「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

自分を大切に生きたら「人生そんなに甘くない」の方が嘘です☆

土曜のセッションのことや、お客様にいただいた感想や、
ご紹介させてくださいと言っておいてできていないものがたくさんあるのですが(すみません!)、
まずはこちらから><


昨日、ミニマリストのkeikoさんからブログでご紹介いただきました^^

blog.minimalist-switch.com


以下、文中より抜粋↓

仕事のみならず、その他の面でも
この「自分を大切にする」ことがもたらす大きな効果を
感じています。

 

「自分を大切に生きる」といえば、この方(真穂さん)のブログ。
もう、いつ出会ったのか忘れてしまいましたが
一気に全記事読みました。

きれいにノートに取ろうとしていたけれど
それすらもどかしく、汚い字で一気に書き殴っている自分がいました。

ブレそうになる時、本当にこれでいいのかと不安になる時は
同じ記事を何度も読み、グイッと元に戻しました。

自分を大切に生きていきたい!と思う方
ぜひ読んでみてください。

(※間にブログへのリンクを貼ってくださいました)

私の探究は「これから」という段階です。
もとの自己否定がキツすぎて、やっと序の口に入ったかな?という
ぐらいの場所にいるのかもしれません。

しかしそれでも、このような変化が起きるということに
自分でもビックリしています。

 

keikoさん、素敵なご紹介をいただき本当にありがとうございました!
こんな想いを込めて読んでくださっている方がいたとは、と、
本当に嬉しかったです。


記事によると、keikoさんは、自分を大切に生き始めたら、
それまでブラック企業とばかり縁があったのが、
今は信じられないホワイトな企業で働けているのだそうで。

keikoさんいわく、地元にはそうしたブラックな企業がほとんどで、
今の職場のほうが珍しいのだそう。

(珍し過ぎて、「地元にこんな企業があるなんて...!と心底驚いています。」と書かれていました)
すごいですよね〜!!^0^

 

よく、
「人生そんなに甘くない」「そんな都合の良いことばかりじゃない」
って言うじゃないですか。

それが常識だから、
「王道から外れないように」と、
自分を偽ったり、すり減らしたりしてまで努力するんですよね。

(※努力するのが悪いのじゃなくて、方向性の問題です)

でもあれ、嘘だなあと思います。

自分を本当に真剣に、大切に生きたら、
自分にとって、
「人生甘いことばっかり」
「都合の良いことばっかり」
です。

f:id:santasantasan:20160627120910j:plain

 

「そんな良い条件は滅多にない」というのは、
つまり「ほとんどないけどわずかにあるかも」っていう世界があるっていうことだと思うんですけど、

自分を大切に生き始めたら、その、
”滅多にない”のほうの世界に
自分がいつも入れてしまうんですよね。


わたしも、このブログで紹介してきてるお客さんだって、
みんなそうですよね?

バツ2なのに11歳年下の彼氏に出逢ってものすごい大切にされるようになったとか、
転職活動しなくても自分に都合の良い仕事があちらからやってきたとか、
好きなブログを書いてたら無名なのに商業出版の依頼をされたとか(※旦那)、
わたしもこんな好き勝手やっていても、お姑さんも何も言わないし(むしろ仲が良いし)、

これが「一般論」だったら
「バツ2だから(そんなカンタンに良い人に巡り会えないだろう)」
「転職3回越えてしまったから(今度の転職は難しいだろう)」
「無名だから(そんな都合よい話来ないだろう)」
「嫁だから(こんなことしてたら姑が許さないだろう)」

ってなりそうなところが、そうならないんですよね〜。


keikoさんもきっとまさにそれで、
大病もされたことで本当に自分を大事にすることに真剣に生き始めたら、
「普通だったらなかなか有り得ない」ところに
スーッと導かれていったのだと思います。

でもそれは、社会や人のせいにしないで、
他人の目や誰かの評価を気にすることをやめて、
自分が自分を本当に真剣に大切に生きたから、
keikoさん自身が動かした現実なんだと思います。


そういうすごくシンプルなカンタンなことなんだけれど、
それでもたぶん、そんなに簡単には突き抜けられないのは、
社会や人や親のせいにしないってこと、
他人の目や評価を気にしないってこと、人と違うことをするってことが、
実は人間にとって一番怖いし難しいからじゃないですかね。


それを「自分のために」コツコツジワジワとでも突き破っていける人が、
そういう現実を享受できるのだと思うし、
そういうkeikoさんになれたのは、
病気や本当に苦しくて大変な時期があったからではないでしょうか。

わたしもホントそうですよ!

アダルトチルドレンとか、ブラックとか、病気とか、親やきょうだいとの確執とか、発達障がいとか、
だいたい何聞いても全部
「わたしもそれ出身ですよ〜♪」って言えますもん。笑

でも、それがあったから、今があって、
今があるから、それらは幸せ不幸せとは関係ないってわかりますもんね。
(以前は大ありだと思ってましたけど^^;)

だから、セッションに来て下さる人、今日お問い合わせがあった方もそうだけれど
全然問題ないし、それが本来の姿じゃないからって思う。
(自分はもっとひどかったから全然みなさん大丈夫です^^;)

闇(世間一般的な何というよりも自分の中の苦しさとかもどかしさとか)が濃ければ濃いほど
より光に向かう原動力になるし、
そう思うと、何が良いことかなんて、わからないですよね^^

 

keikoさんも「もともとの自己否定が強すぎた」って書かれてるんですけど、本当、
”その自分”がちょっとでも変わるだけで、本当に大きく変化するんですよね。


自己否定ゼロになりました!!
自分大好きになりました!!までまったく行かなくても、
ちょっとでも行動して意識が変わっていけば、
完璧な人間になれなくてもどんどん現実が変わっていきますもん^^


セッションもそうだけれど、今がどうかじゃなくて、
「そういうもんなのか」ってことに気づけた人から、
どんどん変わっていけるんだと思う。

うさぎとカメじゃないけど、
カメくらい状況や能力にハンデがあったって、
歩み続けたもの勝ちです^^ ※勝ち負けではないですけどね^^;


その世界に振れてみたいとか、ちょっと一歩を踏み出してみたい方、
一人じゃこわいけど楽しみながら進みたいという方は
セッションでお待ちしています^^

santasantasan.hatenablog.com

 

◎セッションへのお問合せ・お申し込み
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「セッションについて」などの件名でご連絡ください。
※万が一、2日過ぎてもこちらからのお返事が届かない場合は、メールの受信エラーなどの可能性があるため、お手数ですが再度ご連絡ください。 

 

それでは素敵なシェアをしてくださったkeikoさんと、お読み下さった方々へ感謝を込めて!

今日も良い一日を〜^0^/