「すみません、ただのオンナに戻ります」。

良い子を卒業して、「ただそのままの自分(ただのオンナな自分)」を大切に、がんばらずに生きる方法をお伝えしてます◎

女性としての本当の自分を取り戻す方法!「良いと思われること」「周りに合わせる人生」断捨離のススメ。

この記事は2015年末当時、

・3年以上同棲中の彼氏との結婚が決まらず、

・両親との関係もなんだかわだかまりがあり、

・仕事も転職を繰り返して上手くいかなかいなど

 

いろんなところで悩みを抱えていたブログ筆者(わたし)が、

「本当の自分を取り戻したい」

「もう、良い子や何かを出来る優れた人になろうと無理な努力をするのはやめたいから、

すみません、ただのオンナに戻らせてください。。。!

という気持ちで

自分とコツコツ向き合って本当の自分を取り戻していった軌跡のひとつひとつの実践事例を綴っています。

 

生き方を変え本当の自分を取り戻していくことをコツコツと続けていった結果、わたしは、

 

・半年後には結婚が決まり、

・自分が無理なく、心から楽しいと思える仕事が見つかり、

・両親や姉弟と本当の意味で安心して心が通じ合えるようになり、

・旦那さんとなった彼の仕事(自営業)が軌道にのって、

 

そして、2017年には

 

・心から満足のできる大好きな場所で結婚式が挙げられて(貯金ゼロだったにもかかわらずそれらに必要なお金がすべて必要なタイミングで整って)、

・その後も、なぜだか1000万円弱のお金が流れ込んで、

 

・都会を離れた伊豆という地域で両親の家をリフォームして、

自然に囲まれた広い一軒家でゆったりと、大好きな旦那さんとともに生活することができるようになり、

・その半年後には第一子を妊娠し、

 

今はマタニティライフと大好きな仕事とを両立しながら本当の自分をのびのび生きることができています。

 

(その軌跡は、すべてこのブログで綴っています)

 

それらの現実の変化も、わたしにとってはとても大きなものでしたが、

一番の変化は、わたし自身が本当の自分を取り戻すことで心穏やかに、

毎日ほっこりとした気持ちで

「しあわせだなあ」と思えるようになったことです。

 

2016年にはその経験をもとに個人セッションやスクールを開催して、

その卒業生たちも同じような気持ちの変化を実感されたり、

彼ができたり、結婚が決まったり、親との関係が和解したり、

パートナーシップが激変したり、

職場の人間関係が変化したり、、、

そんな嬉しい報告をくださるようになりました。

 

人は誰もが、生まれ持った本当の自分を生きていけば、

本当の自然体の自分を大切に、自分らしくただ在れば、

人生まるごと大丈夫。

そうなっていくのは、わたしとわたしに縁してくれたお客さんたちが実証済みです^^

 

※お客様の体験談や御礼のメールなどは、

ブログカテゴリー「お客様の声」にて随時ご紹介しています

 

前置き長くなりましたが、この記事やこのブログがどなたかのお役に立てますことを願っています◎

 

では、2015年末、まだわたしが試行錯誤の実践の真っ最中だった頃の記事を

どうぞ御覧ください^^


☆ ☆ ☆

 

今日は本当の自分を生きていなかった頃と今の自分との違い、心がけたことなどを通じて、本当の自分を取り戻す方法について具体的にシェアできればと思います☆

 

過去の私。「本当の自分」を生きていなかった頃のわたしの選択の基準。

私、今までの人生でかなり、物を持たない贅沢をしない、

メイクもオシャレもベーシックが基本の、文字通りシンプルな生き方をしてきました。

 

それはシンプルが好きだとか、そこに素晴らしさを見出してそのようにしていたんじゃなくて、

「お金を使ってはいけない」「贅沢をしてはいけない」

というネガティブな想いがそこにあったからだったと思います。

 

「贅沢は人間をダメにする」

「世の中で苦しんでいる人たちがゴマンといるのに、好き勝手お金を使うのは悪いことだ。」

 

…本当の自分を偽って生きていた頃は、当たり前にそんな風に思って生きていました…

 

本当の自分を生きるよりも、「良いことしてるかどうか」、「人に評価してもらえることかどうか」を、【私の価値】なんだと思い込んでた

当時のわたしは勤めていた発展途上国や地域の支援をする仕事に素晴らしさを感じて、ものすごく一所懸命働いていました。

それは、本当の自分が好きなことだったというよりも、

「正しくて」「良いことで」「それをしている限りは人に評価されること」だったから、価値を感じて没頭していたのだと今ならわかります。

 

そしてそこは、同じようにお金や贅沢や、それを作った社会を否定する人たちが多かったので、自分の当時の生き方を、どこかで苦しいと感じていても、

周りがみんな「正しくがんばっている」ように見えて、

それを手放していいと思うことができませんでした。

 

何より、自分のことをさておいて「発展途上国支援・地域支援」などに取り組む仕事って、
関わっているだけですごく外側から評価される仕事です。

 

「すごいね」「えらいね」って言ってもらえる。

そのことで、自分に対して価値を感じられる。

 

それがたぶん、当時の私に対しては一番大きな価値だったんだと思います。

 本当の自分を取り戻して、心のままに素直に生きるよりも。

 

自分を否定しネガティブな想いで生きる人生は、ネガティブしか生まない。

でも、いくら社会的に良いことをしていても、

自分が本当の自分を否定して外向けに自分を装って生きているうちは

どこかで心が苦しくなってしまうんですよね。

 

だから、簡単に女性としての幸せを手に入れていく女性や、

本当の自分の心のままに生きて女性として男性や周囲から愛されている女性を見つけると

心のどこかで批判したり、責めたりばかりしていました。

 

人を周りをどこかでジャッジしているので、自分に対してもOKが出せない。

 

女性としての本当の自分の心がどうかよりも、

「ちゃんと」してないと自分の価値が感じられない。

 

だからどんどん苦しくなる。

(というか、苦しいことにさえ自覚がないので、身体が先におかしくなりました)

 

だけど、周りは「素晴らしい」と評価してくれるから、

止めてくれないし、自分で止まれるわけもない。

抜け出せない蟻地獄の中にいるみたいだったかもしれません。

 

根本の原因は、ココロ。そしてココロを作ってるのは、育った環境と家族への捉え方と知る。

そんな頃に3.11震災があり、いよいよ自分のココロがパンク寸前になった時に、

私のこのネガティブさんのもっともっと奥の根本は、

「自分が女性として幸せになってはいけない」

という、

自分を大切にできない、自己否定の想いがあるからなんだと気付くことができました。

 

更にその要因が、育った環境や両親との関係を自分がどう捉えているかにあるとわかっていき、

徐々にココロのことを学びはじめるように。

 

そうしていくうちに、両親に愛されてないと思っていた気持ちも消えて、

わたしにとって一番苦手だった、嫉妬の対象だった姉のことが大好きになれて、

その姉が男友達を紹介してくれて、

ずっと恋愛をこじらせてばかりの私が、姉を通じて彼(今のパートナー)ができました。


が、しかし。

 

周りに合わせて、人の顔色を伺って生きる人生はもういらない!!
嫌なこと要らないことを引き算して、自分が嬉しいことを足し算する人生へ。

ざっくり割愛しますがその頃、恋愛を通してわかったことは、

わたしは特に、【女性である自分】という部分に対して、わたしは正直に生きてないなってことでした。

 

たとえば、男女平等、女性の社会進出が当たり前というような今の世の中の空気の中で、
「私は楽しく恋愛をして、男性に頼って甘えて、無理をせずのんびり生きていきたい」なんて本音を漏らそうものなら、周りからはったかれるんじゃないか??と勝手に感じていたんです。

 

けど、

 

それが良い悪いじゃなくて、本当の自分はどうしたいの??

 

と自分に問うた結果、

怠け者と見られたり、かつてのわたしのような、自分を偽って生きている女性から嫌われたり、ジャッジされることがあったとしても、

そして、「えらいね」とか「素晴らしいね」とかって言葉はもう周りから投げかけてもらえないかもしれないけど、それでも、


私は本当の自分を取り戻して、好きに生きたい!!!

 

…これが、女性としての本当のわたしの本心だったんです。

 

 

f:id:santasantasan:20180519185009j:plain

 

女性としての本当の自分を取り戻す方法!

 

そんな気持ちに気づいたので、まず、わたしはあまりに長いこと、自分を偽って生きていたがゆえに、

感覚が麻痺していて何が好きか、嫌いかさえわからなくなってしまっていたので、

それを取り戻すことから始めました。

 

☆参考記事☆

santasantasan.hatenablog.com

 

そして具体的な方法として、

【周りから評価されるけれど、自分としてはそこまでやりたくないことは引いていって、
自分が好きなこと、ワクワクできることだけ足していく】

ということをコツコツと積み重ね始めました。

 

そしてそれはモノやコトや恋愛においてだけではなくて、人間関係においても、

 

【本当の自分の本心では、あまり好きじゃないのに、

長年の付き合いがあるから…とか、

どこかでメリットがあるし…とか思ってお付き合いしていた人間関係を引いていって(=手放していって)、
ただ好き、良いなあと本当の自分の感覚で思える人を大事にする】

 

ようにしていきました。

 

☆参考記事☆

santasantasan.hatenablog.com

 

santasantasan.hatenablog.com

 

たぶん、人から見たらかなり小さなことでも、
一つ一つ、その基準で選択していくようにしました。

 

怖さと不安を抱えながらも進んで変わってきた現実は。。。。

価値ある評価されると思っていた行動を捨てるのは、とてもこわいですよね。。。!!

わたしもそうでした。

それはたとえるなら、

玉ねぎみたいに、剥いていったら最終的に私には何も残らないんじゃないかという^^;

 

でもその分、それを捨てても私を好きと言ってくれる人を本当に有り難く思えるようになり。

 

そして、弱くて世の中の役に立っていない自分も、それでいいんだ、OKなんだ、と思えるように徐々になっていきました。

 

santasantasan.hatenablog.com

 

そして、本当は自分が好きだったこと

(※やったら妬まれる、嫌われる、変な目で見られるかもと勝手に思っていたこと)

をやっていくのは最初はすごく疲れたし、

不安と恐怖でいっぱいにもなったのですが…

 

でも同時に、その一つ一つをやっていくと、

それを好きな本当の自分を好きと思えて

本当の自分にまたひとつ、出逢えて、

価値ある自分かどうかに関係なく、

ただのオンナな本来の自分を、一つ一つ好きになっていくことができました。

 

そして、あれだけ人や社会をジャッジしていた私が、自分の弱さを認めていくことで、

周囲の人たちのことを素直に「すごい!!」と思えるようになってきました^^

 

(そうなって誰が一番ラクかと言ったら他でもない私です。否定なんて、エネルギーの無駄遣い以外の何物でもないので^^;)

 

 

そして「それでOKだよ!」とでも言うように、

カウンセリングをしていた頃はお金にほとんどならずに長時間悩みに溢れている方のお話にお付き合いしていたのですが、

その無理もやめたら、今はなぜか人が動いてお金が当時よりも自然に入ってくるような不思議なことが起きてきました。

 

恋愛もどんどん良い方向にいくようになっていって、彼も、よりいきいきしてきました。

 

だからきっと、自分を大切にして、自分の一生にいちどの人生を大切にしたら、

全てがちゃんと成るように成るのだと今は感じています。

 

☆参考記事☆

santasantasan.hatenablog.com

 

 

まだまだわたしも発展途上の部分が多々ありますが、

このブログが、かつてのわたしと同じように本当の自分を取り戻したい!(※特に女性としての)という方の背中を押すことができたら嬉しいなと願いつつ、今日はそんなところで終わりたいと思います!

一緒に、がんばっていきましょう!♡

 


※関連記事
ただのオンナであれば成るように成る、の話。↓

santasantasan.hatenablog.com