読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

お金を使う、お金と向き合う実験。贅沢にあえて触れることで、気付かせてもらったこと。

女性性とお金。

今日のテーマは、「女性性とお金」です!(新たにカテゴリー作りました^^)

この2つ、私の大好きな二大テーマです*^^*

そして、大好きであり、一番の課題である二大テーマとも言えます*^^*

なので昨日の記事にも書いたのですが、
女性性とともに(というか密接に関連しているという前提をもって)
お金に対しての仮説と実験を身をもって実践している最中なんですね。

基本的に私の中の前提は、
旦那さんがたくさん稼いで来れるかどうかを握っているのは旦那さんの実力(責任)というよりも、
パートナーである私がただのオンナとしてお金さんとよい関係性を作れるか??ということにかかっていると捉えています。

(※念のためですが、収入の少ない男性がいたとしてそのパートナーさんが悪い、とかいう話ではないです。あくまで私の前提であり、そして良い悪いの話ではないのです!)

なので、私にとっては自分にとっても旦那さんにとっても、ものすごく大切なテーマなんですよね。

ちなみにお金のことを書いたり大好きと言うと、
嫌らしく捉えられる方もいて当然と思うのです。

でも、昨日の記事で少し触れたことに対して温かい反応をいただいて、
素直にとても嬉しかったです!有難うございます♡

お金を使う。お金と向き合う体験をせよ!ミッション遂行!

それで、今月頭に思いがけず大きめなお金が降ってくることになったのは、昨日書かせていただいたとおりです。

そのことを私は、「これはきっと"あげたんだからちゃんとお金を使いなさい”」というミッションが神様から下されたと勝手に判断し、
「さあ、お金を使うぞ!!」
と意気込んでいました。

(※なぜそういう思考回路になったのかは、また今度書きたいと思うのですが忘れたらすみません!)

そこで、明日(=今日)、旦那さんと映画を見に行くと約束してたので、
ちょっと贅沢体験にも付き合ってもらおう、と思いまして。
仕事から帰ってきたら言おう、と思って待っていまして。

でもそういう時って、そうココロで決めた時点でもう現実が動いているんですね^^!
私から話をする前に旦那さんから帰宅してすぐに、
「おっきな仕事が終わったから、二人ともがんばったから(※私は何もがんばってませんが)ちょっと良い物食べにいこうか?^^」
と言ってくれて、ペニンシュラにランチに行こうと言う話が旦那さんから出ました。

ちなみにちょうど私、ペニンシュラに行きたいと思っていて。
でも旦那さんには言ってないから、おお〜!!という感じです。

(※ちなみにこれを「卒啄同機(そったくどうき)」と言います。また今度書くかもしれないのですが忘れるかもしれないので、気になる方はお手数ですがググっていただければと思います!)

これはミッションを遂行せよというOKサインだとこれまた勝手に判断した私は、
結果として今日はペニンシュラと、あとプラダにバックを(真剣に買うことを検討して)見に行ってきました。

ミッションに動いてみての気付き。箇条書きのメモにしてみました。

いろんな気付きがあったのですが、今思いつくのはわずかでした。メモを忘れて残念。。。

①初めからしっかり高いお金をとるから、余裕が持てて良いサービス(ビジネス)ができる。でも、それって先に「これだけください」って売り手側で(市場平均より高めな)金額を提示するから、提示する側は必然的に大きい期待とプレッシャーにさらされる。自分にその実力があるのか?そしてあると認めてもらえるのか?というとこにぶち当たる。
そのとき、そこに自分を晒すのも、自分で自分を見つめるのも恐怖。
だから、安く提示して一所懸命働いて忙しくしてる方が実はラク。
「お客さんが安いものを求めるから仕方ないんだ」って実は自分への言い訳かも。

→これってビジネスだけでなくて、オトコに対するオンナのあり方も一緒かもしれない!!(これもっと自分で掘り下げて書きたいです!)
※さらにこれは以前、パートナーである私の自信のなさで安かろう悪かろうの世界に旦那さんを巻き込んだという痛すぎる経験をしたことがあるからこそ、過去の自分に対して「これか!!」ってなった感じです^^;

②慣れないことをしたら、すごくドギマギするし、恥もかく。から、怖い。そこでその気持を抱えながらも進んで恥かきに行くか、やっぱり止めるか。どっちに良いも悪いもないけど、その積み重ねを旦那さんとしていけるオンナでありたい。
(そしてそれができる旦那さんをまた惚れなおした日)

③でも、それはあくまで自分を好きという前提で積み重ねないと、穴の空いたコップのように抜けていく。やってもやっても喜びや嬉しいが湧かないから苦行みたいになるからそれは嫌だなあ。

④私は自分が何を好きなのか?自分には何が似合うのか?自分が全くわかってない。。。
(自分が良いと思ったから惹かれてるのか?それともイメージ的に良さそう、なのか?全然わかっていない自分に気づきました!)
→それだけ真剣に、自分に向き合ってこなかったし自分を大切にしてきてなかったってこと。

⑤(私にとっては)キレイなモノときめくモノ(コト)はすごいパワーをくれる。だってヒールでたくさん歩いたけど全然疲れないしどんどん元気になったから。
→どこかでお金のかかるモノ(コト)は悪いもの、というイメージが自分にあったけど、元気になるってことは悪いものじゃないんじゃ?

 

…と、そんな感じでした!

ちなみにプラダも行ってみる!って決めて向かっている時に電話があって、新たにまた予期せぬ収入が入ってくることになりました*^^*

なのでやっぱりこれでOKなんだと勝手に判断し、バック買う!と思っています。

私はいろんな気付きを持つと嬉しくて、旦那さんにも興奮して話すんですが、
旦那さんでさえ「??」って感じの時も多々あり(でも受け止めてくれるからすごいです)
なんのこっちゃな言葉の羅列でしたら申し訳ありません。

また詳細を、いつか書いていきたいなと勝手に思っています。

私の自己満な気付きが、読んでくださっているどなたかの何がしかになれば本当に嬉しいです。(読んでくださっているだけで本当に有り難いです!)

それでは、今日は勢いだけでまた書いてしまいましたが、お読み下さり本当に有難うございました!感謝を込めて^^