「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

芽吹くことを強く望む、生命(いのち)のエネルギー☆心に折り合いをつけることができなくなり、抑えていたものがいよいよ露(あら)わになるステージへ突入☆

自分を大切にして生まれ変わりたい全ての女性のための
「ただのオンナ2人のプチトークライブ☆」

〜ただ、オンナであるだけで、全てが巡り出す人生の創り方☆〜

f:id:santasantasan:20160424193350p:plain


昨日はとても嬉しいことがありました☆
3月に開催した勉強会に、いらっしゃる予定で来られなかった方が
近況を聞かせてくださり、お茶会セッションに申し込んで下さったのです☆
状況伺い、3月ではなく今繋がることが最善だったのだなあと、
完璧な流れを改めて感じました*^^*


お茶会については5月の上旬はすでに4名の方のご予約が入っているのですが、
事前に今の状況や心境などお伺いすると、
ほとんどの方が同じような局面を迎えられてることに気付きます。


一言で表すとするならば、

「もうガマンできない!!!」

という感じです。笑


これはご本人がそう私におっしゃられたというよりは、
ご本人の「中」の、無意識でこれまで抑えこまれてた、
いうなれば
「本来の、本質の、その人の、生命の声」みたいなものが、

今までそれなりに世間に合わせて生きていく中で形成されてきた
「自分(と普段、自分も周りもみなしている人格)」の分厚い殻を破って
表舞台(現実世界)に台頭しようとしてきてる感じです。


この声については「中の人の声」と表現する方もいれば、

子宮委員長はるちゃんのように「子宮の声」と表現する方もいますよね。

それです、それ^^


それで、この「中の人」の声が、
いよいよ強く、ご本人(=世間や外側に映る社会に合わせて自分に折り合いをつけている表向きの人格)にアプローチをかけている感じです。

それは無意識とふだんの意識との間に「ドア」があるとイメージするならば、
以前は、ドアを「コンコン♡」とノックされる程度だったアプローチが、
今は、ドアを蹴破られるのではないかとさえ感じられる勢いで
激しく叩かれているような感じですね^^;


そうしてそのときの感覚というのは、
今までそれなりに「仕方ない」とか、「皆だってガマンしてるんだから」というような言葉で自分に折り合いをつけられていたことが、
今までのように簡単にスルーできなくなった、とか、

買い物や旅行に行って気晴らしをすれば切り替えられたそれらの想いが
今は同じことをしてもどこかで気が晴れない、とか、

今までは気合いで乗り越えてきたものが、
そのモチベーションさえ湧かない、体力が持たない、などなど。。。


挙げればキリがないのですが、こういったことで皆さんなんらか
「今まではなんとか出来てきたのに、なぜ。」という
戸惑いや不安、フラストレーション、焦り、迷い、不都合感、不快感…
そんなようなものに似た感情を感じて
心がザワついているのではないかと思います。

今ももしかしたらそうかもしれませんよね、
ゴールデンウィークで仕事など、ストレスから一時的に解放されたけれど、
どこか心がまっさらには晴れやかでない、というような。。。


それで、それはゼッタイ、気持ち良くはない。

早く、無くしたい。

でも、たぶんこのブログを読んでくださっている方はおわかりだと思うのですが、
それはチャンスなんですね。

もう、
超不快以外の何ものでもない!!

どうしちゃったのよ自分!!

っていう自分自身にとってはクライシス的状態が、
逆に人生トータルで見たらものすごくチャンス到来!ということなんです。


折り合いをつけられてたと思ってただけで、
本当にそうだった??

本当にその人生で、満足だった??

満足、してるフリをしてただけじゃなかった??

みんなそうだから、って言い聞かせることで、
自分の中に諦めを持てるように一所懸命じゃなかった???


…どこかに自分に嘘をついていれば、
それはいち早く、不快な感情や不満な現実として表れて、
そのサインを示してくれます。教えてくれます。


以前の記事にも書きましたが、その一連の流れが、
今年ますます加速していきます。

というか今後は、加速し続けるのみです。

ということは、今、ほかならぬ自分自身が示してくれるそれらのサインを
見てみぬふりを続ければ、なかったことにしてまた自分を誤魔化せば、
ますますその状況と苦しさは悪化する、ということ。


脅したいのではなくて、わたし自身が散々にそれを味わったので、
本当にただただ事実としてそれを書かずにはいられない…。

そうして、こんな記事を偶然か必然か、
見ちゃったということはこれもなんらかのサインであり。笑

そしてそうしたことが起きている(自分の感情の中で、外界で)ということは、
「出せ」というタイミングだということなんです。

「わたしを出せ〜〜〜〜」と中から言われ、外から示され、
ほっとくと本当に、そのうちキレられますよ☆(笑)←イヤ、本当に。。。

 

だけれど人は、生き物は、
どんなに目の前の問題が膨れ上がっても
「現状」から「変わる」ことは
それがどんなに小さな一歩でも、
死にそうになるくらい恐ろしく感じられるものです。

その恐怖を味わうくらいなら、
変わらずその問題の渦に飲み込まれたまま、
そこになんとか折り合いをつけることを試みる人生を続ける方が
よっぽど良い。

これって、心が弱いとか意気地がないとかではなくて、
とっても自然な生き物の心理なんです。


だから、自然界にもそれぞれがそれぞれ、
生物によって、生きる環境がまったく違うでしょ?

極寒の地で、それでもそこで生きることを選んだサルがいて、
天敵に攻撃を受けにくいように、延々と移動し続けるゾウがいて、
変わらないことを選んで淘汰されていった生物もいて、

みんな違うじゃないですか。


外側からの不都合過ぎるサインを目の前にしたときに
何を選択して、どこに適応すると決めたかの違いだけ。

その結果が今であって、そこに価値の優劣は一切なくて。
(淘汰はあるけれど。)


でもわたしたち人類の祖先は最後まで、
こんなひ弱な肉体でも、自由を求めて、
リスクをとっても変化し続けた。
もがき続けて、進化し続けた。

そういうDNAが、私たちの中に組み込まれていて、
そういう生命全体の歴史があって、
では次はどんな進化を、求められているのか☆


受け取ることはその人の自由で
だけれどもし、今、そのサインを生かして向きあおうと思うのなら
ぜひぜひそこに向かってもらえたらなと☆

逃げると畳み掛けるように追い続けてくる(しかもどんどん膨れ上がってくる)、
その感情(=自分の中からのサイン)や、
現実に起こるトラブル(=外からのサイン)が、

敵ではなくて、
全て自分の本来の姿が自分のために起こしてくれているのだという前提で、

本当にめんどくさいしイヤだけれど、でも逃げるのを止めて立ち止まって、
真っ向から向き合って、
丁寧にその声に耳を傾けるようにしたら、

全てが驚くくらい、好転し始める。

心が、人生が、確実に、変わっていく。


さきほど
「(向き合わなければサインが出る早さや強さが)ますます加速していく」
と書きましたがそれはすなわち、
向き合った人にとってはその応援のサインの強さは増し、
好転していくのもまた早い、ということでもあるんです。


わたし最近、毎朝ベランダに出る度に感動するのですが、
冬までは枯れ木だった外から見える木々が、
ものすっごく青々と茂っていて。
(写真で伝わるでしょうか、電線映ってるけど。。。)

f:id:santasantasan:20160430130225j:plain


ものすごい、芽吹きたかったんだろうなあと。

冬の間、ずっとずっとその時を待っていて、
強く強く望んで待っていて、
今、思い切り生命(いのち)を芽吹かせてるんだと思います。

待ち続けたからこそ、そのエネルギーがものすごいと感じられて。


植物にとっても「その季節」ですもん、
同じ生命である私たち人間も、ものすごく、
芽吹くことを強く望んでる。


本来の、望む姿で。生命のままの、輝きで。


そしてそうなれたとき、その本質に沿ったとき、

自分自身も、最高に気持ちいい☆
そして見ている人にも、莫大なチカラと勇気を与える☆

そんな人の人生が、
上手く巡らないわけ、生い茂らないわけ、ありますか??^^☆

人間も、木々も、同じ。

あなたもあなたの中の生命のエネルギー、
芽吹くことを心底望んでいる強い強いエネルギー、

ちょっとの勇気をもって、解放してあげてくださいね♡

♪募集中♪
自分を大切にして生まれ変わりたい全ての女性のための

「ただのオンナ2人のプチトークライブ☆」

〜ただ、オンナであるだけで、全てが巡り出す人生の創り方☆〜

日時:2016年5月29日(日)15時〜17時

会場:渋谷駅近くの貸し会議室(お申込者に詳細をご連絡いたします)

参加費:4,000円(当日会場支払い)

持ち物:オンナとしての自分のこれからの未来に懸ける、ほんのちょっとの希望と勇気、そしてワクワクする気持ち♡

お申込み・お問合せ:
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「トークライブについて」などの件名でご連絡ください。
※万が一、2日過ぎてもこちらからのお返事が届かない場合は、メールの受信エラーなどの可能性があるため、お手数ですが再度ご連絡ください。
詳細はこちら♡↓

f:id:santasantasan:20160424193350p:plain