読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

「変わりたい」は本当は「戻りたい」。「わたしを生きる」という人を、もっともっと増やして行きたい☆

クライアントさんたちから
たくさんご感想メールをいただいてたまっているものがたくさんあり、
週明けあたり一気にご紹介させていただければなと目論んでいます!

まずは9/3の1デイゼミ参加予定の方たちから、
事前のお電話セッションの感想などいただいているのでそれをご紹介します^^

 

山口真穂さま

先日はお電話ありがとうございました。
とってもドキドキだったのですが、いざお話ししてみるとほんとに楽しくて!
あっという間の30分でした。
取り留めのない話ばかりしてしまって、これでよかったのかしら??と思いましたが^^;
でも真穂さんとお話ししてまた自分の心が少しわかってきたように感じるんです。

電話でお話したように今は△△とかの研究していますが、来年3月で大学院卒業で。
さあこれからどうする?という状況でした。
それで、私、決めました。研究はやめることにします。

王道パターンは、大学の教員になったり研究所で研究員として働く道です。
どっちにしても、のんびりとは程遠い生活になると思います。
特に女性にとっては、こういう道を選んだ先輩はほぼ独身で、仕事に生きる!みたいな人ばかりです。
私自身は、ちゃんと向き合ってみたら、それは嫌だ!と心が叫んでいるのが分かったんです。

真穂さんもブログでよくおっしゃっていますが、男性の仕事エネルギーって本当にすごいですよね。
私も、仕事で男性と競争なんて無理だ、とても勝てないってようやく認められたみたいです。
本当はずっとやめたかったし、降参しちゃいたかったんですよね。
認めたらすごく楽になったし、私はできないからこそ、男性って本当にすごいな〜と初めて心から思えました。

お世話になった人に悪いなとか、そもそもそんな降りた気持ちになっちゃって卒業できるの??とか
(現在かなり無理してやっと続けてる感じなので)
心がざわざわしたり、周りの反応をすごく気にしてしまう自分もまだまだいます。
一体どうなっちゃんだろうって、怖い気持ちも。
決めたのにまた揺れたりしてて、正直まだ自分でも混乱気味ですが。。
でもその不安とか不快な気持ちも、全部大切な自分の感情だから、逃げずに淡々と向き合ってます。

今はまだ、自分を苦しめる生き方はやめる、と決めただけです。
やりたいことが見つかったとかすごい変化とかじゃないですが、ご報告したくなり、メールしてしまいました。

私、本当に変わりたいし、本気で自分を大切にしたいって気持ちが抑えられないくらい最近すごいです!
9/3の講座も本当に楽しみにしています。またよろしくお願いします。
ブログも楽しみにしていますね。いつも元気をくださってありがとうございます。
ではまた!


ご報告ありがとうございました!
会社員を辞めて、大学院で専門的な勉強をしているこちらのKさんは、
自分をいい加減に変えたい、変わりたい、という気持ちで今回の参加を決めてくださって。

お電話のときは、上記メールのとおり
「(卒業後の進路を)どうしようか迷ってる」というお話がちょっと出たくらいで、
わたしから何か、決断を促すアドバイスとか引き出しとかは特に何もしてないんですけど、
Kさんはたった30分の電話でも、
それをご自身と向き合うチャンスにされたのでしょう、
いきなり今日「決めました」とスパーン!!と爽快なメールがきて、
わたしのほうが何気にビックリしてたりしてました。笑
 
ご本人は「決めただけで、何かすごい変化じゃありませんが」と書かれてますけど、
そんなことないですよ!
なぜってその「決めるだけ」が全てなんですもん。
 
決められて始めて、そこから現実が動き出す。

そんなことを今日も定期セッションのお客様にお話していましたが、
本当にそれだけなんです。超シンプル。

だけど決めることが一番怖いし、
だからこそ何も決めないまま、
何か心のモヤモヤだけが変われる方法や現実だけが変われる方法を
いつまで経っても探し続けて、
その幸せの青い鳥を外に求めることで行動していると勘違いしたり
大枚をはたいてる人だってたっくさんいます。

だからKさんが、
不安や不快な気持ちがありながらも、
それも自分だと受けとめて、
その怖さも引き受けた上で「決めた」を持ち続けてることそのものが、
本当に大きなことなんですよ^^

大抵は、その不安や不快、怖さを自分の中に持ちたくないからこそ、
「それら(怖さや不安、不快)を感じないで人生を変えられる魔法」みたいのを探していますから。
真実は、そんなものは無いんですよね。
だからそれらの感情を引き受ける肚を決めた(←それがたとえ今なおドキドキしてたとしても)Kさんは、
ものすごく価値ある一歩を踏み出したんです。

それを一度引き受けた人間は、強いです。
これは経験した人じゃないとわからない。でも、誰もが必ずできること。

だから、その、自分のために自分の本音に沿ったことを決められたKさん自身を、
「自分を自分で幸せにする(世間が評価する王道じゃなく)一歩を踏み出せた」ことを、
ぜひぜひ誇りに思ってくださいませ^^
素敵なご報告ありがとうございました!

そしてもうお一人、ブログでご紹介してくださいましたfukulifeさん^^
段落「見ないふりをしていた都合の悪い自分の考え」のところで
ご感想や気づきを書いてくださいました^^

fukulife.hatenablog.com

 

そしてメールでもご感想くださいました。
仕事をしたくない気持ちが今の状況を招いているとか、
自分では全く思いつきもしませんでした。
でも、言われてみればすんなりと納得できました。
 
仕事で評価されたいというのが、自分の本心と違うから、拒否反応が起こっている。
自分の本心じゃなくて、世間体とか、人から見てだから。
 
ダイエット(減量)とか、家計を改善するとか、
見たくない現実をきちんと見なければ、
スタートすることも目標を達成することもできないことなんて、
ちゃんとわかっている。
 
なのに、本当は仕事なんて大してできない、
本心ではやりたくないとさえ思っているとわかって、本当にいたたまれないです。
 
(中略)
 
自分については、「仕事ができない状況」を言い訳にしないで、
「仕事がやりたくないからやらない」ことをちゃんと認めます。

(中略)

自分をそこまで傷つけてまで仕事をしない理由を作っていたわけです。
情けなくて泣けます。
何年も、その勉強が好きで、働きながら続けてきて、その仕事に必要な資格を取ることができたのに。
 
結局は「自分がいったい何をしたいのか」ってところに戻ってきます。
 
気持ちが落ち着いたら、また考えてみます。
真穂さん、ありがとうございました。
 

 

fukulifeさん、記事でのご紹介、メールともにありがとうございました^^

きっとfukulifeさんはそんな自分を明らかに見て、
「さあどうする?」と、これから「決める」ところなのでしょうね^^

でもfukulifeさんもKさんと同様、
「こんな(自分を大切にできないで外の評価で自分の価値を上げ下げしてる)自分はもういい加減嫌だ」

っていう気持ちを本当に持って今回参加を決められたからこそ、
お電話の最中から勘所がすごく鋭くって。
(人は本気になれば勘所が冴えまくるものです^^☆)


たった30分のお電話セッションの間でも、
自分が望まない現実を望んで作ってたのは他でもない自分だったと、すぐに自覚されたんです。


これってKさん同様、そう簡単には認められないです。


だって、自分が望んで作ってたと自覚したら、もう、
被害者でもいられないし、人のせいにもできないから。

全て自分自身だと、自覚して自分が変わるしかなくなるから。

これもまた、本気でそこに向き合ったことのある人じゃないと
わからないことだと思います。

だからこそその”自分だった‥…!”を、
とっても「いたたまれ」なくなっても
(実際お電話の最中から「すでにいたたまれなくなってきました…」っておっしゃってましたからね^^;)

たった30分間の中のわたしの一言二言のツッコミで瞬時に真っすぐ受け止めたfukulifeさん、
本当にすごいです。


そしてわたしが「へえ〜」って興味深かったのは(こんなんですみません。汗)

fukulifeさんはわたしと話をする前からすでに、
「今の望んでない現実さえ自分が望んで作ってる」って見解は
すでに知識としては知ってたとおっしゃってたんです。

だけど、自分のこの取り巻く現実においてそれが
如実にそうだということは自覚できなかった。


きっとそれは、今までのfukulifeさんでは、
その事実を直視するところまでは、
本気で変わりたいと思っていなかったからかもしれません。


今、本当に「こんな自分はもういい加減卒業だ!」って思えてるfukulifeさんだからこそ、
わたしを通じてそこを直視する準備が出来たのだと思います。


つまりこういうことなんですよね、
知識や情報の量は関係ないってわたしがいつも書いてるのは^^

自分の肚が決まってなかったら、
その現実を変える情報がいくら目の前に提供されても
入っていかないんですよ。
いや、自分が入れないんですよ。
自分を守るために。
見たくない自分を見ないために。


そんなときはまだ、
変わりたい!といくら口で言っていても強く思っていても、
まだその「変わりたいを望む、立派なわたし」のレベルで遊んで(酔って)いたいのかもしれませんね。

もうそれにさえ飽きた。もう本当に嫌だ。
さっさと実際変わってしまって、その現実で、わたしは遊びたい。


そう心底思えた人が、
怖さや不安は同時にありながらも、それよりもその変わりたい想いが勝って、
だからこそ行動に踏み出せて、
実際に人生を変えるステージに立てるのだと思います^^



冒頭のKさんもfukulifeさんも、他の集中講座参加メンバーも全員、
そのステージに立ったんです。

少なくとも、ドキドキしながらも、自信がまだまだないながらも、それでも
「悩み続けてることに甘んじてる自分」を捨てる覚悟をそれぞれなりにしたんです。

そうしたらそれはもう、全然違うステージなんです。

だから、30分しかない電話セッションだって、
皆さんそれぞれがそれぞれにとって大事な点をモノにできてるんです。

個人セッション卒業生で3日に参加予定の方も(もちろんそうでない方もですが)
どんどん気持ちが軽やかになってるご報告をいただいています。

それってみんな、「決めた」から。
少なくとも、踏み出すことを。

そうしてもっともっと、自分の核心に向かって「決められる自分」になろうと進んでる。

その中に、わたしにどうにかしてもらおうとか、
不安や恐怖を感じないでメリットだけ得られる手法を望む人なんて誰もいない。

わかってるんです、皆さん。
本当に、
「変われる魔法なんて、青い鳥なんて外側にはない。ただ、自分次第なんだ」
と。

f:id:santasantasan:20160822110416j:plain
(3日にお借りする会場です☆綺麗なところですよー♪)


そうして皆さん、
「もういい加減、こんな(自分を大事にできない・自分を生きれない)自分を変えたい」
って口々におっしゃりますけど、
それは「変えたい=戻りたい」なんですよね^^


誰かに愛されるために、評価されるために
必死にレールからはみ出さないように生きてきた自分をもう、いい加減止めて、
ただのこの自分を生きるしかできない、
人に求められる型通りの人間になんてなれない、
特別優れたところがあるわけでもないそのまんまの自分に戻りたい。
その自分を、せめて自分一人が、愛して大切にできる自分になりたい。


そういう想いなんだと思います。

そうして虚像・理想の誰かを目指すのを止めて、
ただの◯◯◯◯(あなたの名前)に戻ったときに、
本当に、
ただのオンナであるあなたそのまんまの素晴らしさが必ず
開花しないわけありませんから☆

そうしてそれは
自分でも想像もしない、
それこそ未知数で無限大の魅力でありパワーであり、才能ですよ♪

皆さんが皆さんらしい本来の姿に「戻る」こと、
3日が、その後押しになりますように^^
引き続き心から応援しています☆

そしてもしまだ興味がありながらも、一歩踏み出せない方がいらっしゃったら、
ぜひご活用ください。
心よりお待ちしています!

【募集中☆】 

☆「ただのオンナに戻ります〜自分を大切にする方法」集中講座☆
(電話セッション30分+9/3の1dayゼミ+個人セッション90分+ゼミ動画データ)

◎日時:2016年9月3日(土)14時〜17時

◎場所:JR上野駅より徒歩約5分の会場(お申込み者様に個別でご連絡いたします^^)

◎代金:30,000円

※個人セッションをすでに受けていただいた方はゼミ参加費のみとなります

 

◎集中講座へのお問合せ・お申し込み
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「集中講座について」などの件名でご連絡ください。
※万が一、2日過ぎてもこちらからのお返事が届かない場合は、メールの受信エラーなどの可能性があるため、お手数ですが再度ご連絡ください。 

 

それでは明日からも素敵な一週間を!