読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

オススメ本☆ただのオンナに戻る勇気を与えてくれる、加速させてくれる一冊☆〜自分を生きる86日目。

自分を大切にする 女性性&幸せな生き方 女性性開花のお助け情報

前回のサタンサタンな記事に、皆さま温かいお言葉ありがとうございました^^
みんなネガコメに悩んだり怒ったりしているんですねえ
※前回の記事↓

santasantasan.hatenablog.com


ところで昨日、この本を手に入れました☆

f:id:santasantasan:20160412140421j:plain


「子宮委員長はるちゃん」
の新刊「願いはすべて、子宮が叶える」です♪

最近お茶会に申し込んでくださった方の中にも
「子宮の声に導かれて」と言ってくださった方もいたりするので
ご存知の方も大変多いと思います^^

それで今日は、わたしがこの「ただのオンナに戻る」ということに
より勇気とスピードを持って進んでいけるに至った
「子宮委員長はるちゃん」とのご縁
(と言っても会ったことはないのですが)について
ちょっと書いてみたいなと思います!
長いかも…。



わたしがはるちゃんのブログを知ったのは去年の11月、
まさにこのブログを始めた頃のことだったかと思います。

当時のわたしは、所属しているエージェント先で
本当に面白くてイノシシのように突き進んでいた真理の追求に
違和感とともにブレーキがかかり始めてたときでした。


その違和感っていうのは、
うーん、、、上手く書けるかわからないんですけど…


真理はたったひとつで、
そこで発信してることもまた、間違いはない(とは思える)。


けれど、その中にどこか、何か「真理ではない何か」が、
よぶんに混じっているような気がする。。。


そういう自分の中の、
できれば見たくない疑問がどんどん膨らんでいって、
たどりついた仮説が
「この違和感は、真理の中に、男性の論理が混じってるからなんだ」
っていうものでした。

 

というのも、エージェント先の組織のトップ(創業者)は
バリバリの経営者出身の男性で。


けっして真理を悪用しようとしていない人であることは確実なのですが
それでもそれが、
男性目線から捉えた、真理 であって、

そしてトップである創業者の、
男性としての事業の経験からくる部分が真理の中に微妙に混じってて、
そこで培った「常識(人間の考え)」と「真理」が
どこかで一緒くたになってるんだ、と。


それでその想いに至ってしまったとき、
わたしはものすごい罪悪感に覆われた気になって。


なぜなら当時(というか今も)、
トップから出てくるものはクライアントさんたちも職員も
全員が全て、100%真理として扱っている中で、
唯一自分だけが、
「この人の言ってることは、間違ってないけど、でも100%じゃないんだなあ」
みたいな感覚を持ったことは、謀反人みたいな気がして(笑)

だからって、
「間違ってる!!」
「いけないんだ!!」
なんて批判的な想いは毛頭なくて、
ただ自分が自分の人生で取り組んでいく上では、違うとこがあるってことなんだな。

そういうフラットな感情でした。


それに当時はいろいろなことがわたしの人生の中で好転してきたなかでも
まさに自分自身はおろか旦那さんとの間の「性」の部分で課題がありました。

そうしてそこは、創業者もいろいろなかたちで発信してるけれど、
どうも聞いててしっくりこない
だからこそ実践だと思って銀座でホステスにトライしてみても、
それは「女性」であることのいろいろなことは思い出せても
「性」っていうもう一皮つっこんだところには至ってない、
そことは全然、大きな差がある、と感じがしたのですよ。

 

たとえばね、エージェント先が気づかせてくれたのは
命の働き、仕組みに、全ての答え(真理)がある、っていうこと。
そこに人間があとから付け加えた「理性」や「ルール」を最優先させるから
いろんな問題が起こってくる、っていうこと。

だから人間の身体の作りが先生であるってこと、
つまり「性器は先生」ってことなど。


でもじゃあね、そこを基本的考えにおくと、

生理のときに、女性に感情の波や痛みがあることが
あらかじめ備わっているならば
(痛みの大小の良い加減っていうのは別の話としてね)

それはそもそも、男性と同じように働くようにできてないんではないか??とか、


営業コンサルもやってる組織だったので、
「お客様に先にたくさん与えることで、心を開いて喜ばれて買ってもらえて、
それがお金(売上)になる」
というもっともそれらしい教えも、
営業を男女の行為と捉えると(ぶしつけな表現でごめんなさい><)
振り向いてほしくて追いかける対象であるお客は原始的に考えると、
イコール女性

だとしたら、「先に与えて心を開いてもらう」は
先に(愛を)与えて心(足)を開いてもらなわないと、
男性は契約(受精)を達成できないから、って考えると、

そのもっとも万人に値するように聞こえる教えさえ、
男性のみに対して有効なものなのでは???という気がしたんです。


むしろ女性は命を育む性だから、与えようとするよりも
自分に全てが与えられることが、
体内に子どもが宿る性と捉えたときに
絶対的に自然の法則に即していると感じたんです。

なので花みたいに
自分が輝いて潤沢、豊潤(←まさに身体に言えることですね)であることが
人を引き寄せる=お金にも成るんじゃないか??
与えて与えて、っていうのは、オトコ的なんじゃないか??

などなどなど、
どんどん矛盾が生まれていって。(わたしの頭の中で。)


するとどんどん、エージェント先の商品やセミナーが、
悪いものではないとわかっていても興味がなくなってしまって
(自分にミリでも矛盾が生まれると、動けなくなってしまうタイプ)、
興味が持てないからどんどん数字が出せなくなっていって(笑)


確信を持ってやってたことが、ある日急に「違うのかも」と思うこと、
その罪悪感と、そのことでせっかく回り始めていたお仕事
(フルコミッションだったのでね)が
生計を立てていけなくなるんじゃないか?
という恐怖は本当に大きかったです。

それでも、
自分が信じる、というか本当に、身体や自然の仕組みに沿った生き方をわたしはしたい、という想いに嘘がつけなくて。

だからこそ、今までのわたしが当たり前としてきた「世界」を
正しい正しくないの判断からではなくて、
自分がどうしたいか、の想いで
「創り変えたい!!」と、そう思い始めていたんです。

それで、そんなとき!!!


出逢ったのが、「子宮委員長はるちゃん」のブログでした。


きっと多くの、はるちゃんファンの女の子たちがそうだったようにわたしも
「あ!自分の感覚は間違ってないんだ!!」って
すごく救われたのです。
そして自分を生きる過程とその生き様に、ものすごく感動して、尊敬して。


そこからはいっこいっこ、自分が学んできた「真理」と、
はるちゃんが「性」の部分を通して
経験を通じて自分のチカラでつかんでいった「真理」とを
照らしあわせて、答え合わせをするような日々でした。
さらに、あ!なるほど!!フムフム!!確かに!!って
新しい視点をいただいて、取り入れていくことでまた現実が変わっていったり。
そしてそれは、とても大きな希望になりました。


そんな中で痛感したことは、
わたしは人生が好転していったことの圧倒的部分が、
自分で自覚を持って得てきたことよりも、
真理に沿ってたことで自然発生的に得られたことばかりだったということ。


たとえば精神的にも肉体的にもボロボロだった職場から自然と離れられたことも
旦那氏との出逢いも、
とても良い流れでホステスを経験できて自然と離れられたことや、
婚約指輪のダイヤが降って来たことなど…

そういうの全部、確かにミラクルの連続だったのですが
あんまり自分の考えなしに
なんか自覚なしにラッキーがついてきちゃった、っていう感じだったんです。


それはそれで良いというかすごいことだと思うのですが、
自分で確信を持ってそこを得てきてないということはつまり
ブレやすくもあるのです。


ご存知の方も多いと思いますが、はるちゃんは誰かに学んだことではなく
ひとつひとつ、恐怖心と逃げずに向き合いながら
自分で自分の道を切り拓いていた方で。

だからこそ、その道を切り拓いたことで得てきた今の現実に対して、
本当に確信を持ってる方ですし、
さらにさらに現実を素晴らしいものにしてらっしゃいますよね。


エージェント先のクライアントさんも、そしてきっとわたし自身も
そういう「自分で痛みや恐怖と向き合うこと、それでも自分を信じること」
っていう経験が少なすぎて、ただトップの言われたとおりにやってたために、
いったん現実が良くなっても、
結果、すぐに心がブレたり迷ったり不安になったりする、
っていう課題があったんです。


あれですよ。
日々自分の全てと向き合いながら、
それを積み重ねて筋力をつけて自分で現実を創ってきた人と、
言われたとおりにやれば救われるんだろうと思って積み重ねがない人では
同じ結果を得られても、継続性とか深さが違う!!っていう。
成長促進剤で根っこを貧弱なまま花を咲かせても
根っこが弱いから、すぐ枯れたりしちゃう、ってことです。


なのでわたし、そういう自分の根っこの貧弱さを自覚して、
「ただのオンナに戻る」ために、
学んできたことをもう一度、外の誰かからの意見ではなく
自分の中の神様に問合せしながら「実践」というのを積み重ねてきました。
もう勉強は良くて、とにかく実践実践!!と(笑)

その実践において、自分もさらにパートナーシップや現実が変わってきて
自信をもって伝えたいし伝えられると思ってアウトプットしてきたのが
このブログ、というわけなんです。


ちなみにこれまでの記事で書いてきているとおり
パートナーシップは性の部分も含めてすごぶる良くなり、
エージェント先は月3日ほどしか出勤してないのですが、
常駐の男性職員さんたちの素晴らしいフォローで
勝手にお客さん(男性)が契約してくれ、
さらにご自身のお仕事の成果を上げていってくれてます。
わたしが拙くフォローしてたときよりよっぽど有能に成績を上げられて^^;

※こちらの記事などまさにそれ↓

santasantasan.hatenablog.com


はるちゃんのブログは深さがものすごいので、
わたしは正直読んでも「???」ってことがまだまだたくさんあります。

でも、ただ答え合わせと思って読んだときと、
自分で実践してみたときにもう一度読んだときと、
その実践を継続し続けた先にもう二度読んだときと、
響き方も伝わり方も全然違って、
毎回違うものを読ませてもらってるみたいな気持ちになります。

なのできっと、この本もそうなんじゃないのかな??と。
そして本には、自分で何を実践したら素晴らしい現実が創れて
その景色を見てますます自信と自覚をもって
「自分で」自分の現実を創っていくための方法(それが一過性でない方法)が
ゼロからすごく丁寧に書いてありました^^


今まではね、
富士山の、登り口がどこからであれ、頂上に到達できるのと同じように
わたしはどちらかというと、
自分が学んできたことをベースとして自分の人生っていう山を登って(実践して)
きた。
その道程のなかで、
はるちゃんの言葉と一致すること取り入れてやってきたように思います。


けれど、今回この本を読ませていただいて、
自分が登ってきた道を大切に思いながらも、
一度まっさらな気持ちでマジメに
「子宮メソッドっていう登り口を登ってみたい。と思いました。
もっともっと、余計なものは捨てて、まっさらな素直な自分になりたい、と。


長くなってしまいましたが、
とにかく「自分を大切にしたい」方、「ただのオンナに戻りたい」方
そういう女性全てにとってもオススメのご本です^^

※書籍のアマゾンリンクはこちらです↓

願いはすべて、子宮が叶える  〜引き寄せ体質をつくる子宮メソッド〜

願いはすべて、子宮が叶える 〜引き寄せ体質をつくる子宮メソッド〜

 

 

あと一週間ほどですが、新刊キャンペーンもやっているそうですよ♪

cloverpub.jp

あと、はるちゃんのブログのリンクも貼っておきます^^

ameblo.jp

 

それでは超長くなってしまいましたが今日もご覧いただき感謝を込めて♪
「ただのオンナ」でますます輝く女性が増えますよ~に☆

サンタサンタ。