読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

外から必死に身につけてきたオプションじゃなくて、「こんな自分ダメ」に思える部分にこそ、ホントのあなたの価値が眠っているという真実☆

今月は今日までの間で3人の方とセッションさせていただいたのですが、

全員の方が

★「仕事」について悩んでいて、
その仕事の悩みにエネルギーを割かれてしまうがために、

★「恋愛(婚活・パートナーシップ)が上手く行かなくなりかけてる(もしくはすでに失ってしまった・相手が見つからない、など)」

っていうパターンでした。

 

今、自分にとって一番大切にしなきゃいけないこと、したいこと、
ちゃんとわかってらしていて、
でも今はそこに向かえないほどに、

お仕事や、その中での人間関係に疲れきってらっしゃる。

以下はそのお三方に限らずなのですが、
なのでせっかく安定したお給与も、確実に与えられてるお休みもあるのに、

お休みの日は体を休めることに精一杯だったり、
身体を休めていても(もしくは気晴らしをしても)、

頭の中では休み明けの仕事のことでいっぱいだったり。


そのことで、自分にとって一番大事な彼や親や友だちに笑顔を向けられなかったり、
心に余裕がないからついつい話を集中して聞けなかったり、
そのことで心配かけてしまったり、
(自分が好きなことに向かっている上でかけてる心配なら、まだいいと思うんだけどね)

気持ちのスレ違いが起きてしまったりして、それにまた心を痛めてしまったり。

 

自分でも、
親や友だちに逢う時間とか
パートナーとの時間を大切にしたりしたいのに

気づけばいつも心を占めてるのは仕事のことだったりするんですよね。

 

そういう状況に、
「このままじゃいけない」

って思ってセッションに来てくれる人が多いなと最近感じてます。

本当に嬉しいなと思います。

 

きっとかつては仕事って、
社会に出て行くことを望んだ女性自らが掴みとった

”自分を幸せにするための選択肢の一つ”でしかなかったはずなのに。

今やすっかり、
”手放したら人間失格レベルの、究極の義務”的なように無意識に思ってる女性が
ほとんどではないでしょうか。

 

たぶんね、セッションでお話を聞いていてもそうなんだけれど、

「本当に本当に、会社員で働き続けないと、生きていけない状況」

って人って一人もいないんです。


仮に旦那さんや親がいないとか、
いても金銭的に頼ることができなかったとしても、
パートやアルバイトではどうしても生きていけないっていう人は

やっぱり一人もいない。

特に、この国においては。

いったん疲れた心身を休めるために離れるっていうのも、
失業保険だってありますしね!

 

だから話を聞いていると、悩みの原因の根本は
皆さんお金の問題じゃないんですよね。

そうじゃなくって、
会社員っていう立場を手放すことで、とか、
辞めるまではいかなくても仕事量を減らしてもらうお願いをするとか、
手を抜いてみるとか、

そういう”今、課されてるもの・立場を減らす(無くす)”ことで、

自分がどう見られるんだろうかとか、
誰かの迷惑になる心配(申し訳なさ)とか、

そんなことをするなんて、
自分がとんでもないダメ人間になってしまうんじゃないか
(なんか、踏み入れてはいけない領域に入ってしまうんじゃないか的な)っていう恐怖とか、

そういうものの方が、圧倒的におっきくて


おっきいどころか、もう、その恐怖がどんどん頭の中ででっかくなって
どうにもこうにもならないくらいにそれに支配されてしまうくらいのレベルだったり。


それが変とか大げさとか全く思わなくて、わたしも経験はしてるから、
その怖さってすっごくよくわかるんです!

上記に上げたことって、当時の自分の想いでもありますし。

 

でも経験してるからこそ、妄想だっていうこともわかるんですよね。

 
そうしてその”恐怖の妄想”って、
今の自分の世界の常識とちょっと違う道を生きようとすれば
(自分の人生を生きようとすれば)、
どこに行っても何をしてても、その都度出てくるもの。

だけれど進んでいけるのは強いからじゃなくて、

動いてさえみれば

「なんだやっぱり妄想だった」ってなる経験を過去に積んでるから、

こわいけど、進めるだけなんです。

 

そうして結局は、「なんか人と違うから自分ダメなんじゃないか」だったら
勤め続けようが、辞めようが、
自分に対する自分自身の評価の問題だったりするんですよね。

 

仮に今のあなたの周りが
会社員である人の方が珍しい社会で、
働いている人たちもみんな、
「手を抜いてやるのが当たり前でしょ??」
「人に迷惑をかけるって言うけど、その人もその職場を選んでいて、選択する権利をもってるからその人次第でしょ?」
っていう自律的な社会というか、雰囲気だったら、

(手を抜いて仕事をすることや会社員を辞めることを)即刻決断できる!!って思ったりしませんか?笑

 

だったら、自分なんですよね、やっぱり^^;

会社員という立場、いくら稼いでるっていう目に見えてわかる数字、
肩書とか役職とかっていういろんなオプションを
抜きにした自分の価値を、
自分が自分に対して育ててこなかっただけ。


自分を置いてけぼりにして
そのオプションの数を増やしたり、質を高める努力しか、してこなかっただけ。

 

その結果、今、
自分のために磨いて増やしてきたそれらが
自分を幸せにしたどころか足かせになって、身動き取りづらいなら、

そろそろホントの自分で勝負しようよ!

オプション抜きの、ただのオンナの自分自身で^^


それでそこから、本当に自分にとって大事なことに、大事な人に、
誰にどう見られようが、思われようが、
エネルギーも時間もお金もかけれるオンナになってほしい!

だからこそ、やっぱり、「自分を大切にする」の「自分」は
ただのオンナな自分なんです。


そして会社を続けるのか辞めるのかは、どちらでもホントによくって。

大事なのはそのときに、
両手いっぱいに貯めてきたオプションを握りしめたまま、
そのどれも手放そうとしないままに、

状況が勝手に変わったり、誰かが何かしてくれたり、
白馬の王子さまが現れたりっていう、

そんな魔法はないってことなんですよね。

 

手を抜きたい、でも
「あいつ急になんだよ」って嫌われたり誤解されたりしたくはない。

辞めたい、でも
「は〜、最近の若い人はホントに…」なんて思われたくない。

自分は今のままではイヤ、でも
人に迷惑をかけたくない。
(迷惑かけられる相手もまた、選ぶ権利を持ってる人間です)


そんな魔法はやっぱり残念ながらなく。><

思われたくない、誤解されたくない、こう見られたくない、
その想いが全部、自分が掴みとってきた、握りしめてるオプション。

それで両手いっぱいにして、
そのどれをも捨てないで、”今”から変われる魔法は
やっぱりどこにもないんですよね。

でも、セッションをキッカケにしてそのオプションを
少しずつでも捨てて自分の心のままに生きていこうと踏み出していった女性だけが、

オプションなんて無くても、いやむしろ無いほどに

愛されて、無限に幸せな未来をつくっていくことができる魔法なら

わたしは知ってます☆

それは、女性として男性にとことん愛されるっていうこともそうだし、
そのままの自分が商品になって、お金になるっていうこともそう。

それが本当に、誰でも、オンナであれば、できること☆

わたしもそろそろ、
「勇気を出してオプションを手放そうよ!!」って励ますステージは卒業して、
そんなものはもう、手放していく前提
(もちろん、そこに向かう不安や恐怖はあるままでいいのですが)で

その上で、
その人その人の個性とか経験を活かして
ただのオンナで新しい人生を創り出していくこと、、、
そこのサポートに、もっとエネルギーを注いでいきたいと思います。

 

ああ、なんかこれ(↑この最後の宣言)、

これが書きたかったんだ、今日、わたし。


悩んでる、肩を落として自信を無くしてる、
苦しんで涙流してるあなたが本来のあなたじゃなくて、その
「こんな自分じゃいけない」の部分にこそ、
その人の一番輝ける何かが隠れてると思うから。

ってゆうか、本当にそうなんです。

だからこそもっともっと、
「ただのオンナ」としての皆さんの可能性と個性を引き出していきたい、
創造して開花させていきたい、そのキッカケになりたい。

そう思います。


「今は悩んでるけど、自分って本当はこんなもんじゃないはず」、
「”みんな”と同じように割り切れない、こなせない、できない自分だからこそ、
できる何かがあるんじゃないの?」

そんな気持ちをわずかでも持ってる方、ぜひその自分の可能性を開かせに
眠ってる種を芽吹かせるために会いにきてくださいませ!
セッションでお待ちしています^^☆

(7月の土日のセッションは残枠が少なくなってきています。土日曜日ご希望の方はお早めにご連絡ください。平日は昼夜問わず比較的スムーズにご予約いただけます^^)

santasantasan.hatenablog.com

 

◎セッションへのお問合せ・お申し込み
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「セッションについて」などの件名でご連絡ください。
※万が一、2日過ぎてもこちらからのお返事が届かない場合は、メールの受信エラーなどの可能性があるため、お手数ですが再度ご連絡ください。 

 

それでは今日もお読みいただき感謝を込めて!
明日から良い休日を^^