「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

【続・絶望シリーズ③】素直になれ、の優しい言葉じゃわからないなら、「いっそ騙されるつもりで全て鵜呑みにして動け」。そして絶望後に一番大切なこと。

※この記事は非常に激しい表現が多々含まれておりますが、
けっして読者様全般に向けて書いているものではございませんので、
どうぞガクガクブルブルしないでお読みいただけますよう、
ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます

以下の記事の続きです。

santasantasan.hatenablog.com

 

santasantasan.hatenablog.com

 

変わること、学ぶためには「素直さ」が大事だと、
誰もがどこでも言ってます。

「素直になれ」と。

でも実際は、大抵の人は、
自分の過去の経験、理解の範疇を越えてるものに出逢うと
「騙される」とか「洗脳される」とか言って、「素直に」取り入れません。

ちょっと触れてみても、ちょっと触れて終わります。
自分でなんとかしますと言って、大抵しません。

わたしの場合で言うんだったら、参加費の安い講演会までは行くけど、
そこから先は縁しない、とか。

だって「損するかも」と思うから。


つまり「自分が絶対損しないであろう範囲」で動いて変わろうとするんです。


もしくはその自分の理解、過去の経験で、
”ちゃんと納得””ちゃんと大丈夫”と確実に思えるものしか採用しません。

一見、自分の感覚を信頼してるからの選択のようで、そうではないです。

自分を本当に信頼できてたら、
「たとえ鵜呑みにしても、わたしは間違い(誰かを傷つけること、巻き込むことなど)は犯さない」
って思えますもん。

「たとえこの金額、棒に振っても、そこから何か学べる」と思えますもん。

 

それが思えないから、損したくないから、少しも失敗したくないから、
だから踏み込めないし、鵜呑みにできないんです。
現状維持のがマシなんです。

だから、人から何も言われない安全な場所で、本とかブログを読んでばかり。

目新しそうなものに飛びついてばかり。つまみ食いばかり。

その「今の自分」で取り入れてたって、見てる目線が「自分の目線」だから、
大して本質なんてつかめないのにね。
だからこそ、鵜呑みにして「行動」に変えるのが大事になると思う。
情報として持ってても、宝の持ち腐れになってしまうんです。

 

お金を出すということがどうしても厳しいならせめて、
このブログでもいいし、他の何かでもいいから、
一度すっぽり鵜呑みにして一定期間、真剣に取り入れたらいいのに、
それさえ怖くてできないの。
間違えるのが。失敗するのが。望んだ成果がでないのが。

そしてまた別の本やブログや学びに目を向ける。

わたし前、PMSが本当にツライ、何か良い情報ないですか、という人がいたので、
子宮委員長はるちゃんのちつマッサージをおすすめしたんです。

そしたら
「う〜ん、やってみようかなあ〜」と。

やれよ!!!笑
本当になんとかしたいなら!!!笑


人に聞くほど困っていて、情報が得られて、
お金かからなくて、
ナゼやらない理由がある??

これが漢方とか、布ナプキンとか、
自分の頭で「効きそう」と思えることだったら取り入れるということかもしれません。

その「効きそう」と自分が判断するモノだけを選んできての、
解決してない「今」なのに。

(ちなみにマサエさんはちつに対して、即刻自分にできる範囲のことをチャレンジ。その成果をトークライブで熱弁してくれて、それをまた鵜呑みにして早速トライして感想を送ってくれた方もいました。こういう小さな積み重ねが人生に違いを生んで行くんですよね)


「今の自分がわかることが全てではない」と疑う目線をもっているかどうか?も素直さの一種だと思っていて。

わたしはあの3年前のS氏との出逢いから、今もずっと、
「今の自分が理解できることが全てではない(わたしには正しく理解できてないことがたくさんある)」と思ってます。

そうすると、たとえ他の世界であっても、
ある程度の成果を出してる人なら真っ向から否定はしないです。

芸能人、宗教法人、成金、カリスマブログガー、、、、

わたしのシュミではないけれど、大衆が「ありえない」と批判してても、
「それはわからなくない?わたしはその世界に行ったことがないから、見えるべきものが見えてないだけかもしれないし」と単純に思います。
(シュミではないので選択はしないですが。。。。)

 

話が戻って、本当、お金があってもなくても、
一度大金を棒に振ってみるつもりでやったらいいのに。
一度本気で、騙されるつもりでやってみたらいいのに。
懸けてみたらいいのに。どれか一つでも、徹底的に。


「どれが失敗も間違いもない本当の本物なの!?」って探してるヒマあったら。

だってそれは、「失敗も間違いもないと保障されない限りは取り入れません」って言ってるってことですもんね。「嫌な今の人生」を選んでるんです。

昨日の記事でも書いたとおり、わたし、
出来る限りお金をかけずにトライしてもらえるのが優しさだと思ってました。
でも違いました。
違う、と今回の絶望でハッキリわかりました。

今の日本にいたら、数十万円くらいのものなら、余裕で返せないことないですよね?

全然、投げうってもよくないですか?

今を本当に変えたいなら、動かないよりは。


わたしも、
「これだけ貯金があっても、今のままの自分じゃ結婚も出来ないだろうな」
と思ったんです。

だったら貯金がたとえ無くなることがあったとしても、
自分を変えるほうが大事、って思って、
そのために止まってる時間のほうが勿体無いと思った。心底ヤバイと思った。
ただ、銀行にあるだけのお金より。騙されて無くなるお金より。

本当に明らかに違うだろってものに騙されに行けと言ってるのではなくて、
お金とかいう大切に思えるものを通じて自分に本気で懸ける機会を創ったら
そこに踏み込めたら
内容うんぬん関係なくもう、変われないわけがないんです。


マサエさんがなぜあんなに劇的に変化できたのか、
トークライブが終わってから一つ気付いたことがありました。

これは仮説なのですが、マサエさんはたぶん相当
「素直にすっぽり取り入れ」上手です。

その能力はどこで磨かれたのか?(もともとあったのか?)と考えて、
思い出したんです。

マサエさん、学生時代のアルバイトと社会人最初の仕事が、
かなり創業者のカラーが濃い、
そのため宗教だ洗脳だと色々と叩かれがちでもある
某居酒屋出身だと言ってたと。

そういうところは実態がどうのこうのの前に、
やっぱりカラーが濃いので、ある程度染まれないといられないんです。
ある程度染まるというのを一般人は悪く捉えがちですが、
それは「素直にすっぽり入れる」ことができる素地がある人達ってことです。

(そこから本当に勝手に洗脳されたり依存してく人もいますが、本当に意図して極悪な組織でない限り、ならない人はならない。良いところだけ得て糧にしていく自立力があるんです)


先ほどの記事冒頭の、お電話したお客さんもそう。

女性で月収100万近くある方ですが、ムダなプライドがなくて
ものすごく「すっぽり取り入れ上手」です。

「良いのだろうけど普通だったらなかなか出来ない」っていうことを
「おもしろそうー♪」って素直に実行しますし、
年下のわたしに対しからもいつも素直に意見を求めて、
すっぽり鵜呑みにしてどんどん自分のモノにしていかれてます。

口癖は「だって大事なことは、自分からはわからないじゃないですか〜♪」です。


自分に誇りは持っているけれど
「自分が今見ている世界(常識)が全てではない」ということを知ってるんです。
だから今の自分の目線を素直に疑えて、
自分一人では変われないということを明らめていて、
だからこそ他者から素直に学ぶことができるんです。

 

話が戻って、一番最初の記事で感想を送ってくださったAさん。

Aさんはきっと、今、しっかり自分に絶望を迎えられたんだと思うんです。
(もちろん、全部ムダだったんだなんてことないと思ってますが、
それはきっとAさんもちゃんとわかってると思うので割愛。)

だけど、絶望はめっちゃしてるんですが、
「これからどうするか」
が書いてないです。

「だからわたし、本気で母親のこと、トークライブで出たこととにかくやってみます!!」←やらなきゃダメとかいうことじゃないですよ
でも、
「だからわたし、もう本当に徹底的に自分と向き合います!!!」
でもなく、

こじらせ過ぎた女がただのオンナに変わるのに、まだ自分と向き合うべき作業が必要だと思います。

とまとめられています。
ある意味、曖昧です。

わたしに宣言しろということではもちろん無くて、
ご自身の中で「絶望した。だからこうするぞ」があればいいんです。

でももしかしたら、このメールの感じだと、
せっかくいろいろ気づいたのに、苦しい想いをして絶望したのに、
ご自身の中で「じゃあこれからどうするか」を
曖昧にして終わってるんじゃないかな?と。
(違ったらごめんなさい)

 
絶望するのは自分をいじめるためじゃなくて、
「こんなに絶望した世界を捨てて、わたしはこれから(同じことを繰り返さないために)どう生きるか」っていうのを明確にすることなんです。

わたしだったら、
「同等じゃない!」って宣言したり、良い人を今まで以上に捨てたり、
それで離れていく人が増えても、このブログ理解できなくなったと言う人が出ても、
わたしが思うことを遠慮無く人に合わせず書いていくことだったりします。


Aさんのそれは、なんでしょうか?


わたしに伝えなくてもいいので、
ぜひ、ご自身の中で「決めて」みてください。

それが一番悩むし怖いんですが、決めないと変わりません。

曖昧なまま、また曖昧に繰り返します。

決めたいけれどどうしても一人で決められない、わからないなら、
肚をくくりに、また逢いにきてください。

もちろん決めない、ということもいいんですよ。
大事なのは、全て自分で選択できるっていうことです。

トークライブやブログを通じて本気で自分と向き合ってくださったAさんが
笑顔で幸せいっぱいの毎日を送れますことを
陰ながら心より願っています。


それでは今日もお読みいただき感謝を込めて。
明日もすてきな一日をお過ごしください。