「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きていく軌跡☆

お金、仕事、パートナーシップ、女性性…いろいろ振り返りにつながった朝のプチ事件。〜自分を生きる67日目。

今朝、以前お世話になった方(40代女性)から旦那さんとわたしへ、
あるお願いのメールがありました。

この方、わたしが今の心や宇宙の真理を学ぶキッカケを与えてくれた方です。

そういう意味で恩人だし、とてもお世話になった方ではあるので
3年ほど前、起業するのでHPを作りたいという時に、
旦那さんに繋いでかなり激安でサイトを作ってもらったのです。
それ以外にも、写真撮影やら動画作りやら、
彼の分野をとても安価で引受させていただきました。

ご本人は
「わたしのサイトを作ることで、あなたの彼の実績になって応援できると思うの」
とご丁寧に言ってくれたのですが、その随分前からその方に対して
「なんか、どうなんだろう」
って違和感がありました。

でも、
「お世話になったし。」
「恩人だし。」
「悪い人じゃないし。」

って、違和感のほうを見ないように見ないようにしてきてて。

わたしがそうだから、彼も、ただただ
「サンタちゃんがお世話になった人ならいいよ」と、
文句もグチもひとつ言わず、さわやかに引き受けてくれて、
勝手に楽しんでくれてました。だからまあ、良いっちゃ良いのですが。


問題だったのは、当時のわたしがホントに自分を生きてなくて弱かったのです。

「彼が独立するとして、仕事を本当に取れるのか?稼げるのか??」と、
不安でいっぱいで。

だからわたしにも、その言葉がとても甘く優しい響きに聞こえたのです。
自分のそういう不安感、弱さの根底に何があるのか??
自分を真摯に見つめることもせずに、
「そうだよね、わたしは彼の応援をしようとしてるから素晴らしいんだ」
って、完璧に自分にも違和感にも蓋をして、
恐怖心からの見た目キレイに映る選択をしました。

自分に嘘をついて逃げようとするから、その逃げを手伝ってくれる悪魔が
一見きれいな言い分に聞こえるやつを、囁いてくれるわけですよ。
そうしてそっちを選ぶから、良い方向にいかなくなったり。
つまりこれもまた、自分が望んだ通りになっている、ということであります。


そんな当時のわたしに。
今なら「たわけー!!!」と言ってやりたい。


それは金額の問題ではなくて、
男性の仕事に不安感から口出しするという、
余計どころかジャマなことをした、という点においてです。


実際この後、お世話になっているいつもの強面社長も
わたしを応援する意味で何十万も払って彼に仕事を与えてくれたり、
N◯Kグループ企業の常務に紹介してくれて
「N◯Kで正社員として雇うので修行したら?」
というお話をくださったりもしたのです。
(この世界では本当に、「何を言うか」よりも「誰が言うか」ですね。
コネ、と言えばそれまでですが、“人”が全てであるその世界が
わたしはとても素敵だと思っています)

でもそんな有難い流れさえも今は、違うな、と思うわけです。


全部、わたしの不安感から生まれた流れだったから。
これは宇宙の流れなんだけど、宇宙の流れじゃないわけなんです。
その証拠に、当時の彼は元気がなかったのです。
全然、本来の彼らしくなかったのです。

それも当然で、横にいる女(わたし)が
「あなたがダメだから、わたしがすごい人とつないであげてるのよ」
ってどこかで思ってて、そういうエネルギーを注ぎ続けていたんですもん。
そうすることで、一見旦那の世話を焼くことで、
心配して旦那の事に心乱されていることで、
わたしがわたし自身の問題である不安の根本に
向き合うことから逃げていたんですもん。

ほんと、昨日の話じゃないですけど、
おブスって、当時のわたしも本当におブスですよ!!
ちゃんとメイクもしてたし、服装なども気を使ってたと思いますよ。でも
きっと絶対、そんなこと毎日思ってたから、心だけでなく顔が醜かったですもん。

そんな女が男性に大切にされるはずがない。
(それでも一緒にいてくれた、そこからなんでも吸収して学びに変えてくれた彼に
ほんとに感謝ですしだからこそ心底惚れなおすのですが。。。)

だからこそ、もう二度とそんな自分に戻りたくないし、
自分を見つめることから逃げてそういうところに留まっていたい人とは、
きっと縁を持ってもお互いにとって良くないのだと思うのです。
(特定の誰とかってことじゃないですよ、念のため!!)
だからこそ、わたしがちゃんと、そのまんまのわたしをブログでも表すって
すごく大事だと思っています。


それで、話戻って今朝、当時お世話になった方のご連絡内容は
一言で言うと、無償で彼にHPの一部修正をしてほしい、ということでした。

 わたし、昨日の記事を書いたからこそ、
「もういーや。」
と素直に思えて。

確かにお世話になりました。恩を感じています。

でもこの人、もういーや。
しかもその修正理由が、わたしたちと同じように、無償協力してくれた知人に
もう協力できない、と言われたから必要になったことだとわかり、
ビジネスとかお金に関しても、改めて明確になったことがありました。

この人ほんとうに、ずーっと、
「今」、目の前の得しか考えてない。
「今」、得することを選び続けて、
結果的に周囲の人を失っていく、
将来の大損っていう穴しか掘れない。

そういう人が、ほんとの意味で豊かになれるはずがなく。

そして婚活の支援をしている彼女は、

「結婚をして、子どもを産みたいという人を心から応援したい。
なぜならそれが人間の一番大事なことだからです。
そこに自分の意志と行動を向けることが大切です。」

と明言していて。


でもわたし、知っています。

自分自身が子どもが欲しいのに、
旦那さんが望んでいなくて、
怖くて話合いできないまま何年もいることを。
セミナーに何度通っても、旦那さんと一緒に学んでいるから
体裁を気にしてそのことをテーマにできないままでいることを。


それもまたその人の人生、だけれど、
自分が踏み込もうとさえしていないことに、
人を踏み込まそうとできるの??


この方だけでなく、表面上ビジネスを良く見せかけたいために、
パートナーシップや家族関係に
自分のほんとうの望みや恐怖心に
がっちり蓋をして本末転倒になってる人、本当に多いです。
何かにつけてビジネスの整備にお金をかけないようにしているところも
稼げていないんだな、と思ってしまいます。(わからないけど)

そして最近、それでビジネスだめになっていく人を見かけます。
起業支援の仕事をしてたときは、
なぜかスムーズに上手くいく人とそうでない人
その違いってなんなのかわかりませんでした。

でも今ならわかるのはそれって、
ノウハウでも宣伝能力でもない、
自分に嘘をついて生きているからだよ。
自分を大切に、本当に自分で生きようとしてないからだよ。
蓋してまわりに合わせて、キレイに取り繕うことばかり考えているからだよ。

お金か、周りの評価や反応が目的になってるからだよ。

そんなこと忘れるくらい、自分に集中してないからだよ!!

そうしたら、そのビジネスとか夢とかが必要なかったら勝手に廃れていってくれるし
(無くなるのが良いことだってあります)
何か続けててOKならOKサインが何がしか、必ず降ってくるし、
なんとか生きていけるくらいには状況整ってきますもん。


…なんだかいろいろ目に耳にポツポツ入ってくる外側のこと、
いろんな自分の中の想いや疑問、
バラバラと点と点だった部分が今朝のメールでつながって
またいろいろと学びになりました。

大体、そういう人と数年前まで一緒にいろいろとやっていたことが、
わたしたち(というかわたし)がまさに同じ穴のムジナだったということであります。
いかに、努力する方向がちゃんちゃらおかしかったかが、
笑ってネタにできるようになったということが、
経験はムダではなかったということで^^;

最後にもいっこ、
今までは違和感を持ちつつも
「でもお世話になったし」と
わたしがこうあるべきという思考でGOしていたので彼も
「サンタちゃんがそうしたいなら」と
やるなら本気で楽しんで取り組んでくれてました。


でも、わたしが今日
「ほんともういーわ。やるならちゃんと適正金額提示しよう」

ってなったら、
「まあ安さを求めるとこういうことになるってことだね」
ってバッサリでした。

男性は女性のために本当にがんばってくれるものだと思うのです。
でも、肝心のその女性が
ブレまくりで自分を見失っていつも頭ガチガチでいたら、
全く本人(その男性)の輝きが生かされない、
見当違いなところにがんばらせてしまうのだと。
そうして男性の本来の力をツブすか、開花させないのだと。

女性の感性と感覚がビンビンに冴えていると、
女性がゴキゲンで、男性もそれ見てゴキゲンで、
何も言わなくても勝手に自信をもって仕事にもプライベートにも邁進してくれるのだと。

そういうことも、改めてハッキリ明確になった、今朝のプチ事件でありました。

ひとが見せてくれるものは全部、わたし自身に示唆し、教えてくれること。
わたしももっと自分に集中していきたいと思います^^

それでは今日もお読みいただき感謝を込めて♪
素敵な一日をお過ごしください!!

4/16(土)「女性性を開くお茶会」、ご興味のある方はお気軽にご参加ください♡
お申し込み・お問合せは
フォームからか、
メール(thanksandhappydays☆gmail.com←☆を@に変更願います^^)にて、
「4/16お茶会について」などの件名でご連絡ください^^

 ↓

santasantasan.hatenablog.com