「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

【続き】つい男性と戦っちゃう、競っちゃうという方へ。〜自分を生きる91日目②

さて、長くなりすぎたので2つにわけた先ほどの記事の続きです!
※先程の記事↓

「ただのオンナ」である自分、
がんばればある程度できる自分、
つまり実は特別に特別でない自分 を明らめられないと何が起きるか??の続きです。

よく「わたしの方がオトコより仕事できるし!!」
って言ったり思ったりしている女性がいると思うのです。
(昨日のお茶会メンバーの一人が「わたしはそれだった…バカだった…」とすごくおもしろくたくさん話をしてくれました☆でもそこを認められることがスゴイですよね!!)

でも男性がスゴイのはそこじゃなくて、
いつもコンスタントに頑張り続ける力が本能で備わってるところです。
今はメンタルの問題とか、そうじゃない人も増えていはいるけど
(それは女性のせいとわたしは思ってますが)
基本的にものすごいタフだし。

でも女性はというと、
ホルモンバランスで1ヶ月の間にもいろんな波が心に起きるし、
身体も年代とともにどんどん変わっていきますよね。

揺らぎや波があって本来、当然の生き物。

でも、そういう「ただのオンナ」にあって当たり前の性質を明らめきってなくて
(諦め、じゃないですよ)
「男性と同じように(もしくは負けないように)」
基準値を自分の最高水準のやる気とか、
仕事の質とかに合わせてコンスタントに結果を出し続けようとすると
そこを「がんばる」で埋める必要がどうしても出てくるのです。

たとえばわかりやすく説明してみますね。

生理後の一番調子の良いときのやる気と仕事の質を100、とする。
女性の方々、そこを「自分の基準値」としちゃってませんか?
つまり
100が「本来のわたし」で、

100の自分と比較して「オトコよりできる!!」って思ってたりしませんか??
ってことです☆

そうすると月経前や月経中は、体調や気持ちの落ち込みがあって50だとして。
子どもが熱出した、来週はお義母さんに会いにいかないと、みたいな
プライベートの予定や気持ちを割かれることがあると60とか(笑)。

そういう、元気なとき100に対して50、40の「差」がでたとき、
「それも大切なわたしである(=ただのオンナである)」
ということを明らめられてないと、受け入れられてないと、
気合いやがんばりでその差を埋めようとするんです。

薬を飲んだりリポデを呑んだりして(笑)、
すごい踏ん張って、
100に自分を持って行こうとするんです。
差を埋めて、“克服”しようとするんです。

なぜなら50、60の自分を自分が認めたくないから。
100が本来の自分であって、50、60の自分は違う
これは本来の自分の実力ではない、って思ってるから。
 
でも、月経も妊娠も出産も、なんなら月の満ち欠けによる感情の動きも、
「あなたの中にずーっとあって、
本来のあなた(オンナ)の自然な姿ですよ!!」

ってこと!
揺らぎがあって当然なんです。
そもそも克服しようとすることが、自然の摂理に反してる^^

ただのオンナだったら、そもそもそれを受け入れているので
そこも「本来の自分」として認めているので、
50、60のときは
→「仕方ない」から「男性に頼ろう、お願いしよう」
→「助けてもらってありがとう、男性ってやっぱりすごいな♡」
→男性にも、喜んで助けられる
→御礼にオンナとして、自分が気付けるところで男性を助けようと思う
→みんなハッピー^0^
ってなるんです。(ホントに!!)

50、60の自分を本当に受け入れていたら、
男性と張り合おうとか、オトコよりもわたしの方が、とか
そういう発想にならないはずなんです。
ただの「得意分野の違い」という認識になるはず。

話が膨らんじゃいましたが、
そこ(オンナの揺らぎ、一見した弱さ)をまず、
周りがどうか?じゃなくて、
そもそも自分が受け入れようとしてんのか??ってとこです。
 
使えないオンナになりたくない。
そういう一時的な、
しかも自分と一生付き合っていくわけではないであろう人たちの集まりである職場で
その一時的なプライドを優先するのか、
自分がオンナとして「どうありたいか」に従って
今のあり方を変えていくのか。


そこの「自分が今後どう在りたいか」という想いにそって
「捨てるとこは捨てる」と「決めるとこは決める」が、
昨日の記事に書きましたが大変潔かったです、皆さん(笑)
それってやっぱり、
「サンタサンタがそういってるから」じゃなくて、
自分で何が大事かを深いところではきっともう決めてるし、
わかってるからなんですよね☆
さらに言えば、「特別に特別でない自分」をあきらめきって
ただのオンナで生きようとしたその瞬間から
比較したそれではない、
ものすごい特別な存在の、価値ある本来のアナタが出てくるからこそ二度オイシイ☆
ってことなんです☆(これはわからなかったらお茶会で聞いて下さい☆)
 
Hさんは今の彼氏さんと婚約中だそうなので*^^*、
お仕事場でのその勇気の積み重ねが、
旦那さんとの関係やこれからもしお母さんにもなったときに
ものすごく生きてくると思います♡
そしてHさんなら、それができる!!!
だってすでに、実践されて現実を変えてるし!!!
できるところからますます、
甘える、たよる、がんばりを手放す、本音を言う
さらに実践して拡大させていってください♡
心より応援してます!!!
 
それではお読みいただき感謝を込めて!
昨日からわたし、超・まれにみる連続更新ですよ!!(笑)
なんでだろう??と思ったら本当に、
昨日の御茶会で「ただのオンナたちの底力」を強く感じられたことが
本当に嬉しかったんだと思います。
改めて、女性であればゼッタイ誰もが幸せになれる道だと確信できたこと
とてもうれしく思います*^^*
一人でもおおくの女性がその底力を発揮できますように♡
ではまた〜♪

◎お茶会についてのお申し込み
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います)にて、
「お茶会セッションについて」などの件名でご連絡ください。
※万が一、2日過ぎてもこちらからのお返事が届かない場合は、メールの受信エラーなどの可能性があるため、お手数ですが再度ご連絡ください。

santasantasan.hatenablog.com