「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

規格外の自分を矯正せずに育てたら、自分が自分の味方になって、たった半年で人生が大きく変わった喜び!

ここ数日色々なサインが降って来ていて、
でも、なんだかいけないことのような気がして、
自分の想いを見ないように見ないようにしてきていました。

でもやっぱりそうだ、そこなんだ、と思ったので、書きます。

上手く書けるかわからないけど、
何かなんとなく感じ取ってくださったらすごい嬉しいです〜!!!


わたしが皆さんに、
情熱を持っておすすめしたい生き方。

 

それは、

規格外の素の自分そのままで
パートナーからも家族からもお客様からも周囲の人たちからも感謝されて愛されまくるしかないオンナ人生です。


もちろんどこまで望むかはご本人の自由だけれど、
ただのオンナに戻っていきながら、その自分を大切に生きていけば、
オンナなら誰でもそこまで行けるよ☆ということをより意識して伝えていきたいと思います。

 

f:id:santasantasan:20160709145341j:plain

 

今までのお客様を見ていても本当にそう思っていたんだけれど、
一昨日のセッションで確信したことがあって。


それは会社員をしていたり、主婦をしていたり(組織ではないけどママ友仲間とかね?)、
今属しているコミュニティの中で
なんだかなんとなく、上手く立ち回れないというか、
自分をどこかで抑えたり偽ってないといられない、
だから自分を大切にできなくてストレスになってる状況の方って、

その方がいわゆる問題児だからそうなってるんじゃないんですよね。


そうじゃなくって規格外な個性とか感性があって、
人よりも色々なことに気づけたり、感じ取ったりできるから。

それって才能なんだけれど、
そこが組織で働いていくには才能どころかジャマに思えるくらいのときがある。

「なんで皆フツーに割り切れるところが、わたしは上手くできないの!!!」とか、

それで自分を責めたり。

だから既存の規格(枠)になんとか収まろう収まろうとして
どんどん”デコボコの自分”をなだらかになだらかにしようとしてたりして。

「でも一番大事な自分に対してそこまでして、今いる場所に収まろうとするのが
本当に良いことなの?って思えて…」

って一昨日のセッションの方が何度もタオルを目に当てて涙していて、
本当にそうなんだよねって。

わたしも、めちゃめちゃ規格外だったから。

自分をふだん殺してないと、
はみ出てはみ出て仕方なかったんですね。

最初の職場って、それでもその規格外のわたしを自由に野放しにさせてくれて
だからこそ”規格外の素のわたしの才能”をスクスクと育ててもらえたんだけれど、

結果、膨張していよいよその組織の枠にも収まりきらなくなり、
そこで初めてギズギズしてしまったのです。

(何十万もかけて真理の勉強をしたり、銀座ホステスしだしたり

もう、自分の中の本能と衝動のまま突き進んだらますます規格外になってった^^;)


そのときに、

 

この、そのままの自分をもっと育てていくか、


適当に良いあんばいに収まる程度になるように(組織ではみ出過ぎないくらいまでに)

自分という芽を矯正し、摘んでしまうか??

 

どっちにしよう??って無意識にだけれど
選択に迫られたと思う。

 

それでわたしは、そのまま進むこと、育てていくことを選びました。

選んだっていうとカッコいいけど、ただ、こわいけどどうしようもなく
そっちの道にしか惹かれてない自分に気づいただけなのですが。笑


正直、このまま制限をかけずに野放しにしていってしまったら
どんな化け物に育ってしまうかわからない”何か”が自分の中にあったけど、
それを開放していく生き方を選びました。
それはもう、めちゃくちゃな恐怖だったけれど、どうしようもなくワクワクもしていた気もします。

 

結果、転職先では”会社員の自分”っていう仮面を作って、
”どんどん自分の衝動のままに突き進んで膨張していくホントの自分(=生命本能のままの自分)”を隠しながら、
なんとか上手くやろうとすることを試みたわけなんです。

まさに昨日の記事の
「両手いっぱいに、これまで培ってきたオプションを握りしめたまま新しいチャンスを得ようと」してたわけですよ。

あれって、自分だってやっぱり、やってたことなんですよね。


だけどもそうやって、
頭の損得計算で上手くなんとかやりこなそうとする”文明人のワタシ”と

その仮面の下の
生命本能の欲求と衝動のまま突き進んで誇大化していく”野生動物のワタシ”と、

どっちのが強力かって言ったら、一目瞭然。笑

 

結果、”野生動物のワタシ”が仮面で隠しきれなくなるほど誇大化してきて
会社員での仮面人生に折り合いをつけられなくなって、
今に至るのであります。


※当たり前ですが、会社員でいる人がダメってことじゃないです!
わたしは組織で自分を生かすことを両立させながら働いてる女性のことはめっちゃ尊敬しています。(自分ができなかったことだから。)

ただ女性が組織で働くようになった文化ってここ十数年足らずのことなので、
もともと感性派の女性が思考型の男性社会でもすんなり適応していけること自体
そもそもすごく難しいことで、適応できない人の割合が多い方が実は当たり前なんですよ、生命の歴史から考えたら、ってことですね。←だから、規格外の人は自分を責めなくていいんだよ!ってことですね

 

ちょうど昨日ですね、
その、規格外のわたしを育ててくれた職場(そして誇大化し過ぎて上司も手に負えなくなり、結果退職するしか当時は選択肢が自分に持てなかった職場^^;)に
遊びに行ったんです。

すごーく、皆さん笑顔で迎えてくれて、
元気ピンピンなわたしをすごく喜んでくれて。

そして店舗を持ってる会社なので、そこでお買い物をして、
1万円ほど、そこのある活動の寄付もさせていただきました。


それって、数年前、そこで育ててもらった規格外のわたしを、
わたし自身が諦めずに育てていった結果、

その【規格外の今のわたし】に価値を感じて下さったお客様から
与えていただいたお金でのお支払いなわけです。
生かし合いの中で循環してるお金なんです。


つまりわたしが、誰に認められなくても規格外のわたしを一人で育てていった結果、
数年経ってやっと、
当時お世話になった会社にも(本当にわずかですが)貢献できるようになったということで。

しかも元職場の先輩たちも、そんなこと(お金のこと)以上に
当時心身ともにボロボロだったわたしが
「少し痩せた気がするけど顔色がとっても良いから、元気でやってるの見てわかるわ〜!!*^^*」
ってとっても安心して喜んでくださって、
当時いかに心配させていたかがわかりました。

 

もしあのとき、
「穏便に過ごすために、嫌われない誤解されないように、
ここに収まる程度の自分でいよう。規格外の自分を捨てよう」
って自分を諦めていたら、
この今って存在してない。


ただ、どこかで不満と苦しさを持ちながら
組織に合わせて過ごし続けていただけ。


今回、今もイキイキと、
仕事と会社に誇りを持って働き続けている先輩や上司を目の当たりにして、
自分に折り合いをつけて不満を抱えてそこに居続けようとしてた自分が
いかに失礼だったかを痛感しました。

 

やっぱり、そこに“合う”人が、

 

その土俵で輝けばそれでいい。

 

わたしが今、以前の職場の方にも今の仕事を応援されたり、
旦那さんとも良い関係を築けていること、

そしてさらに

【ただのオンナな自分】で人様からお金をいただくことまでもできてるのって

わたしが心や真理の知識やカウンセリング経験があるからじゃないと思うのです。
それは二の次というか、プラスアルファでしかないのだと。

 

きっと多くの人と本当に同じ悩み、
自分がどこかで人と違うとか、ズレてるとか、適応できない感覚とか、
いろいろ感じ過ぎてしまうこと、
そういう自分を

矯正しようとしたんじゃなくて、
逆に育てていくことにしただけなんです。

 

てことは、育てていけばみんな、
オンナとしての幸せも、さらにそこから(それを面白そうと思う人は)
素のただのオンナな自分が人様のお役にも立てる
そういう生き方を実現できるんだと思うのです。


しかも全部、それぞれ別々に何かが必要なんじゃなくて
たった一つのこと(=ただの自分を大切に生きる)をやっていく延長線上に
勝手に開花されて展開されていくので、
本当、こんなに最高の生き方はないって本気で思う!

 

わたし、このブログを始めたとき、目の前の目的は

 

「なんにも立派なオプションを持って無くても、

 

そのまんまの自分で良いんだ、って心から思える人生がほしい」

 

だったんです。

その対象は、まずは自分。

まず、自分が自分に愛されたかった。

働いてないわたしでも、ちゃんと稼いでない自分でも、
家でダラダラしてるだけの自分でも
「そんな自分でいいじゃないか〜」って思える自分になりたかった。


そして、旦那さん。

愛される努力なんかしなくても、その自分で、

都合よくちゃんと旦那さんにも大切にされたかった。笑

それも、「オプションがちゃんとあった自分」が愛され度100なら、
「ただのオンナな自分なら80くらい取れればいいかな」みたいな妥協じゃなくて、

「いやいや、オプション維持に必死だったわたしでも100だったんなら、
それを手放した”ただのオンナ”に戻れば200くらいいくはずでしょ」

みたいな想いだった。笑

そうして今、実際そうなってる。

そしてまだまだ、300も400も行けると思う。(数字はたとえの話ですけどね^^)

 

それでその頃、ぼんやりと思ってたこと。

全く今の自分からは想像もできないけど、
自分→旦那→両親 とかって、
ただのオンナで愛される領域が拡大していったら、たぶん、

愛されるレベルを越えて価値を感じられるようになって、
お金やら必要なものやらはもう自然と入ってくるようになるんじゃないかな、と。


で、これも、本当にそうなってきてるし、

これからも規格外の自分を育てていけばいくほど、
その領域は拡大すると思う。
(その入り口が、わたしからか旦那さんからかどこからかはわからないけど^^)

 

それで一番思うこと。

わたし個人のためだけに、
こんな都合の良い話がおきてるわけない!!って思うのです。

わたしに関わる人が、わたしを見て
自分もそうなれるって希望を持てるようになるため。

そういう宇宙の采配なんだと、本気で思ってるから。

 

だから、

規格外の素の自分そのままで、

パートナーからも家族からもお客様からも周囲の人たちからも
感謝されて愛されまくるしかない”ただのオンナ”人生。


わたしはもっともっと、皆さんの中に確実にあるここの可能性を見据えて、
そこに向かうために何が今必要かとか、
その可能性ってその人にとっては具体的になんだろうかとか、
そういうものを探っていく姿勢でセッションをしていきたいなと思います。

そこに対して、「なんかいいな☆」って感じていただける方がいれば
まずはセッションでお待ちしています^^

(7月の土日のセッションは残枠が少なくなってきています。土日曜日ご希望の方はお早めにご連絡ください。平日は昼夜問わず比較的スムーズにご予約いただけます^^)

santasantasan.hatenablog.com

 

◎セッションへのお問合せ・お申し込み
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「セッションについて」などの件名でご連絡ください。
※万が一、2日過ぎてもこちらからのお返事が届かない場合は、メールの受信エラーなどの可能性があるため、お手数ですが再度ご連絡ください。 

 

それでは今日はわたしの単純なる宣言でしたが、
今日もお読みいただき感謝を込めて!
今日も良い休日を^^