読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

恋愛力アップと自分を大切にすること、双方に効くちょっとした心がけ。

自分を大切にする パートナーシップ

今日は定期セッションを始めてくださったお客様に
今朝お送りした恋愛やパートナーシップに関するメールをもとに
記事を書きますね。


初回のセッションを受けてすぐに、
「周りや大事な人に遠慮せずに、自分の本音や”したい”を素直に伝える」を
彼氏さんに実践してくださって、
彼氏さんにすんなり受け入れられて嬉しかったという体験をされたYさん。
(すばらしい〜〜^^♡)

 

Yさん自身はコミュニケーションがニガテとか、親との不仲なども無く
大きな問題は外側にないのですが(すごい可愛い人なんですよこれが。)、
「もっと自分を大切に生きれるようになりたい^^」と
前向きな気持ちで定期セッションに申し込んでくださいました^^

 

最近恋愛系のご相談が他の方からも急増してまして、
恋愛だろうがパートナーシップだろうが転職だろうが
基本は「自分を大切にする」が全ての成就に繋がるので
(むしろそこを除いては何事も上手くいかない)、
それが皆様にもちょっと伝わるメールかなと思います。

 

ちなみに定期セッションは、一度個人セッションを受けてくださった方が、
「よし!自分を大切に生きていいんだ!!」と
自分にとっては何をしたらいいかやその勇気をつかんだものの、

いざ会社やパートナーの前に戻るとだんだん以前の「自分を大事にしないクセ」が戻ってきて
つい自分をないがしろにしてしまったり、
がんばり過ぎの自分に戻ってしまったりしがちなところを、


そうならないように「振り切る(過去の自分を!)」のサポートになればと始めた2ヶ月間のコースです。

期間中はメールのやり取りも受け付けていて、

でもそれは悩み相談というよりも、
行動が前提にあって、それを加速させていく感じ。

(「怖くて行動できません〜」「ダイジョウブよ!!がんばって!!」
なんていくらメールでやり取りしててもちっとも話が進まずあっという間に2ヶ月終わるのでね

 

ホラ、よく、どんな優等生でも一度ヤンキーとの縁をもったら
あっという間に染まっていくっていうじゃないですか。←悪過ぎるたとえ。


おんなじように、「自分を大事にしない(=他人や組織優先)」が当たり前の環境に常に身を置いてるから戻ってしまうだけで
その中に「いやいやそうじゃないでしょ」って世界観の人との繋がりが一人でもできると
「自分の中の常識」が変わっていって、
同じ環境の中でも自然と、
自分を大切にする行動ができるようになっていくもんなんです。

で、行動してみたらわりと、
本当周りは気にしないもんなんだな(気にしてたのは自分だけ)って実感できるしね。

それさえわかったら、後は定期セッションが終わっても、
自分の足で進めるはずだから^^

 

前置き長くなりましたが、とりあえず送ったメールを貼り付けて、
解説を後に入れますね〜

 

 Yさん

 
お世話になります。
遅くなってしまいましたが、昨日ご入金を確認させていただきました。
お忙しい中ありがとうございました^^
 
彼氏さんとの◯曜日のこと、遅ればせながらひとつ思ったことが!
 
嬉しかった〜って思った時に、「嬉しかった〜」いつもの3割増しくらいのイメージで表現すると良いかもです☆
セッションでお話したかもなのですが、
わたしがわたしを生きてないでいつも遠慮がちだったところから自分を大切に生きると決めたとき、
自分満たしともうひとつ、
嬉しいこと、嫌なことをちゃんと相手にわかるように表現するっていうのをコツコツやっていきました。
 
嫌なことは最初はハードルが高いと思うので、嬉しいこと、喜びから^^
 
というのもやり始めると、意外と自分で
「何が嬉しくて何が嫌なのか」が自分自身もわかってない(感度が鈍っている)ことに気付きます。
 
表現しよう、と意識し出すと、その感性が戻ってきて、
感性が戻ってこないことには、自分を大事にする=自分の快不快を尊重する
ことがそもそもできないので、
表現しようとすることでその感性を取り戻す、その一歩にすごく役立つと思います^^
 
あともう一つの効果効能(笑)としては、
彼氏さんにとって、「何をしたらYさんを喜ばせられる(笑顔にできる)のか」が
明確に伝わるってことです。
 
それがわかって、かつ、彼氏さんにとってそれがそんなに難しいことでなければ(嫌なことでなければ)、
「ああ、こんな簡単なことでYは喜んでくれるもんなんだな〜」
ってわかると、それをすすんでやってくれるようになると思います^^
 
男性って、好きな人には笑顔でいてほしいし、
仕事も忙しいから、ややこしいことは極力避けたいので、
「何をしたら笑顔になってくれて、何をしたら不快なのか」がわかると
むしろ男性側が助かる!!と思ってせっせとそれをしてくれるようになります。
(もちろん、男性側にとってハードルの高いことでなければですが)
 
Yさんが遠慮がちだったということは、
彼の何がYさんにとって嬉しいか(ただ一緒にいられるだけでこんなにも嬉しい、とか)が
全く伝わってない可能性もあるので、3割増し表現、オススメです^^
 
※Yさん賢い方なのでわかると思うのですが念のため、
ただ表現するだけで完結で、相手に「わかってもらおう」っていうことではないです^^
 
全部セッションのときに話してたら、重複してしまってすみませんが、
何かヒントになれば幸いです^^
(一部引用ここまで)

 

 
<解説> ←笑。というほどのもんでもないんですが。笑

自分を大事にできない、自己肯定感が低い、という方の多くは
「自分を表現しない・本音や感情を出せない」
という人が少なく無いと思うんです。

その背景は
「本音を出したら嫌われるかも。人を傷つけるかも。空気を乱すかも」
ではないかと思います。
優しいし、感性が豊かなんですよね、皆さん。
それが、自分のためではなく、他人のために行使されてる状態か、
もしくは自分を守るために
そのせっかくの素晴らしい感性を閉じた状態にある人が少なくないと思います。
 
そうすると、Yさんは違いますがパートナーがいない方などは
「可もなく不可もなく」みたいな印象になりがちです。
「優しいし、良い子なんだけど何考えてるのかよくわからない。でもまあ、なんでも受け入れてくれるしラクでいいか〜」とかで、
大事に扱われなかったりとか。

もしくは、感性を閉じたまま、
思考(頭・テクニック)でなんとか自分も好きな人もコントロールしようとし過ぎていて、
「めんどくさいこじらせオンナ
(自分で感性を閉じてるから、良いオンナを演じても
あるとき感情が爆発したり、
頭がパンパンで相手の立場や想いを慮れなかったりしてしまうため)」
と思われてしまうことも。

真逆なタイプなようで、実は根っこの問題はおんなじ。
自分を(自分自身が大切に尊重して)生きれてないからこういうことになります。
 
なのでなんだかいつも気になる人の心を射止められない女子(もしくは付き合えても大事にされてない感がある)
orこじらせ女子などを脱するには、まず、
自分で自分の感覚や感情を大事に尊重して扱うことからなんですね。
 
 
ところがたぶん大体の方は、
普段自分を抑えてるので、
感度が鈍って自分に対して鈍感になっていて、
何が嬉しくて何が嫌なのかさえ曖昧になってる方がたくさんいると思うんです。

何がいい?とか聞かれても、無難にとか嫌われないために
「なんでもいいよ〜^^」とか言っちゃったりしてませんか?

本当になんでもいいならいいんですけど、これなんてまさにそう。
「◯◯がいい」って白黒ハッキリすると、リスクがありますからね。

これはいつもリスク回避し過ぎてて安全なようで、
結局ほしいものが実は何も手に入らない手に入らないパターンです。。。
(あれ、なんかちょっと昨日の記事とつながってるかも)
 
 
文中の「自分の好き嫌いを表現する」は、だからこそ、
自分で自分の機嫌を取ることから逃げ続けていつも相手に委ねる
(委ねるわりに実は文句を溜めたりして委ねきってない)パターンから脱却して、
自分の快不快(嬉しい・イヤだ)を自分に対しても外に対しても明確にする、
つまり「自分(の感じること全て)を尊重する=どんな自分をも大切にする」を実践する最大のベースになります!
 
文中のとおり、「イヤ」はハードル高いと思うので、「嬉しい」から。

(でも、「イヤ」も相手に示さなかったとしても、自分ではちゃんと感じてあげないとダメです。無視しないということね。)

f:id:santasantasan:20160629163925j:plain
(長いので、ちょっと写真で休憩。笑 先日のセッションの時にいただいたフレンチトーストです☆)


 
もう一つは、
文中のとおり、「相手(男性)に自分のことが明確に伝わる」というとこです。
 
これね、過去記事にも書いたことと基本同じなのですが
パートナーシップに悩んでる人にはデカイです!!笑
 
ほんとにね、男性は忙しいんです。
素敵な男性であればあるほど、仕事とか、友人とかとの交友関係も大事にするし、
不況不況って言われてるから、若くたって責任やプレッシャーは少なくないし、
そんな闘いの日々の中で、オンナの機嫌ばっかり取ってられないんです。

だけど、奥さんや彼女さんのことを、大事に思ってないわけじゃない。
そりゃー、笑顔にできるものならしてあげたい、と思ってくれてる。
 

だから「パートナーが何が嬉しいか(イヤか)」が明確にわかって、
それがそこまでハードル高くなくできることならば
トラブル(←彼女がブチ切れるとか泣くとか機嫌悪くなるとか)は極力避けたいから
それを一所懸命、やってくれるようになります。
これ、本当に!だってそのほうがラクだもん。男性も。
 
わたしもこれを積み重ねてきた先に
こちらから言わなくても彼のほうから、
望んでることにピンポイントのものを与えてくれるようになってくれたし、
彼としてもいつもわたしがゴキゲンなので仕事に集中できるし、
双方ゴキゲン&ラクなんです。平和が保たれます。笑
 
 
それで、大事なポイントは、以前の記事でも何度か書いていますが、
「言いっ放し=相手に応えてもらうことを求めない」
です。

ただ、言いたいから言う。それだけです。
それだけなので、相手が応えてくれなくても、
ブチ切れたり不満を溜めたりになりません。
 
求めないというか、本当に自分で自分の機嫌を取る、
自分の感じたことを自分が認めてあげる、をやっていたら、
伝えただけで満足して応えを求めなくなるんです。
 
それが、テクニックとして受け取って、
「伝えたら変わってもらえるんだ!!」とか
また「わたしの幸せあなた(外側)次第」のマインドに戻ると、
その魂胆ってちゃんと相手に伝わってしまうし^^;
見返りを期待されたら応えたく無くなりますよね、男性も。
 
ただ、自分が自分の快不快を認めてあげる、自分のために伝えてあげる、
そこまでです。
その潔さ、自分で自分を満たす肚の座りが、
男性側をも「与えたい」に自然に導いていくことになります^^



本当に、「自分を大切にする」が全てのベースではあるものの、
仕事なんかは、我力と気合を込めれば、
なんだかんだある程度、成果を出せちゃうものです。

だけど、そうは問屋がおろさないのが恋愛。
 
現在パートナーがいる方だけではなくて、
今恋愛中の方にとってもベースは同じで、
「出逢いがない」とかは問題の本質じゃないんです。

そのままのあなただったら、
いくら出逢いの数だけ増やしても結果は変わらない。
ということは、逆を言えば、
自分が変われば出逢いもパートナーシップも全てが変わる☆

だから、恋愛が何か上手くいってないとか、
もっとより良くしたいと思う部分があるのならば、
自分を大切に生きること、ただのオンナに戻ることに
素直に取り組んでいくほうがよっぽど早く
全てが巡りだすことになりますよ☆
 
昨日もそこ(恋愛系☆)に一度本気で向き合ってみようと、
2名の方からセッションの申し込みがありました^^
「わたしも…!!」と思った方は
どうぞお気軽にお申込みくださいね。
(定期セッションも始まったので、土日のセッション枠の残りが少なくなってます。土日曜日ご希望の方はお早めにご連絡ください。平日は昼夜問わず比較的スムーズにご予約いただけます^^)

santasantasan.hatenablog.com

 

◎セッションへのお問合せ・お申し込み
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「セッションについて」などの件名でご連絡ください。
※万が一、2日過ぎてもこちらからのお返事が届かない場合は、メールの受信エラーなどの可能性があるため、お手数ですが再度ご連絡ください。 

 

それでは今日も長くなりましたが、お読みいただき感謝を込めて!
全ての女性が素敵な恋愛を通じてますます輝きを増しますように♡