり、上手く行かせたいなら、

良縁に恵まれたいなら、

素の自分に戻ってそのまま生きればいいだけです^^

そうしたらその素の自分に合う人が引き寄せられるから。

 

自分に嘘をついて生きてるときはその引力が弱いのですよ。

自分全開で生きたら、どんなにニッチでも自分にピッタリの人が現れますから。

 

今もし「良縁に恵まれてない!いい人に出逢ってない!!」って思うなら、

【あんた、全然自分生きて無くない?】って

イエローカードが出てるということ!

なので今目の前の縁を真剣にクリアしていったら、

ちゃんと時間もかからず良縁に恵まれますよ。

 

あとはまた別で、

自分にとって、そういう【良縁が無いことで困る】ことが

【実は望みが叶ってる】っていうパターン。

(こちらは一昨日の初回の個人セッションでお話させていただきました^^)

これは人それぞれメッセージの見分け方、

クリアしていく行き方など人それぞれなので、

よくわかんない方は継続コースで相談してくださいね〜

 

 

で!!

 

わたしこのことブログで書いたことなかったか忘れたんですが、

わたしたち夫婦はまさにニッチの中のニッチですよ!

でも開き直って自分を生きたら(お互いに)

必然的に出逢って結婚してますよ!

 

どれくらいニッチかというとね、

わたしが当時、彼氏なかなか出来ないというときにやったことって、

普通だったら

「彼氏なかなか出来ない!→だからオンナ磨きとして、料理とか、メイクとか、勉強するぞ♪合コン行くぞ♪」

でしょう。

 

だけどわたしは【わたしのやりたいこと】を大事にしたかった。

 

そしてそれが何かというと

【真理の追求】。

 

なのでわたし、彼氏がいないアラサー女子らしからぬ、

怪しい瞑想図を家に貼り(良いって言うから鵜呑み)、

怪しい言霊を大きな声で読み(良いって言うから鵜呑み)、

その怪しい言霊の音源を一日家に流しっぱなしにし(良いって言うから以下略)、

仕事の後は合コン♪

…じゃなくてココロの勉強のフォロークラスに足繁く通い、

一人前のめりに積極的に手を挙げて質問しまくり、

ほとんど誰とも会話せず帰ってきては

またその日のノートを見直して復習をする。。。

 

みたいな生活を一年くらいやってました。

 

引きますよね?笑

まあ、その頃の追求が全部今の糧になっているので、

ひとつも無駄にはなってないんですけどね^^;

 

自分でも、「これじゃ出逢いなくて当たり前だわ〜」って思ってました。

しかもそんなのが【素のわたし】の習慣になっちゃってるわけだから、

彼氏出来て同棲とかしようものならどうなのよ!?

引かれて終わるよ!?

って話ですよね。

たぶん数少ないわたしの友人にも、もし当時の状況を伝えていたら、

「彼氏が欲しいならそれやめろ。」

って言われてたと思います^^;

わたし自身も、同じところで学んでる男性との恋愛っていうのは無いわと思っていたので。

(わたしは今の旦那さんのように、ギラギラに生命力ある人が好きだから。

ココロのことで悩んでいる男性陣には一番無いものですよね^^;それが悪いとは言いませんが^^)

 

でも。

 

そんなアホみたいに【素の自分の望む通りに生きた】ら、

いや、そうしたからこそ、

彼に出逢えたんですよ。よく考えたら。

 

だってあそこで一所懸命学んだからこそ、

姉のことが許せて、心から愛せて、

それに喜ばれて彼を紹介してもらえて。

 

彼は彼で、30代後半にもなりながら、

その頃は冷房も冷蔵庫も無い生活をしてたんですよ。

仕事ばっかりで、人間的生活をしていなかったわけです。

おまけにスーツ着ないし、髪がウネウネのロン毛でキリストみたいになってたし(ほんとに。地毛なのに。)、

お金は全部飲みとかに使っちゃうし、過去がいろいろ波乱万丈だし、)

結婚という言葉からは程遠い感じでした。

 

でも。

 

わたし、自分が変人って実感あるし、そこに開き直ってるから、

彼を全然ジャッジしなかったんです。

なんなら「へー、自由奔放に自分を生きててカッコいいなー」とか思ったんです。

しかもわたしがココロのこと勉強してようが、怪しい瞑想図を取り出そうが、

怪しい言霊を流そうが(やったんか。)、

彼は一切動じたことがなかった。
わたしも勧めたりしなかったからね。一切自己満で自己完結、これって大事なポイントかも!

そうしたら、「こんなわたしをそれでも好いてくれる男性、すごいな!」とますます思ったわけです。

 

そうしたら彼は彼で、

「へー、こんな俺でもそこが良い!って言ってくれる人、相当珍しいな」とか思ったらしいです。

 

お互い、自分を譲れない。譲る気は、無い。笑

 

なので、譲らなくてもそこを「いいね!」って言ってくれる相手って、貴重じゃ??ってなって、

だんだん、ありがとうの気持ちからの、

【別に譲っても良い部分は譲り合い精神(たとえば彼だったら、飲みにはほとんど行かなくなって計画的にお金使うようになってくれたとか)】が生まれてきたのでした。

 

結局人なんて、

自分を無条件で好きになってくれる人を大切にしたいと思うものです。

だって人間、やっぱり自分のことが可愛いもの^^笑

 

それでね、

これやっぱり、なんで上手くいってるかって、

お互いがお互い、

出逢う前から自分を素っ裸に見せて、開き直って生きてきたからだと思うのです。

そうしたらね、たとえどんなにニッチでも、

いるんですよ。自分の変なとこを、別に変と思わない人が。

 

「そんな人(そんなラッキー)滅多に無いよ〜〜〜」

とか女友だち同士が飲みながら愚痴り合う現実とはまったく違う世界があって、

それは確かにニッチなんだろうけど、ちゃんとニッチ同士引き寄せ合うんです。

だからって、自分から何も動かないとかは違いますけどね!

そのあんばいは、ひとりひとり違うから継続コースにて。(宣伝。)

 

☆追加補足☆

無事に結婚式も挙げることができましたしね♡

santasantasan.hatenablog.com

  

 

そしてこの

「この(目の前の)人は、

なんのために(わたしに何を気づかせるために・学ばせるために)

わたしの前に現れてくれたんだろうか?」

というのは、相手いる方も一緒です。

 

究極は、惚れた腫れた好きだろうがなんだろうが、

100%相手は自分のためにいてくれてる人なんです。

わたしにとっての彼もそう。

彼にとってのわたしもそう。


だからお互い「こんにゃろー!」と思うことがあっても(笑)、

絶対になんか教えてくれてる。

それを汲み取れたら、もっと人生豊かになる☆

 

そのことと、もう気持ちが無くなったから離れる、とかいうことはまた別で、

だけれど同じ「気持ちが無くなった」だって、

自分が相手から何か被られたというような被害者意識の上での結果なら、

別れるのは自由なんだけど、結局相手が変わってもまた同じことが起こるのです。

【その被害者みたいな状況に自分をさせたのも自分】【そういうオトコを自分の世界に許容してるのも自分】なので…!

 

最後に、わたしも旦那さんも好きに生きているけど、

旦那さんはめちゃめちゃわたしのことをだいじにしてくれていると思います^^

それはわたしが自分を「わたしはこういうオンナです」ということを

一度も妥協せずに伝えてきたから。

その上で、一番大事なのは彼にとっても彼自身という前提の上で、

できるところギリギリまで期待に沿おうといつも奮闘してくれてる彼に

やっぱりすごく感謝です。

そして、男性という生き物はそういうものだと思う。

やっぱり、女性にどこまでも、すごく優しい生き物なのです^^

だからまず、オンナ自身が自分に優しくしてあげてくださいね♡

 

そんな女性に生まれ変わりたい方は継続コース「Just a woman スクール」にてお待ちしております♪

(※継続コースは2017年2月をもってサービスを終了しました♪)

santasantasan.hatenablog.com