読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

セッションをお申込み済みの方、ご検討中の方へ。今一度ご確認ください。〜わたしがセッションについてお願いしたいこと。

昨日ふと、ちょっと気になることがあったので、
改めてわたしのセッションに対する考えを明確にお伝えしておきたく、
記事にアップさせていただきますね。

どうかセッションをお申込みしてくださった方、
ご検討中の方は一度お目通しくださいますよう、
ご協力をお願い致します。

 

特にお申込み済みの方においては、
お読みいただいたうえで、
「何かこのセッションはわたしは違うんじゃないかな?」と思われた場合は、
すでにご入金いただいた方でも理由の如何なく返金させていただきますので、
どうぞお気軽にお申し付けください。

 

 

まず、個人セッションに対してわたしは2016年7月現在、
一定金額のお値段をつけさせていただいていますが、

これは【セッションをさせていただく90分という時間に対する対価】として設定しています。

ここを改めて、ご理解いただきたく思います。


セッション後も、自分自身を整理したり、行動をしていくうえで
「定期的に会ったりやり取りを続けていく方が自分にとってより良いな(向いてるな)」
と思われた場合は、
定期セッションがありますので、
そちらをお気軽にご活用いただければと思っています。
(定期セッションは、そのために作ったものなので^^)

 

完結に書くと以上です。

続きまして、そのことをあえて明記しようと思った経緯を書きますね。

(ここからは、ご興味ある方のみお読みください^^)

 

わたしは基本、セッションや他の過去の企画に来てくださった方は
勝手にファミリーのような大切な存在に思ってますので
(皆さんがわたしに対してそう思う必要はもちろんないです^^)、

セッション後も、「状況やお気持ち好転されたかな〜」とか、
「あの方は今どうしてるかな〜元気かな〜」とか
普通に思い出したりします。

なので、メールなどで嬉しいご報告をいただけることは
とてもとても嬉しいですし、有難いことです^^

 

そして、わたしは本当にお客様に恵まれていまして、
おそらく皆さんその線引きをなんらか感じ取ってくださっていて、

・セッション90分に集中して、そこからご自身で歩みはじめて下さるか、
・定期セッションに申し込んで、お金をかけてでもご自身のためにわたしを活用しようとして下さるか、


そのどちらかで、
とにかく分別をもってこちらの立場を慮って下さる方がほとんどなので
本当に有り難く、お仕事がしやすいです。
(いわゆる”嫌なお客様”みたいな人は一人もいないです!)

 

ただ、先日、セッション後、

報告とも宣言とも違う(宣言というのは、がんばります!とか、それでご本人の中で完結しているもの)、

お友達に気軽にふらっと仕事場のグチを伝えた、みたいな、
つぶやきみたいな感じのメールをいただきました。

そうしてそこには「自分がダメで」みたいな一言ことは書いてあるのですが、
本当にそう思ってる??と感じました。(ご本人にも言いました)なぜって、本当にそう思ってたら気軽にメールなんてたぶん出来ないからです。自分に絶望して。ただ文章からだけでも、やっぱり本気度って伝わります。


で、これは、わたしは自分の世界から排除したい現象です。

(その人を排除したい、じゃないんです。その人にそう気軽に言わせてしまう自分の今の世界を排除したい、ってことです。)

 

わたしがご報告メールや宣言メールを見ていて純粋に本当に嬉しいし誇らしいと感じるのは、
皆さん、そのメールをわたしに送ることで、
自分で自分を発奮させたり、自分で自分を認めたり、
自分とますます向きあおうとしてると思うからです。


「真穂さんに宣言しちゃったし、やるっきゃない!」とか、
「うんうん、わたしなりにこんな風に進めてるからきっと大丈夫だ(不安もあるけど、がんばろー!)」

みたいな。^^


そこには、たとえば大変なことがあったとしても、
わたしがただただお伝えしている「全てのことは自分次第」を、
そうは思えなくても前提として持って、外側のせいにせず、
自分の在り方を変えていこうとされてる姿勢を感じます。

 

だからこそ、おそらくそのことで自己完結していて、
わたしに何か言って欲しいとか、
返事を期待してる感がほとんどなく、
皆さん気持ちが良いくらい
非常にスッキリ・サラッとされてる感じがします。笑


わたしもなかなかお申込みやメールの数など増えてきて
お返事が遅かったり、しそびれたり、
ブログでご紹介してお返事がわりにするくらいしかできなかったりしてるので、

皆さんのその自己完結なスタンスが本当に本当に有り難いんです。

(お返事できてないときも、「ありがとうございます!もっと◯◯さんがハッピーまみれになりますように!!」って念波は送ってます!笑)

 

だからこそね、セッションが終わったあとのグチというかつぶやきメールは
ちょっとズルいな、って思うんです。


それは、その姿勢の中に
外から誰かに(わたしに、だと思うんですが)何かを言ってもらえることを
どこかで期待してることを感じるから。

そうしてそれはやっぱり、
外側のせいにして、
自分と向き合うことから逃げてると思うから。そんな自分なんかもう卒業!!後はない!!くらいの本気度でセッションで自分に対して向き合ったか?それがもっとできたんじゃないのかな?と思うんです。(つまり覚悟の問題です)


それで、それならそれで、「ああ、今の自分は一人ではまだまだクセが抜けないんだな」と
淡々と受け入れてしまって(別に自分を責めることではないですもん)
定期セッションなど使ってもらえればと一応伝えてるんですが、

それはされないのです。

たぶん、定期セッションなんかしたら(なんかって言い方もどうかと思いますが^^;)
逃げ場がなくなるからかなあと思います。

 

昨日感想を一部ご紹介した定期セッションのお二人なんかは、
その「逃げ場がない(=自分で自分を愛して満たして幸せにして生きる自分に戻るしかない)」を、あえて望んで申し込まれたからこそ、
肚が括れてああいうステージアップになるんだと思っているんです。

(もちろん個人セッションだけでそこから自分で進まれる方もすごいんですよ。どっちが素晴らしいじゃなくて、人それぞれ進み方は好みでいい、ってことです!!)

 

そうしてね、振り返って思ったのが、

その方は、セッション中、完全には心を開いてくれてない気がしたなって。

そしてその傾向って前にも一度感じたことがあって、そのときも
お相手は40代とか、かなり目上の方じゃないんです。

同年代である30代のわたしより少し年上の方なんです。
当たり前ですが30代はダメよね!とかって言ってるんじゃないですよ?!


これ、一見「え?(逆じゃないの?)」と思いませんか?

年齢の行っている方ほど、プライドが高くて変われないものじゃないの、と。

 

でも、違うんです。

 

というのも、
わたしの個人セッションに申し込んでくださる方は、9.5割以上40代の方なんですが

(今までは20代が1名、30代は2名のみ。)、

この方たちは本当に、若輩者のこちらが恐縮してしまうくらい、
心を開いて謙虚な姿勢で向き合ってくださるんです。

 

というのもおそらく、
写真も年齢も載せてるわたし(=自分よりある程度年下)に15000円払って逢いに来ようと決めてくださってる時点で、
変なプライドとか無い方なんだと思うんです。

それがあったら、申し込めないと思うんです。

そんなものよりも、
自分を大事に生きたいとか、自分をより良い方向に行かせてあげたいとか、
もっと自分自身に集中されてるんです。

 

だけど、その数名のわたしより少し年上の方たちは、
表面上、わたしを立ててくださったり、
気さくに笑顔でお話してくださっていても、

「ダメと思われたくない」
「わかってないと思われたくない」の気持ちや

防御線みたいのを感じます。

だから、お話していて気づいたことをお伝えしても、

「あ、昔は確かにそうだったんですけど、自分でも気づいていて、だから最近は違くって」

とか、

「ああ〜そうだよね〜☆(わたしちゃんとわかってるから〜)」

というような感じで、話がブツ切りというか、ちょっと表面的に終わってしまうことが以前あったんです。変にオトモダチ的な関係性を作ろうとしたりとか。(今回の方がそうと言うと訳ではないですよ)

そしてそこを踏み越えてみようにも、切り込みきれないわたしの実力不足もあります 


それでですね、わたしはこれが、

本当に、

心の底から、

下らない!!!(もったいない!!!)

って思うんです。

 

だって、せっかくお金をかけてまできてくださったのに、
自分のそのよくわからないプライド(たぶん、自分の友だちとさして変わらない風貌のわたしに、何か自分の弱さを気づかれたくない、みたいな想いなのかと><)を優先させてしまって、
ガードを張ってるから、受け取ってもらえないんですもん。

そのよくわからないプライドこそが、人生をこじらせてる最大の要因なのに!!!><

それを取っ払う、格好の機会なのに!!!

 

もちろん、受け取らないのはその方の自由なのでも良いのです。

でもその結果、

セッションが終わったあともあまり良い流れには乗れなくて、

つぶやきメールにつながってしまうのじゃないかなって。


それは、わたしはイヤ(そういうふうにはさせたくない)なので、
それなら最初からガードをはずして90分に集中してもらうか、
そもそも申し込みをされないよう、わたしがわたしを開示しておいたほうがいいと思ったんです。

だってそんな風になってしまうなら、わたしではないんです。きっと。
その方にとって、”良い相手”というのは。
相性もあるし、お金ももったいない想いをさせてしまいます。

 

 

もし、こんなスタンスのわたしに対して

「偉そう」「性格が悪い」「そこまで言うことなくない?」と感じる方は(←別に間違ってないと思います!そのとおりだと思います!)、

きっとお互いにとって良い時間を持てないと思うので

なので一度セッションに申し込んでしまった、入金してしまった、という方であっても、
返金の希望があれば対応したいと思ったのです。

 

 

こういうことを書いたら、ひとは離れていくかもしれないし、
誤解されて30代の人の申し込みがなくなってしまうかもしれないです。

でもそれでも、

わたしはこんなわたしでも必要としてくれて、
わたしにというよりも、わたしを通して自分に
素直に心を開いて向き合おうとしてくださる方に、
時間とエネルギーを使いたい。

(だって、そこが基本にないと、受け取ってもらえなくて、結果、現実も心も変化しにくいから申し訳ない。)

 

わたし、ブログの印象でこわいかもなのですが、
ジャッジをしたり、批判したり、ダメ出ししたり、取って食ったりはいたしません。

ただ、そのダメ(とご自身が思ってる)あなたは本来のあなたじゃなくて、
だからこそいくらでも変われるし、
いくらでも幸せになっていい存在だということに気づいてもらって、
自分を大切に、女性として輝いてもらえたらなあと思うだけです。

 

わたしなんか、ただのオンナで、皆さんの長い人生においては
”ちょっと通りすがりにいた人”くらいなもんです。わたしにとっては大事な人になりますけどね。

そんなわたしによく見られようとか、マジどうでもいいじゃないですか?

それよりも、”なんちゃらの恥はかき捨て”じゃないですけど、
すっぱだかに弱さも性格の悪さも(あるなら)晒していただいて、

今後の人生で出逢うあなたにとって本当に大切な人たちに、
よく見られる、大事にされるあなたに生まれ変わってほしいわけなんです。


わたしが今回違和感を感じたその方にも、メールしました。


自分から逃げちゃダメです、って。(セッションのときにも言ったんだけれども。)

「そんなことわかってるけど出来ないから困ってる」という想いがもし湧き出ても、
それは本当のイミでわかってない(わかりたくない)くて、

本当にわかるというのは、一度その自分を本当に直視して、
絶望も伴うものなんだと。

そこで死にたいくらいみじめになったり情けなくなったりしても、
そこから不死鳥のように再生できるのがオンナの強みなのだから、
あなたにもその強さがちゃんとあって、だからこわいと思うけど本当に変わりたいなら自分を直視してみてと。
 
受け取ってもらえるかはわかりませんが、
自分さえ本気になれば今がどうであったって、
誰でもその瞬間から変われるので、
わたしは勝手に大いにその方の明るい未来も期待しております^^
 

f:id:santasantasan:20160705114707j:plain

(こんなわたしですが、それでもよろしければよろしくです。みたいな気持ちの画像。)

 

めーっちゃ長くなってしまったのですが、
ただのオンナのくせに細かい、
セッションに来てくださる方にわたしが望むことを書かせていただきました。

ご理解いただける方は、いつでも心よりお待ちしております!

 

(7月の土日のセッションは残枠が少なくなってきています。土日曜日ご希望の方はお早めにご連絡ください。平日は昼夜問わず比較的スムーズにご予約いただけます^^)

santasantasan.hatenablog.com

 

◎セッションへのお問合せ・お申し込み
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「セッションについて」などの件名でご連絡ください。
※万が一、2日過ぎてもこちらからのお返事が届かない場合は、メールの受信エラーなどの可能性があるため、お手数ですが再度ご連絡ください。