「すみません、ただのオンナに戻ります」。

オンナはみんな、「ただ、オンナであるだけでいい」。“がんばる良い子な生き方”を止めて、自分を大切に生きたい女性を応援中☆

オンナは「ちゃんと出来ない」からこそ「ちゃんと成る」。私が女性性について書く理由②

 

前回の記事の続きです!

※前回の記事↓

santasantasan.hatenablog.com

 

前回の記事では、

クリエイターとして、フリーランスで活躍したいと望んでいる彼と一緒に生きていくならば、と考えたときに、

最初は、こんなわたしも世間一般の考え方と同様に、

「ならば(どうしたって収入は不安定になるだろうから)

女性側のわたしが会社員で固定給の仕事をしっかり続けて

お金を稼いでこなくちゃ」

と思っていたということを書きました。

 

しかし、実際のわたしは会社員を卒業することにしたのですね。

なぜか?という続きのお話です。

 

・社会人失格の烙印を押された気がした絶望感

私が会社員を辞めたのは、実は最初の最初のきっかけは

旦那さんのためではありませんでした。

 

直接の原因は、最後に正社員として勤めた職場で、

今となってはどう考えても、絶対自分には合わないのに、

「彼のために!」と勝手に意気込んで、

お給与の高さだけで霞が関なんていう高尚な職場を選んでしまい、

そしてなんのお導きか、見事に採用されてしまった結果、

【半年ごとに部下を退職に追い込むという妙歴を持つモンスター上司】の元で働くことになってしまい、

あっという間に病んでしまったんです。

  

 それまでは、良い子でがんばる子を必死に演じていたこともあり、

一人でがんばって抱え込み過ぎる性格ではあったものの

(そもそもの問題はここなのですが、その時は問題って思ってなかった)、

仕事が楽し過ぎたので身体壊してもがんばっていて。

 

それが、その職場で働き始めてから、

仕事も楽しめない、毎日緊張状態で

最終的にもう気持ちがすっかり追いつかなくなって、

ついに退職を決めたんですね。

 

だから、最初、会社員を卒業することになったきっかけは、

彼のためでもなんでもなく、

自分自身の限界だったのですね^^;

 

しかし、その頃もまだ、

「本来であればわたしが稼いでこなくては…」と思い込んでいたので

退職後は、

仕事ができなくなった自分を責めて、

自信を無くして、自己否定でいっぱいになってしまっったんです。

 

・堕ち切って気づいたこと。私の想いもやってたことも、実はとっても逆効果?

もうとことんまで堕ちて(気持ちがね)、

そしたらあるときふと、こんな考えが浮かんだんです。

「今まで私が良かれと思ってやってたこと全部、そもそも逆効果なことをやってたんじゃないか」と。 

 

つまりこんな感じです。

旦那さん(以下、オトコ)を頼りにできないで、女性側が独りでがんばろうとする

女性ががんばろうとするから、オトコも甘えていいのかな、助けなくていいのかな、って思ってきてしまう

オトコ、いつまでも内に秘めた力を発揮できず、頼りないま

女性側がそのオトコの姿を見て

「やっぱり私ががんばらないとダメなんだ!」とますます発奮。(男性に対して落胆&責める心を深めていく)

オトコ、信頼されてない感満載。私、オトコに対してどこかで責める心満載。それが変形して、男性を見下す心が大きくなっていく。

 

 

…つまり、男性のためと言っておきながら、

私が勝手に力んで独りでがんばろうとすることが

かえって男性の本来の力を削いでいたんんじゃないか?と思ったんです。

 

そしてこれは、パートナーに対してだけじゃなく、

職場やその他の人間関係でも、

同じことだと気付いたんです。

 

いつも、独りでがんばらなきゃと思いこんで、良い子のふりをして

心の中ではしんどくなって、自分を大切にできない。

 

それは周りのせいとか周りのためとか表向きは言ってるけれど、

本当の本音は、

 

・自分がダメって思われたくない、

・できるって、良い子だって思われたい、

・人に頼られることで自分には価値がある、必要とされていると思いたい、

・嫌われたくない、否定されたくない、弱さを見せたくない…

 

…そういう自分の都合のためだったんだって、

そしてそのために、自分で勝手に抱えて、

助けてくれない気付いてくれない誰かを悪者にして責任逃れしている。

 

そんな自分に、気付いてしまったんですね。

 

・勇気を出して「常識」を捨て、自分に嘘の無い生き方へ。

 

そのことに気付いたときは本当に衝撃的過ぎたのですが、

気付いたからこそ、そんなことはもう続けてはいけない!と

怖くても、今までの真逆を選択してみようと思ったんですね。

独りで勝手にがんばるのを止めて、

無理やがんばりを、手放していくという

自分に嘘のない生き方にシフトしよう、と思ったんです。

 

それは、ものすごく怖くて、ものすごく勇気がいることでした。

 

そのわたしの覚悟を試すかのように、

以前の職場でお世話になっていた方からうちに来たら?などのお話もいただき、

そうすると以前のように、また会社員に戻ろうかとも考えました。

短くバイトなどもしてみました。

勇気を出して、怖くても今までと逆の生き方をしたほうがいいかもしれない、って気づきながらも、

お金がどんどん減っていくっていう現実や、

彼に迷惑かけてるかもって罪悪感が、

迷いも不安もとっても大きくしてくれました^^;

そうしてこわいから何度も、

周りの多くの人のように

無理をしてがんばって、良い子を演じて、

社会や常識に合わせる生き方に戻ろうと何度も思ったんです。

 

でも、そのたびに、

なんかやっぱり違う、って肚の底から感じたんです。

 

上手く表現できないもどかしさがあるのですが直感的に、

私が私であること、

オンナであることに正直になったぶんだけ、

結果的に旦那さんの可能性も広がるんじゃないか、と、とても強く思ったんです。

 

それには、すごく自分に過集中する必要があると思いました。

今までの私はあまりにも

「皆がこうだから」「これが当たり前だから」

「こうするしかないから」

みたいな枠や常識や価値観が強くなりすぎて、

私が私であるっていうことがどういうことなのかさえ、

よくわからなくなり過ぎてて、自分の本音がつかめなくなっていたので。

 

それで、

「オンナでも、今の時代は結婚するまでは社会に出て働くこと」

「オンナでもしっかりと男性と同じ土俵で働いて稼ぐこと」という私の中にあった常識を

まず捨ててみるに至りました。

 

・見えた可能性。オンナは「ちゃんとやる」んじゃなくて、「ちゃんと成る」んだよ

そうして旦那さんのためでも誰のためでもなく、

自分のために一個一個、

「自分」に後から付け足されたモノたちを捨てていくことに注力していったら、

今までになかった流れが起きてくるようになり、不思議とある仮説が立ちました。

 

「オンナはちゃんとやるんじゃなくて、ちゃんと”成る”のだ」

 

f:id:santasantasan:20160520161951j:plain

 

女性はとっても優秀な人が多いし、

たとえば仕事や家庭など、色々なものを両立できる力を持っていると思います。

これは本当にすごいことで、そういう方を私は一切否定しません。

(というか、尊敬します。)

 

でもそれがどこかで

「ちゃんとできて当たり前」という風潮になってしまって、

だから勝手にプレッシャーを感じてしまって、

いつしか自分も「みんなやってるんだから、ちゃんとやらなくちゃ」になっている女性ってきっと、

わたしだけじゃないはずですよね。

だけどここに来てわたしが気付いたのは、

「ちゃんと」やろう、「ちゃんと」しようとすると

ある程度のところまでしか出来なかったことが、

そのレールから脱線して、自分に正直に、

自分を信じて1つ1つのことを選択していくと、

自然とちゃんと「成って」いる。

 

しかもそれは、自分だけじゃなくて、

旦那さんの仕事や(私がプーになったら急激に好調になってきました。)、

家族や、縁ある周りの人たちにまで及ぶ「成る」で。

 

「ちゃんとやろう」としていた時よりも、影響は大きく、

自分や周りにとっても心地よく、より「ちゃんと」していて、

より周りに感謝できて。

なので私はこの道を追求していきたいし、

それは女性の性にあるすごい財産と能力じゃないか?と思っているんです。

それで、こうしてブログを書きたいと思ったのでした。

 

私が私を生きたいという想いだけから始まったそんなこのブログを、

これから一人でも多くの方が目に留めて、

何かヒントにしてくださることを願っています!