「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

三菱一号館美術館 cafe1894へ。

昨日、旦那さんと一緒に東京にある三菱一号館美術館内の「cafe1894」へ行ってきました^^

このカフェはもともと、明治期に銀行だった館内をカフェとして復元した場所なのだそうです。とても銀行だったとは思えない!と感じるほど、建物自体が非常に素敵な雰囲気の場所でした。

二層吹き抜けとなっていて天井がとても高かったです。そして柱一本とっても彫刻のように細部に趣向が凝らしてあって(ボキャブラリーが少なく、この日本語の表現が正しいのかよもやわからないのですが…)惚れ惚れしながら何度も上を見上げてしまいました。

f:id:santasantasan:20151210225751j:plain

f:id:santasantasan:20151210225946j:plain

f:id:santasantasan:20151210225751j:plain

窓もとても大きくて、ちょうどイチョウがキレイな時期で嬉しかったです^^

f:id:santasantasan:20151210230426j:plain

旦那さんはこのライトがお気に入りのようでした。(鹿の角をイメージするらしいです)

f:id:santasantasan:20151210230512j:plain

クリスマスシーズンなので、ツリーやリースもとても可愛かったです!

f:id:santasantasan:20151210230601j:plain

f:id:santasantasan:20151210230633j:plain

帰りに撮ったので少し暗くなってしまいましたが、外観もとても素敵です

f:id:santasantasan:20151210230715j:plain


ティータイムを利用させていただいたのですが、美術館の催し(PRATO展)に合わせた期間限定のデザートがあって、私たちはそれとアップルパイをいただきましたよ〜^^

f:id:santasantasan:20151210231105j:plain

f:id:santasantasan:20151210231114j:plain

(all photo by 旦那さん)

ちなみにこれだけ素敵な空間でもお茶もスイーツもそんなに高くないし、サービス料などもかかりませんでした。誰でも気軽に立ち寄れる空間としていてくれて、それがすごく有難いことだな〜と思いました。


自分を大切にする方法っていろいろあると思うのですが、最近旦那さんに付き合ってもらって試していることの一つは、一緒に心地よい空間に足を運んでみることです。

予算は限られていても、ティータイムなどで素敵な空気や空間を体感させてもらうことはできるんだなと気付きます。丁寧だけれどさりげないサービスや、「美味しい」だけじゃなく食器やインテリアが素敵だなあ〜気持ち良いなあ〜っていうのをちゃんと感じた時に、「きちんと対価をいただいて、そのぶん素敵なモノを提供する=お金をかける、お金をいただくって悪いことじゃ全然ないんだ な〜」とかっていうことを、気持ち良い感覚で腑に落ちることってすごく大切じゃないかな〜と思ったりしています。(これはオンナとしてもそうだし、独立して人様からお金をいただくことをする旦那さんにとっても大きいことかなと^^) 「cafe1894」よろしければぜひ行ってみてください、オススメです^^

http://mimt.jp/cafe1894/

(携帯からの修正で、リンクがちゃんとはれていなかったらすみません!後で直しますね>_<)

それでは今日もお読みいただき感謝を込めて。皆さんも良い週末を〜^^