「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

本日、セッション2件です。行ってきます

f:id:santasantasan:20160710124310j:plain

おはようございます。(もうこんにちはの時間?)

本日セッション2件です。

来てくださる方、暑いのでどうかお気をつけていらしてください。

昨日の爆弾記事から一晩明けて、

メッセージくださったKさんから再度メールいただきました。

あんな乱暴な内容に愛を感じてくださって、

すごい御礼を言われてしまいました…

Kさんありがとうございました。

その後もまた別の方から長文のメッセージをいただき、

わたしも毒を吐き切ったので、次は自分を省みる時です。

Kさんも、その方も、それぞれ自分で向き合うべきことがあるのは絶対にそうで、

でもそのお二人からのメッセージがこのタイミングで私に届いたことも、

わたしはわたしで見つめるべき自分の課題があるってこと。

そのことを気づかせてもらうために、

その人たちが現れてくれたってこと。

かといって、自分が感じたこと、

ムカつく、嫌だ、って想いはまた別だから、

蓋せず毒は吐くのです。

本当に、やだ!!むきぃ〜!!!

どっか行け〜!!

って気持ちと、

でも、相手の存在とか、相手が現れたこと自体は自分への愛しかないってことは、

また別なのです。

玄人さんになると、毒は自分の中で処理しきって愛に変換がすぐ出来るんでしょうけど、

わたしはぜーったいムリなタイプ。(今のところ…)

だからKさんも、感謝してくださったのは嬉しいし大変有難いのだけれど、

ホントに一ミリもわたしにムカつかなかった?

ムカついてもいいんですよ?

怒りまくっても。

(なんかわたしが言うの変だけど…)

それやりきったあとに、自分と向き合えば良いのだから。

ちゃんと、一番大切な自分の気持ちを感じてあげる。

そのあとにまたちゃんと、

一番大切な自分の課題を見つめてあげる。

感じるだけだと「わたしは悪くない!」ってなって問題のある現実は変わらないし、

自分の課題を見つめるだけだと、

思考でガチガチになるというか、行為の否定じゃなくて存在の否定というか、

自分を責める、みたいになりがちだし。

どっちもやって両輪というか、

それやって初めて、

ホントに愛を受け取り切れて、

肚の底からの感謝に変わるんだとわたしは思います。

ちゃんと自分の感じてることに気づかないと、

感謝も頭だけになって中途半端になっちゃうというか。

なんとゆうか、セッションでもいつも言ってるのですが、

せっかく感じるチカラを与えられた人間として生まれて、

さらにそのチカラをより強く与えられた女性っていう性に生まれたのだから

立派な完璧人間を目指さないことかなって思います。

(わたしが言うことの中で一番説得力あることじゃないかなコレ。。。)

わたしも怒りきったので、

Kさんやもうお一人の方が縁してくれた意味を今じっくり紐解いてます。

あー、ここだなあー、って今、若干いたたまれなさを感じながらも、

淡々とやるのみです。笑

この過程を、人から

「それも愛なんだから!」

「全部感謝で完璧なんだから!」

って答えを先に言われて頭で捉えるものじゃないしね。

だからこそわたしも、

昨日のような爆弾記事にも温かく(たぶんちょっと心配しながら)見守ってくれる方々の存在が本当に有難いんだと思います。

あ。なんか書いてたらよりクリアに見えてきました。

今日このタイミングでお会いできる方々も、

すごく完璧なんだと思います。

以上、淡々とつぶやきシローでした。

お読みいただき感謝を込めて。

よい日曜日を!