「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

誰がなんと言おうとわたしはこう思う。次のステージへ。

昨日は名古屋からお越しいただいた方とのお茶会セッションでした。

金曜日もセッションだったので、1日おいてまたセッション。

そのぶんわたし自身も、気付かされることの多い、
かなり濃い週末でした。


昨日の方は、ご自身でも気づいていなかった「本当の望み」が見えたようで、
動揺されていて、
その姿が目上の方ながら、
とても可愛らしくて(同じ人なのに別人のようでした☆)^^


だけれど動揺しながらも、
その「見えたもの」を受けとめようと、
そうしてそこから生き方を変えようと
こわいけどその方向に向かっていこうとしているココロの動きに
女性特有の「潔さ・強さ」みたいなものがチラチラと垣間見えて

やっぱり女性って、もともと持ってるチカラがあるんだなあと
それを「出そうとする」だけでいいんだと

改めて思わせていただきました。


「でもわたし、変わらなかったらたぶん一生このままだと思います」って、
わたしが何か言ったわけではないのに、
笑いながらご自身でおっしゃってたのがとても印象的でした。

お越しいただき本当にありがとうございました^^☆

 

 

さて。
濃い週末を気づいてまたパカーンしたことがあり、
昨日から、書こうか書くまいか、
迷いに迷いながら、
若干自分に引いて尻込みしていたことを、わたしは書くよ。

イミフメイかもだけど、何か伝わる人がどこかにいると信じて書きます!

 

わたし、このマンツーマンのお茶会セッションを何回かやらせていただいていて、
気付きました。

 

まず、ずっと前から、てゆうか最初からわかってたことは、
わたしのとこにお金払ってくる人たちはすごい、ってことです。


御茶会もそうだし、トークライブに申し込んでくれた人たちもです。
まずひとつめ、これがもう、改めて明確になりました。


この際ですがハッキリ言わせていただいますが、
あなた方は超すごいです。

自分ではそんなにすごいって思ってないですよね?

でも、超すごいです。


だってわたし、無名だし。
「ただのオンナ」とか抜かしてるし。


そんなわたしのところに、1万円払って逢いにきてくれたり、
4000円かけて話を聴きにこようとしたり、
しかもかかる人は飛行機代やら新幹線代やらの交通費までかけてきてくれる。


これ、フツーできないですよ。


だってそれをするにはですね、相当、
「自分が良いと思ったことを信じて行動できる」基礎体力がないとできないんです。


わたしがもし、著名人で、めっちゃ実績とかありまくる人だったら、
この基礎体力がなくてもイケる。

なぜなら、

「みんなが良いと言ってるから」

っていう、安心材料がそこに漏れ無くついてくるから。


わたし、有名な人っていうのは本当にすごいと思ってます。

けど、そこに対して
「自分が本当に、コレは本物だと思ってるから」お金をかけてるって人って、
実はそんないないんじゃないかと思います。(わかんないけど。)

自分で思ってると思ってるだけ、みたいな。


「これだけみんながスゴイって言ってる人気な人だから、
きっとわたしも変われるだろう」

っていう、
それってプラシーボ効果(※偽薬効果)じゃ??群集心理じゃ??と。


人ってやっぱり弱い部分もあるから、
1円でも損をしたくなくて、
「間違いない確実なもの」を取りに行こうとしてしまいがちだと思うんだけど
ハッキリ言って「何を取り入れるか」よりも実は「自分がどうか?」です。

そちらの影響のがよっぽど大きいから、
そういう姿勢ならば結局は、
何と縁を持っても結果が
「変わらない」とか「損した」になっちゃうんです。

だって自分が帯びてるのがマイナス(損したくない)なんだもん。

マイナスに何を掛けてもマイナスにしかならないじゃないですか。ex)-1×200= -200
そんな感じ!
迷走している人をネットとかで見かけたりすると、
まずそこに気付かないと変わらないんだろうなといつも思うんですが。

 

で、話が逸れたんですが、その点考えると、
無名のただのオンナと抜かす人のところにお金をかけるのは
本当にリスキーだと思うんです。

よっぽど、自分の感性を信じられるチカラがなければ。

 

そうして、「幸せになりたい」「自分を大切に生きたい」と思ったら
それが全てなんです。

「自分の感じたものを、こわごわでも信じて(正解として)行動できるかどうか」。

人の評価じゃなく、社会の評価でもなく。
本当に、それだけなんです。

いや〜そんなに確信は持ててません、ただの勢いですヨ〜


っていう人もいると思うんですけど、
「お金を出そうと決める」ができるというのは、たとえ追いつめられてやけっぱち的な
「ええい捨て金じゃー!!」であっても、
もう全然違うんですよね。

伝わる人には伝わるはずと思って書いています。


だからすごいんです。お金出してくきてれた人はすごい。

そのスゴイ自分を自覚して、
その自分を表に出して生きていく訓練だけなんです。
これも、お茶会に来てくれた人なら言ってることはわかってくれるはずと思って書いています!


ちなみにもちろんですが、人それぞれなので
お金払ってくれてる人を上げて、「読んでるだけの人はダメ」とかじゃないですよ。

相対評価じゃなくて、絶対評価なんです。

いつも書いてることですが、読んで自分が良いと思えることを取り入れてくれて、
人生を何かちょっとでも変えていってくれてる人もいると信じてます☆




それでですね、ここからさらにマイワールドに突入しますので、
気になる人だけ読んでください。

わたし、よく母に話してるんです。

わたしのとこに来てくれる人、なんかみんな、本当にすごいんだよ!!と。

セッションのあとは、わたしが興奮してしまって「今日の人も素晴らしかった(でもそれに自分では気づかないもんだねえ)」とか
ムダに電話で報告するという。笑

 

そうしたら母が、まさに昨日、こう言ってくれたんです。

「あんたは、人と一緒に”ただいる”だけで、相手を引き出すチカラがあるんだよ。だからあんたは、何をしなくても、本当に、ただいればいいんだよ。」

と言ったんです。

わたし、それを聞いた瞬間。

「ホントそーだわ!!!」

と思ったんです。


わたしって本当に
ただ”いれば”いいし、
ブログだったら、ただ”書けば”いいんだと。

 

だって実際、何も考えてないし、
何も狙ってないし、
ただただわたしはわたしの直感の奴隷なんです。

ピンときたことに蓋をしないで、
ただただやるだけ。

こわくてもなんでも(その想いをムシはしないけど)
そこに従うんだと決めているだけ。

そのときに起きることが最善という確信を
もうこれまでの数々の経験から
もたざるを得なくなってるだけ。

だからわたしから根拠なく「大事だ!!やらねば!!」と出てきたのが
トークライブだし、コミュニティだったんだ、と。

こんなのホント、ただしゃべるだけ、いるだけの最たるものじゃん。笑

でも「そんなことでお金とっていいの」的なそれらを貫くことが一番、
縁してくれた人にとっても最良の展開が生まれることを
わたしの中はちゃんとわかってるんだと。

だから知識や情報や、傾聴や寄り添いはかえってジャマだと思って捨ててきたんだ。

セッションは一番イメージがしやすいだけで、
基本は全部そこなんだと。


そう思ったらわたし、
無自覚だけど、ちゃんとわかってたんだと。

上手く言えないんですけど、全部つがなった感じがしたんです。

無意識でちゃんとつながる生き方をしてきたわたし、すごいじゃん!!と素直に思ったんです。


それでですね、謙遜しろよと自分に思いつつ、その必要ないなって思ったのは

これは、わたしだけの才能じゃなくて
オンナがもともとみんな持ってる潜在能力じゃないかと思ったからです。

元来オンナは、そのようにしてオトコを、社会を、
元気にしてきたんじゃないかと。引き出してきたんじゃないかと。

常々わたし、
不況なのはオンナが変わったからだと思うってセッションとかではよく言ってますが、
その具体的なとこが見えた気がしました。

だから、わたしがしっかり自覚して、自分はすごい!!ってみとめなきゃ!!って思えた。

わたしが自覚すればするほど、
すごい!すごい!って自分を認めれば認めるほど、

根っこでつながってる女性たちに
縁を持ってくれた人から順に、伝播すると本気で思うから。

 

そういえば皆さん、
「実践が難しい」って言うのです。

「そうだー!って自分に気付けたけど、実践となると、
日常に戻ると行動するのが難しい。。。」って。


だからコミュニティとか最高じゃないかと自画自賛してたんですけど、
金額の問題とかじゃなくて、
自分で自分を信じられなかったら参加する勇気さえ湧かないですよね。

それってその人次第って思ってたのですが、
もしかして、
わたしがわたしを認めてなかったこともあったのかなって。

自画自賛するポイントがズレてる。


「あなたが素晴らしい」と「わたしが素晴らしい」の両輪なんだと。


それが周りをも幸せにするんだよ、
だからまず、自分サイコーって認めちゃいなよって
常々熱弁ふるってるわたし本人が今まで、
片輪だけだった気がします。

だからこそ、
わたしの耳に留まる、わたしに縁ある誰かの「自分を信じきれない」の声は、
その”今のわたしが創ってる世界”だから起きてしまうことなんじゃない?と。


だから超反省して、わたし言います。

ハッキリ言います。

わたしのところに来てくれる人も超すごいし、
わたしも超すごい。

だからわたしを
”その人自身の感覚で”気になってて、
その感覚を信じてわたしと縁する人は
そこにお金さえも出そうと決められる人は、
わたしが「何かしてあげなくちゃ!!」とか思わなくても
その人自身の本来のチカラが勝手に発動されて、
勝手に幸せになるのはそりゃ当たり前だと。

(「その人自身の感覚で」ってことですよ。わたしにピンと来ないなら、それはその人にとってはわたしじゃないんです。あくまでその人が感じたことが正解なんです!)

 

なんか、「何かしてあげなくちゃ」ってやっぱりどこかに思ってたんだな〜と。

セッションではそれがなくなったけど、他のことに対しては。

それは、こんなただのオンナのわたしに価値を感じてくれて、って思いがあって、
だから申し訳ないから(有難いから)返さなくちゃ、って想いだよね。

それって謙遜なようで、わたしに価値を感じてくれたその人の生命力を信じれてないから、結局は超・傲慢でしかなくて。

あ〜、いろいろ、大反省です。悶絶。

自分を低く見積もると結局、誰にとってもなんもプラスにならない。

わたし、そのことを人に言ってるのに。

ブレてました、ごめんなさい。

 

今日の記事はもう本当に自分ワールドで書いてしまってめっちゃイミフメイかもなのですが、文章でわたしに書き表せるわかりやすさの限界はここまでです!

トークライブでいっぱいお話します!

てかトークライブ前にこのことに気付けてよかった…!

気付きのサインの完璧な流れに全て乗れてる自分にまた太鼓判です。

それでは、お読みいただき感謝をこめて〜!