読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

結婚したいのに、など、パートナーシップで悩む方へ。〜自分を生きる27日目。

そういえば旦那さんに、「なんで独立したいのか?」と聞いたことがない。
今さらそんなことに気付き、昨晩聞いてみました。すると、
「野生に戻らなくてはいけないのです。」
と。

でました、珍回答。
でもその晩、
明け方まで淡々黙々と書籍の執筆に向かう旦那さんの背中
(※異様なオーラを放つ)を見ていたら、
なんだか本人が言いたいことがわかったような気がしたので、
珍回答でしたが私的に納得しました。

なんでこんなことを書こうと思ったかというと、
昨日の記事で、

「(ホステスをやることに関して)ダンナさんから
”なんでやるの?”と聞いてもらいたい気持ちは無かったですか?」

というご質問をいただいたことから、書きたいと思ったことがあったのです。
(コメントほんとに有難うございます!)

※昨日の記事ですー!

santasantasan.hatenablog.com

これが、
旦那(当時、彼氏)が、彼女に理由も聞かずにホステスOK出す
→自分に対して気持ちがあるのか不安だったり、淋しくなかった?
という意味であれば(全然解釈違ったらほんとにごめんなさい!)、
そのことに関しては全くそういう気持ちは無かったのです。

が、彼に対して
「自分に対して本当にこの人、気持ち(愛)があるのか?」
と、長く不安を持ち続け、淋しく思っていた点が過去に一点だけあり、
そのことと、それをどう乗り越えた(その不安が消えた)かを
今日は書きたいなとふと思いました。
(解釈が見当違いだったら申し訳ないのですが、
でも一つの切り口を与えてくださって有難うございます!)


・「入籍日を決めない→結婚する気が無い」?

↑コレです、コレ。
以前からブログを読んでくださっている方はもう何度も聞いてるよ!
って話だと思うのですが、
旦那、旦那と呼んでいるわたしの相方、
まだ入籍してませんのです。

お互いの家族公認で婚約はしていて
もう夫婦みたいなものではありますが、
入籍の具体的な日取りはまだ決まっていません。
(たぶん、今年の夏くらいまでにはという感じですが、
約束してるわけではないので!)

それで、長く付き合っていて、一緒に暮らしていて、
婚約指輪ももらっていて、
でも、入籍日は決まってない。
となると、
「なんで?」
って聞かれるわけです。
これが長い間、
「そんなもん、わたしが聞きたいわい」
というのが正直なところでしてですね。


随分、不安だったのです。
好きは好きなんだろうけれども、
結婚相手とするかどうかはまだ迷ってるのか?
とか、
結婚っていうことを決めるのが重責で、
なんか先延ばししたくなってるのか?
とか、
このままずーっと、先延ばしにされ続けるんじゃないか?
とか。
周りのおじさんたちには(※わたしの周りはおじさんが多い)
「独立して安定したら結婚しよう、とか思ってるに違いない、
そんな程度のやつはそもそも成功するわけがない」
とか、
「何事も、決めないとダメなんだよ。目標設定と一緒だよ。
オレの時は…(以下、本人の武勇伝を語り始める。)」
とか言われて真に受けて、
更に不安と悩みの深みにハマっていったり。

今こうして文字にしてみると苦笑というか、本当に、
「ブレブレだったのは、旦那じゃなくてあんた(=わたし)だよ〜」
とツッコミたくなるのですが^^;

どれだけ他人の言葉(他人の主観と人生経験)と、
「こういうタイプの男=こういう本音を持っている」
みたいな世の中で出回っている情報とにわたし自身が振り回されていて、
「旦那さん本人」と「その旦那さんを好きになったわたし」とを
全然信頼してなかったことか。
目の前の人を、まっすぐ見つめようとしなかったことか。

じゃあ今、旦那さんが入籍日を決めない理由を、
人に納得が行くように説明できるか?というと、
答えはNOのままなんですよ。

でも、そんなこと(いつ、が決まっているかどうか)が
どうでも良くなった、ということと、
わたし自身がなんとなく、旦那さんの想いや望んでいる入籍のかたちを
わかれるようになったから。

その「わたしのなんとなく」が旦那さんのそれと一致してるか?
確認したわけじゃないですけど、
言葉で確認が取れるかどうかは大事じゃないということがわかったというか。
(言葉をもらえたら、自分は安心ではありますが。)

そして最悪(※それが本当に最悪かは、最期の時までわからないけど)、
このまま入籍しないってなっても、
それはそれでいいや。と思えたというか。

「それでもこの人と生きていきたいのは、
他でもないわたしだから仕方ない!」
ということです。

そうしたらこれってとても不思議なんですけど、
以前はとても不安で辛かったことが、
状況自体は何も変わってなくても、
心は全然つらくならなくなるんですよね。


そして、人の納得を得ることなんてムリ、って思った。
というのも、当事者同士以外においての納得って、頭だからです。

頭って、その人の過去の記憶と、価値観から出来ているから。
人それぞれが、自分の経験と価値観から、納得できるかどうかの判断をするから。

わたしと旦那さんが、ちょっとお互い変人なのはもう明白な事実で、
それを常識内で説明して、多くの人にわかってもらおうってのが、
ムリな話!
ムシの良い話!

でも、人に納得してもらう「ちゃんとした、それっぽい理由」が、
過去のわたしには必要だったのですよ。

自分が納得したかったから。
納得させられたかったから。誰かに。
そのことで、「入籍日を決めてもらえない自分」という自分の捉え方を
埋めたかったのだと思います。

でもそんなものでしか埋められない自分のままだったら、
結婚しても、
「あれをしてくれないから愛されてない」
「これをしてくれないから愛されてない」
っていちいち探す自分になって、
相手に求め続けるだけのわたしであったと思うのです。

断言しますがそんなの、
この旦那さんでなくても相手が誰でも、上手くなんていかないから!(笑)

だからきっと、その自分で旦那さんが入籍してくれなかったことは、
他の誰でもない、わたしにとって最上に幸運なことだったと思います(笑)

旦那さんは、しゃべると常に、常識で考えると珍回答。
(あんたもだ、と言われそうですが^^;)

でもその背中と行動は、どんな言葉よりも愛と責任を、感じるのですよ。

だから、わたしがそう思っているのなら、それでOK!
だからといって、事業が上手くいくのかも、この関係が上手く行くのかも、
もちろんわたしも全くわかりませんが、
それが「自分の人生、自己責任」、っていうことなのでしょう。

ちなみに入籍日については今は、ワクワクと楽しみにしているのです。
それは、わたしがわたし自身を高めていくことと、
旦那さんが旦那さんを高めていくこと、
それにそれぞれが集中していった先に、
お互いにとって100%、最良のタイミングで、
スーッと自然に、そういう流れができてくると思うので。

どんなタイミングを与えてもらえるのかな〜☆とか、
わたしがどれくらいわたしを高めていけると
(天から)OKもらえるのかな〜☆とか、
そういう見えない未来を、楽しみにして待っています!

「結婚したい(とか、妊娠したいとか、親と同居したい、とか、
パートナーが関わること全般。)」
という方がいて、
だけど今、自分の思い通りに行っていない!と悩んでいる人がいたら、
究極、なんでそうしたいのか?
ということと、
(パートナーの協力を得られない(と思える)ことで)
「その欲しいと思っていることを得られない」
ことと、
「その人と生き続ける」
ことと、
自分にとっての優先順位がどっちなのか?
自分にとってのその優先順位の理由はなんなのか?
とことん自分に問うていったら、
見えてくることがあると思います。

それでその見えた上で、自分のしたいようにしたらいいと思います。
どちらかしか取れない、というわけではなくて、
どちらも取れる未来だってあって、
大切なのは、自分が自分の望みの背景や原点を
しっかりとわかっていることかなと。

そして、周りの声とか社会の常識とかノウハウ本とかじゃなく、
「あなたが好きになった、あなたの目の前の人が、どうなのか?」
ということを、
自分の目でしっかり判断すること。
これも、パートナーが逃げてると感じたらすぐに関係終了!
とか極端なことではなく(笑)、
そのパートナーの弱さとかを、それも含めて受け入れてでも
一緒に生きていきたいのか?いきたくないのか?
これも外の声じゃなくて、自分の本音で。

じゃないと、感情に振り回されて選択をし間違えて、
後悔してしまったら悲しいですもんね!

今日は久しぶりに長くなってしまいましたが、
もしパートナーシップで悩んでいる方がいたら、
一つの参考にでもなれば嬉しく思います!
(ならないか…?)

それでは今日もお読みいただき感謝を込めて!
今日もステキな一日をお過ごしください^^

☆☆☆

※実は…この記事には続きができました。
自分を見つめる、本気でパートナーと幸せな人生を歩みたい
勇気のある方だけ続きをどうぞ♡

santasantasan.hatenablog.com