「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

進んでる道はきっと間違ってない、と思えるのは。

昨日の日曜日、定期セッションを受けてくださってる2名の方から
とてもステキなご報告メールをいただきました。

どちらもお互いに面識はないし、年代も状況も全然違うのに、
ふたりとも過去や家族に対しての想いに気づいて、
それに蓋をしないで自分を受け入れるということをされてました。

そしてその結果、ふたりとも、

自分ごめん!!(全然自分のこと思ってあげれてなかったんだと気づいた)など

おんなじようなことを言ってるのがウケます。笑 

かなり具体的なことが書いてあったので公開はできないのですが、
一部だけちょこっと引用^^

 

Yさん↓

なんだかこれまでの自分ごめん!と思いました。(中略)

これからは、もっと自分の気持ちを大事にして、自分の選択を信用したいので
怖がらずに、遠慮せずに、感じていこうと思います。(中略)
まだまだ気づくことがたくさんあるだろうな、と思っています^^
どんどん変わっていきたい!
またアドバイスなどあれば教えていただけると嬉しいです。

 

Hさん↓

私は今まで自分のことを全然思ってなかったんだという感情と、 そんな自分や、今もこんな環境に自分を置いておく自分が本当に情けない気持ちがわーっと溢れてくるような感じになり、しばらくしたら、すっきりして、ゆううつな気持ちもなくなりました。(中略)

真穂さんのセッションのお問い合わせが立て続けに入っていると聞き、なんかすごくうれしいです(^-^)
ますます活躍されること、応援してます!

 

いただいたメールを何度も読み返して、
おふたりとも、なんだか一つ山を越えたんだ〜って、
お母ちゃん嬉しい;;みたいな、なんだか勝手な母親みたない気持ちに。。。←迷惑。笑

 

お二人が自分ごめんとか、自分のこと考えてあげれてなかったとか、
ハッと気づいたとき、きっと自分を無条件に愛おしく思える気持ちが増したと思います。

そうしてお二人がその気持に自然となれたのは、
自分で自分の過去つらかったことや、思い出したくないことが出てきた時に
そこに蓋をしなかったからだと思います。

(本当に示し合わせたようにふたりとも、メールの内容が似てました)


お二人にも大絶賛メールを返してしまいましたが、

多くの人はここで、その「感じたこと(思い出したこと)」に蓋をしてしまいます。

「もう済んだことだし」「今更」「もう大人なんだし」
「あのときのことはもう許せたから」とか、
そういう思考(頭)で無かったことにして逃げてしまうんです。

あと、なんか分析し出したりとかね。^^;

 

なぜ逃げてしまうのか、分析しようとしたりしてしまうのかというと、
そんな弱いとか、みじめな自分を見たくないからです。


嫌な気持ちになりたくないし、だから蓋をしたままにして、
”解決したこと(済んだこと)”にしておく方が、
心にさざ波が立たないで済むから。


結局、ここが分かれ目なんですよね。


お二人だってきっと、今はスーッとしてるけど、
そこに行き着くまでに
触れたくないできれば思い出したくない感情が

いっぱい湧き出たと思いますよ。

だけど本気で自分を大事に思いたい、
そのままの自分を愛せるようになりたいっていう人は、

そこから逃げない。

そこを、感じてあげようとする。

その、子供の全てを受け入れてあげるような母親みたいな強さを弱い子供のような自分に対して持てた時、
女性はすっごく変われますよね。

現実も、時間差で必ず変わっていくしね。

わたし、そんなやり方とか伝えたつもりないですけど、
ちゃんと何が今、自分にとって見過ごしてはいけないか、
肚を据えて向き合うべきなのか、

やっぱり女性は自分で自分に対して本気になれば、
みんなわかることなんですよね。

だから本当に、何度も言ってるように知識じゃないし、情報じゃないし、
テクニックやノウハウじゃない。

わたしのこのブログや、逢っていただいたときの姿勢に何を感じてもらえるか?
だと思います。

それはわたし側の在り方も大事だけれどやっぱり、
その人がいかに素直に”感じ取ろう”としてくれるかにかかっているんですよね。

だからこそ、上記のお二人は本当にすごい!!って思います^^

これから先、まだまだ変化されていくんだと心から思えます♪

そしてそして、直接お逢いしたことはないけれど、
再びブログでご紹介してくださったkeikoさん。
(keikoさん、いつもありがとうございます!!)

blog.minimalist-switch.com


お二人のくださったメールは個人情報がたくさん入ってるので今回は
「こういう感じです」ってお見せするのは控えようと思うんですが、
keikoさんがちょうど「そうそうこういう感じ!」っていう記事を更新してくださってました!

なんか、読んでいただければわかると思うんですが、
淡々と過去の自分を明らかに見ているでしょう?

お三方ともほんとそうなんですよね。

そこに「自分が悪かったんだ…」「わたしは不幸だった…」とか、
「つまりわたしは…」とか、
余計なものを挟んでない。

この”余計なもの”に気づけるかも、感性なんですけどね!


それはもしかしたら、
「蓋を開けよう(自分の全てを愛そう)」という覚悟をもったオンナだからこそ
やってのけることができることなのかもしれない。


そして昨日の記事を見て、
セッションに申し込んでくださった方もいて。

昨日の記事なんて、
耳がイタイ人にはきつすぎるかもしれない内容じゃないですか。

わたしも「わたし、キツ過ぎ??」って思って、
また読者減っちゃうかも、とか思ってたりして、でも。

伝わる人にさえ伝わればいいと覚悟してわたしも書いてるから、
自分から変わっていこうということに対して
わずかでも覚悟して踏み出してくれる人が集まってきてくれる。

応援してくれる。

何が正しくて何が間違ってるかはわからないけど、
少なくともわたしが思う
「こんな風に女性が本来の姿で輝いたらいいな」という世界に

共感してくれたり、そこに向かっていってくれたり、
そしてそのことで自分を好きになっていってくれる方たちの存在そのものが

進んでる道はきっと間違ってないんだろう、と思えます。

しかも、こんなに、その姿を見させて頂いてることで
喜び深い人生を送らせていただけて。。。。


あー、なんか本当に感謝だけで、
なんだか今日は記事がぽやーんとしてまとまってないですが。。。

いつもみなさん、本当にありがとうございます。

これからも、こんなわたしですが、どうぞよろしくお願いします。


今日はこれから、久しぶりの再会をまた果たしてきます!

楽しんできますねー♡

f:id:santasantasan:20160704161624j:plain

みなさんも、今日もよい一日を!!^0^/

 

(7月の土日のセッションは残枠が少なくなってきています。土日曜日ご希望の方はお早めにご連絡ください。平日は昼夜問わず比較的スムーズにご予約いただけます^^)

santasantasan.hatenablog.com

 

◎セッションへのお問合せ・お申し込み
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「セッションについて」などの件名でご連絡ください。
※万が一、2日過ぎてもこちらからのお返事が届かない場合は、メールの受信エラーなどの可能性があるため、お手数ですが再度ご連絡ください。