「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

もっともっと、わたしは「わたし」に孵りたい。願うのは、ただそれだけ。

ふと思うこと。
30年生きてきた中のほとんどの時間
わたしはこんなに内向的ではなかったし、
こんなに人見知りではなかったし、
もっともっと「フツー」に、
いろいろなことに対応できていた気がします。

むしろ、めためたにがんばった上で「フツー以上にできる」と言われて
褒められて有頂天になってた気が。 それ、がんばったからこその評価でしょうが。笑

あの頃のわたししか知らない人にとっては、
わたしはおかしくなっちゃったと思うことでしょう。笑


自分でも驚くほどに、
いつのまにこんなに旦那さんにべったりになって、
少しでもやりたくないことは出来なくなって、
家で一人遊び(ってなに・笑)してる方が楽しくて、
こんなに自分だけの世界をコツコツ創ってるのが幸せな
内へ内へとこもっていくひとになってしまったのであろうか。


基本の生活スタイルがそれで、
そうして時々は、
必要としてくれる人に声をかけてもらって、
逢いに行って、話をして、
わたしにとってはそれが社会とつながる術になって、
誰かにとっては自分を生きる希望と勇気につながる時間になる。

でもそれはやっぱり時々でよくて、
基本わたしのいる場所はこの家でよい。

マイペースなわたしは
そういう生き方ができたら一番いいのかなあと思ってたら、
今、ほぼ、そういう生活がわたしの現実でした。

願う前にかなっていた。笑

それはただ、本来の自分に孵っていくことだけを続けていった先に
自然と、
ぴったり「そのわたし」に合う器が
現実に用意されていっただけのことなのかもしれません。

そうしてそれは、
女性であれば誰もが行使することのできるチカラのような気がします。

 

あと、わたしはものすごいロマンチストのようです。
頑固過ぎるロマンチスト。笑

「そんな夢ばかり見ていられない」という言葉を完全にムシし続けて、
今もひとり夢を見続けている自分、
無意識でそういう生き方をしている自分に気づいて、昨日、驚愕しました。笑

でも、ただのオンナって、
もともとみんなロマンチストでは??

大人になるにつれて、
「ちゃんとしなくちゃいけない」
「大人になるってのはこういうもんだ」
っていうなんとなくの期待を真面目に受け止めてしまって、
ロマンチストな自分を封印してしまっただけなのでは?

だから、「今の現実」にムリがきているのでは?

そうしてその封印は、誰もが自分で解くことができるんだと思います。

封印を解くっていうのは
「もう一度、自分の人生に夢を見る」ってことだと。

でもそれはきっと、ものすごく勇気がいる。


どんな勇気かって、
たとえば「今」の「当たり前」や
自分の気を紛らわすために使うお金や時間を使うことには
なんの躊躇も疑問も抱かないのに

同じ金額のものを、時間を、
もう一度、自分の人生で夢を見るために使うのは、
ものすごい勇気がいるはずです。


たとえば「今」、満足してない環境でも、
そこに居続けることに危機感はわかないけれど、
もう一度、自分の人生で夢を見るために別の空間に飛び込むのは、
たとえそれが一時的であっても、
ものすごい勇気がいるはずです。


たとえば「今」、なんとなく疲れる、違和感のある人間関係であっても、
その関係を続けることにはそんなに恐怖を感じないけれど、
もう一度、自分の人生で夢を見るために未知の人たちと繋がることは、
やっぱり一時的であったとしても、
ものすごい勇気がいるはずです。

 

そう思う。

少なくともわたしはそうだったから。

少なくとも、「ただのオンナ」なわたしにとっては
勇気を必要とせずに進めた一歩なんて、一度もなかった。

だからこそ、その怖さを越えて、勇気をもって
「もう一度、自分の人生で夢を見るために」一歩を踏み出した人というのは、
たとえわたしの知らないチンプンカンプンな分野であっても、
たとえ人から見たら小さな一歩であっても、それだけで、

ものすごく、敬意を表したいと思います。


それで、わたしはいつも、
そういう人に想いを注ぎたいと思うのです。

大切なわたしの大切な時間とエネルギーは、
内に内にこもっていく時間はわたし自身のために、

時々外と繋がる時間は、願わくば、
自分と同じように、
「もう一度、自分の人生に夢を見るために」勇気を持って一歩踏み出そうとする人、
踏み出した人に、届くといいなあと、いつも思っています。

先日、わたしのブログをいつも読んでくださってメッセージくださる方が、
「すごく頭ではよくわかるのに、どう実践したらよいかわからない。
何度も繰り返し読むことでわかるのかな。」
「(トークライブに)関東にいたら絶対参加したい」
とメッセージをくれまして、
いつもお返事できないでいたので、
「参加したいなら(関東圏外でも)来ちゃえばよいのに」とお返事したところ、
「さすがにこれ以上は休めないので…」ということでした。

大型旅行をされた後みたいで、休めないということらしく。


ご本人に言っても伝わらないだろうなと思ってそこからは返信しなかったのですが、
えっと、
何度も繰り返し読んでもたぶん、一生わからないです、それ。

読んでくださってるのは本当に有難いのですが、
たぶん、わからないのは、そんなに必要じゃないんです。

あなたの判断において、
あなたの人生にとって、それはわからなくってOK
ってことなんだと思います。

そこそこ今、幸せで、そこそこ今、満足していて、
旅行もできるだけの稼ぎもあって、
その今の生活から
ミリも踏み出したくない(もしくはわざわざ踏み出すほど切羽詰まってもいない)というのが本音ではないかと思うのですが、

なのにわざわざ、ブログを読んで、
「わからない」って、
悩みを取りに来る必要はないと思うんです。

本当にわかりたい!!なら、
子ども預けてでも時間を作ってでも地方にいてでも飛んできた方もいますし
(こんな「ただのオンナ」のとこじゃなくてももちろん良いのですけどね!)、

でも、今、そこまでして「今ここ」から動きたいのじゃなければ、
今、その人には、そこまでして必要はないのだと思うのですよ。

それで、それならばそれでいいと思うんですね。

むしろ幸せなことだと思うんです。
その幸せが、たぶん、見えなくなってしまってるのでは。

わたしのブログはたぶん、
あんまり一般受けはしないと思うんです。

最初の頃は、一応、一般向けを狙って書く努力してたのですが、
もうそれには白旗を揚げました…笑

だからどちらかというよりも、もう心底、
今の自分の人生に、生き方に
イヤ!!!と思ってて、
(それが人から見たら、“十分いいじゃない”ってものであったとしても本人主観で)

踏み出さずにはいられない人、

それがリアルで逢いにきてくださるとまではいかなくても、
読んでとにかく何かヒントをつかもうとか、

結構リアルに

Dead or Alive スペルあってる?

的な女性陣に通じる内容かなって、けっこうマジメに思っているんです。


だから、同じ日本語表記だけれど、
他の習い事やらなんやらと同じようには
“頭の理解”では入ってこないと思われます。


わたし、わたしがわたしに真剣に夢見て生きてるので、
結構いのちかけてマジでこの生き方してるので、
自分に対して真剣な人、真剣でありたいと思い始めてる人にしか、
たぶん言語が通用しなくなってきていると思われます。

トークライブや御茶会は、お金を払ってきてくださるので
その時点でご自身に対して踏み出す勇気を持たれた
「真剣な人たち」と最高の敬意を込めて尊敬しています。

リアルで会いに来てくださるので、
わたしの拙すぎる言語能力では伝わらない部分は
がんばってジェスチャーやら図やら交えて真剣に
伝わるよう、少しでも何か持ち帰ってもらえるよう
(ただのオンナなりに)努力したい、って素直に思えるんです。

それは義務感からの努力じゃなくて、わたしの中からより引き出してもらえる
「楽しい努力」と感じているから。

そしてブログは、無料だし不特定多数の方がご覧になっているので、
その点、「わかりやすいように」の心がけは一切捨てまして、

「粗いしホントわたしの好きなように書いてるだけだけど、
こんなので使えそうだったら使って!!!エイヤー!!!」

みたいな想いを込めて、投げつけています。笑

だけど、こんな粗い記事でも
届く人には届いていると信じています。

必死で自分を生き直そうとしてくれてる人だったら
きっとカスみたいなもんでも栄養に変えてくれるチカラが、
その人自身に必ずあると信じているからです☆

わたしの文章は本当にめちゃくちゃだけど、ハートはこもってると思うんです。

ハートを込めた想いは、わからなくてもハートにちゃんと伝わる。

そう信じています☆

 

うーんと、だから、まとまりがなくなってきましたが、
行きたいとまで思えない異国(世界)なら、
その異国(世界)の文化と言語がわからなくても別に良いじゃないですか。


それで良いのに、何も問題ないのに
(一歩もそこから動かずに、勇気も持たずに)ただ、わかりたい!!ってなってしまうのは
自分のいたい国(自分のいたい世界)に、
自分が本当は何を求めてるのかが、そもそもわかってないし、
わかろうとも別に特にしたくないんだと思うのです。
動かなきゃいけないくらいならね。

それで別にそれは悪くないのですけど、
わたしはわたしの独断と偏見で、
勇気を持って自分のために一歩踏み出そうとする人を大事にしたいので、

その上でいろいろ感じることをメッセージいただいても

わたしに何か言葉を求めてるのかもなのですが、

わたしはわかりません!笑

 

冷たい感じに聞こえたらすみません…

あと不器用なわたしにはネット上の交流はやはり上手にできないので、
Twitterのメッセージ機能はブロックさせていただきましたm(_ _)m


自分の世界を創ったら、もう、
ちょっとのムリも効かないのです。

ちょっとのガマンも自分にさせられない。

そういうわたしでOKと言ってくれる人を大切にする方に、
エネルギーを注ぎたい。

こんな人でなしみたいな人間になってまで、
わたしはなおも、
もっともっと「わたし」に孵りたいと思っているのですよ。

それで、同じように行き着く先が人でなしだったとしても(?)、
同じように「わたし」に孵りたい人を
わたしは大好きだし、
やっちゃえやっちゃえ!って
余計なおばさん的に葉っぱかけたいと、そう願うのですよ。

 

本当に白黒ハッキリしてるというか、
潔癖症というか、マイペースですみませんが、
こういうオンナなので、
それでも逢いにきてくれる方、ブログ読み続けてくれる方がいましたら
今後ともこんなオンナですが、何卒よろしくお願いします…m(_ _)m


それでは今日もあちこちに話題が飛びましたが
お読みいただき感謝を込めて!

明日も良い一日を〜^0^/

 


♪募集中♪
自分を大切にして生まれ変わりたい全ての女性のための
「ただのオンナ2人のプチトークライブ☆」

〜ただ、オンナであるだけで、全てが巡り出す人生の創り方☆〜

日時:2016年5月29日(日)15時〜17時

会場:渋谷駅近くの貸し会議室(お申込者に詳細をご連絡いたします)

参加費:4,000円(当日会場支払い)

お申込み・お問合せ:
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「トークライブについて」などの件名でご連絡ください。
※万が一、2日過ぎてもこちらからのお返事が届かない場合は、メールの受信エラーなどの可能性があるため、お手数ですが再度ご連絡ください。
詳細はこちら♡↓

f:id:santasantasan:20160424193350p:plain