読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

近況つれづれなどと、「与えられてるものを数えよう=あなたはすでに満たされてる」はちょっとトラップな話。

昨日は、1月まで常勤で働かせていただいていた
エージェント先のメンバーのお食事会に参加させていただきました。
(わたしが、もともと心や真理のことを学ばせてもらっていたところです^^)

今はもう、月に1〜2度顔を出すだけで、
ほぼなんの貢献もできてないのですが、
それでも何かの集まりがあるときは
いつも総局長が声をかけてくださいます。

そしてそこに対して誰も
「なんでこういうときだけ来るの?」って反応をしない。

仲間として以前と変わらず迎えてくれる。

これって本当にありがたいことだなあと思っています。

f:id:santasantasan:20160617120729j:plain

(この前菜のスープの器のコロンとした感じがものすごい可愛くて、勝手にときめいていました)

 

前回の記事に、今までの友人知人(あと家族も)に
全部を晒して生きていくことにしました〜と書きましたけど、

なんとゆうかですね、今、
「大好きなもの(ひと)を大好きと言える幸せ」を感じます。

誰の目線も反応も気にしないで、
大好きな人達やコミュニティを大好きー!!!と言えることって気持ちいい。

エージェント先も、わたしがわたしを生きる上で
そこで常勤で働くのは違うという結論になったけれど、
でもだからといってメンバーが大好きで本当に尊敬してる。

むしろ離れて自分の活動を始めたからこそ、
近くにいたときには見えていなかった凄さをまざまざ感じるんです。

だけどなんだか、
「期待に応えられなかった自分だから」って思ってるところがあったんですよね。

社長もメンバーも本当に真剣に働いてるなかで
「売上にも貢献できないで離れていった自分が、”大好きです!!”とか思っちゃいけない」みたいなよくわからない遠慮があったのです。

 

Facebookやらで自分の全てを公開することを決めたのは、
それを誰かに認めてもらいたいのでも、許されたいのでもなくて、
(ここが目的になっちゃうと、ちょっと違うと思う)

自分が自分の大好きを大好きと言いたい、思い続けたいというのを、
自分で自分にOKしたいと思ったから。

それはこの「ただのオンナ」への想いもそうだし、
もう、すべてのことね。

 

他人の目を気にして怒りや不快感を表すのがニガテとか怖くて
だから良い子ちゃんをやってしまうというのはよく聞くのですが
(ちょうど今日、そんなメールを読者さんからいただきました。あとでお返事しますね〜)
わたしは今はだいぶ、そこに抵抗がない。

それよりもどちらかというと
自分に対しても人様に対してもでっかい”大好き”を開放するほうが
ハードルが高かったみたいです。

でもそれってわたしの才能でもあるんですよね。
(ちゃんと出して、ちゃんと磨けば。)

だから今回、自分にそれを許したことはめっちゃ大きかった。


それでそれをやるとね、、、

これ、上手く伝えられるかわからないんですが、

ものすごい目がさめるんです。


いつも思うんですが、毎回目が醒める。
こんなに与えられてたんだーってハッとする。
全部受け取ってきたつもりだけど、
まだこんなに受け取りきれてないものがあったんだー!!って気付く。
(たぶん深さが無限にあって、何度繰り返しても、さらに深くそう思うんだと思う。)


というのも、自分で自分をどこか、人目を気にして抑えてると、
意識が外側に向いて、不満やら心の隙間やらを感じてるんです。

そうすると、人や出来事から与えられてるものを正確に受け取れない。
まったく気づかないで、ダダ漏れに漏れてることがほとんどです。

たとえるなら、、、、
犬を飼ってて、そのワンちゃんがめっちゃ乱暴で、
人と逢った時に話をゆっくりしたくても、
飼い犬が悪さをしないようにしないようにってなだめたり叱ったり気にしたりしてると
相手の話(=与えてくれてるもの)がほとんどうわの空で、
ほとんど受け取れてなかったりするじゃないですか。

あんな感じ。どんな感じだ。

今、
あれが不満、これが不満、この現実が嫌だ、この自分が嫌だ、
なんでなんで…っていろいろ納得いってないことがあって、
それを人に悟られないようにバレないように
表面上そうでもないって取り繕っている人であればあるほど、
その「バレないように」とか「不満」のほうに気持ちがフォーカスしてるから、
今ジャブジャブ、すでに雨のように土砂降りに降ってる「与えられてるもの」を
全然気づかないし受け取れないんですよ。

器を抱えて上を見上げて
「雨よ、ふってこーい!!」って願ってるんだけど
(雨っていうのは幸せとかお金とかパートナーとか、自分が欲しいと思ってるもの)、
実はそこに繋がる縁とかヒントとか人からの厚意とかがすでに土砂降りに降ってるのに
見えてないんですよ。

(この「見えてなかった!!!」の感覚は、本当に「見えた」ときにだけ気付けるものだと思います。そして永遠に、全てを気づいて受け取りきるなんてできないのじゃないかなあ。それくらい、与えられてる愛は宇宙レベルで無限におっきいんだと思う。)

 ちなみにこれら全て、過去の自分もそうだったから言えることで
他人事ではなく自戒の意味も込めて書いてますよ^^;

それで、それに気付くためによく
「今与えられてるものを数えてみましょう」
「ほら、こんなに与えられてるでしょう?あなたは豊かなんです。」
とかいうのがあると思うんですが、
あれはわたし、けっこうフェイクだなあと思っていて。

 

真実は確かにそうなんだけれど、
「こっちはこんな満たされてない(腹が立つ)けど、こんなに与えられてる部分もあるんだからいいじゃないか」って

相殺に使ってしまうというか、誤魔化しというか、

「頭で思い込んで解決したことにしてしまう」というか。

そうすると結構な数の人が
「わたし、満たされてます風」になっちゃう。

なんでやねん。

ムカつくものはムカつくし、嫌な現実は嫌だし、
それと与えられてるものがあるってことは全然別でしょ!!


たとえばわたし、自分の中に「満たされてない」を見つけたら、
めっちゃ直視しますよ。(って言わなくてもお付き合いの長い読者さんは散々ご存知だと思いますが…^^;)

ムカつく出来事が起きたら、めっちゃ怒りますよ。

ただそのときに、
「全て自分が起こしてること(自分に何か気づかせるために、自分自身が起こしてること)」
というところからはズレない。

だから
「わたしの中の何が、本来のわたしとズレてるから、こういうことが起きるんだろうか?」って考える。

そこを、とことん見る。
とことん見ながら、
ムカつく心は抑えず、思う存分ちゃんと、嫌な人には怒る。笑


そこを「与えられてることもこんなにあるんだから」って満たされたフリをしてしまうとか、「全て自分が起こしてることなんだから」とかって怒りにまで蓋をしてしまうと、
それがジャマをして
「本当にこんなに与えられてる…!!!」と、
目醒めました!!レベルまでには至らない。
(なぜならそれは、実は満たされてない=心に余裕のない自分が感じ取れる範囲の”与えられてること”だから!)

だからその「自分が起こしてる=自分で戻せる」っていう立ち位置だけはズラさないで
そこからとことん怒りもやるせなさも不満もちゃんと感じて、
同時に自分を直視してくこと、
それを一緒に進んでいったら「与えられてる」を頭で感じて数えなくても
自分の目にある日突然それが映るようになって、
どんどん飛び込んでくるようになる。のです。

そうすると勝手に受け取って、勝手に幸せになります。笑

わたしも昨日、友人の妊娠報告やら彼ができたよ報告やら
食事会での楽しい時間、
誰も別にわたしに特別に与えようとか思ってないけど

めちゃめちゃ一人で感動して、やっぱりあの人もこの人も大好きだわ〜って一人でハッピーになって
勝手に受け取って幸せになってましたから。笑
(でも、ほんとーーーに嬉しかった!!!!)

これはつまりただの「おめでたい人」ってことでもあるんでしょうけども。笑

でも、こうなると強い☆

なぜって、誰の幸せも、誰の何も、
全部自分の喜びとして勝手に受け取って、勝手に上機嫌になれるから。

そうすると自分が勝手にそういう波動になってるので、
これまた勝手に自分に都合の良いことばっか引き寄せます。で、また喜びます。

好循環です。笑 運の良い人になる方法です。笑


つまずきがちな人は、どこかでこの「おめでたい人」を軽視していて
「そんな風にはなりたくない」と思ってるのかもしれませんね。

どこかで、幸せ〜♡ってハイになってる人がかっこわるく見えて、
「あんな風になるくらいなら今のままでいい」っていう選択をしてるのかも。

そこ、もしかしたらひとつの見直しポイントになるかもですね☆
(別にそれならそれで良くて、自覚して選択できるということです☆)

 

今日はけっこう濃いいマニアックな話をしました〜

何か少しでも「ほお!」となってヒントになることがあれば嬉しいです!

それでは今日もお読みいただき感謝を込めて!

良い花金を〜^0^/

◎セッションへのお問合せ・お申し込み
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「セッションについて」などの件名でご連絡ください。
※万が一、2日過ぎてもこちらからのお返事が届かない場合は、メールの受信エラーなどの可能性があるため、お手数ですが再度ご連絡ください。
※詳細は以下です※

santasantasan.hatenablog.com